So-net無料ブログ作成
Astral's AM Playlist ブログトップ
前の10件 | -

Apple Music Playlist 2019.08.14 [Astral's AM Playlist]

AlltheSadYoungMen.jpg
Anita O'Day:All the Sad Young Men
スポティファイで女性ヴォーカルをつらつら眺めてみると、ほとんど聴いたことないものばかり。ジャズはやっぱりインストものばっかりで、歌ものはあんまり聴いてこなかったなと改めて。この人も名前は知っていても聴くのは初めて。白人ですけど、冒頭のブルース・ナンバーで惹きつけられた。ハスキーな歌声ブルージーで雰囲気です。ゲイリー・マクファーランドのアレンジもなかなか耳をそばだてられる瞬間多々。アニタ・オデイいろいろ聴いてみようかなぁ。
nice!(0)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2019.08.09 [Astral's AM Playlist]

elianebrasil.jpg
Eliane Elias:Made In Brazil
ブラジルどっぷりじゃないブラジリアン・フュージョンを何かと思い見つけたのが、エリアヌ・エリアスのこれ。グラミーをとったんだっけ。落ち着いたアルト声に涼しげなピアノに優雅なオーケストレーション。熱すぎる夜はもうこういう音楽しか聴けない。でも評価高いだけあって聴きごたえあります。「ブラジルの水彩画」はじめスタンダードも聴き馴染みがあって楽しめるし、オリジナルも良いじゃない。CDで持ってていいな。
nice!(0)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2019.08.07 [Astral's AM Playlist]

smokydeepinmysoul.jpg
Smokey Robinson:Deep In My Soul
スモーキーの77年作。ディスコ時代ながらスモーキー節は普遍。スモーキーはどれ聴いても職人的に良い曲があってやっぱいいねぇとしみじみしてしまう。時々ただ良い曲、ポップ・ソングを聴きたいって時ははずれがないし、ソロ作を2in1にしたCD買おうかしら。
nice!(0)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2019.08.05 [Astral's AM Playlist]

celia tito.jpg
Celia Cruz y Tito Puente:En Espana
こんなのあったんだ。セリアとティトの71年の競演盤。2曲目は「コンドルは飛んでゆく」だ。サイモン&ガーファンクルのがヒットしていた頃?そもそもこれはペルーの民謡だっけ?よく知らない。それはともかくセリアは何を歌ってもスケールがでっかいねぇ。時代的なものかラテン・ソウルっぽい?ティト・プエンテは控えめかな。これだけ歌える人がいるんだからティトはニコニコしながらティンバレスを叩いてたんだろう。
nice!(0)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2019.08.01 [Astral's AM Playlist]

SiempreTuVoz.jpg
Omara Portuondo & Orquesta Failde:Siempre Tu Voz: Homenaje a Benny Moré en Su Centenario
カラフルで素敵なじゃけですねぇ。はっきり言って年も年だし、素晴らしかった前作がもう最後かななんて思ってました。その後来日にもして元気で何より。新作はタイトルにもあるとおり、ベニー・モレーの作品集。若い男性歌手とのデュオ作。それにしても年を感じさせない艶やかさに、うれしくなる。ヴァイオリンもはいったチャランガ風味もあるバンド・サウンドが楽しい。ベニー・モレーのボックス持ってるのにここで歌われる曲のほとんどに耳馴染みが全然なかったりするんですが、そんなこと関係なく楽しい作品集です。オマーラほんと素敵です。
nice!(0)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2019.07.03 [Astral's AM Playlist]

pblovefind.jpg
Philip Bailey:Love Will Find A Way
フィリップ・ベイリーっていとアース・ウィンド&ファイヤーよりもフィル・コリンズとの「Easy Lover」を思い出す。R&Bとかよりポップ・シンガーって感じ。17年ぶりのソロ作だという本作。良いですねぇ。イメージを覆されました。ロバート・グラスパーはじめイマドキのジャズ・ミュージシャンが大挙参加。一曲目からしてカーティスの「Billy Jack」で、これだけでそのシリアスさも伝わる。その他カバーを中心にアルバムのトータルのイメージも含めジャジーなソウル・ミュージックとして相当完成度高い。歌える人だけにどの曲もちゃんと歌が立っている。末永く愛せそうな力作です。CD買っちゃおっかなぁ。
nice!(0)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2019.06.28 [Astral's AM Playlist]

Bill LaBounty.jpg
Bill LaBounty:Bill LaBounty
84年のAORの名盤。らしい。AORってあんまり聴いてないから。ボズとかくらい。名前は知ってるくらいのこの人。でも一曲目から知ってる。あぁこの曲の人か。ラス・タイトルマン・プロデュース。チャック・レイニー、スティーヴ・ガッド、ディーン・パークス、アンディ・ニューマーク、コーラスにはジェイムス・テイラー、ジェニファー・ウォーンズ。四半世紀前に聴いててもおかしくなかったのにな。今さら聴いても日々の愛聴盤にはならないけど。それでも名盤の名に偽りなしとは思います。
nice!(0)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2019.06.27 [Astral's AM Playlist]

sonerito.jpg
Grupo Sierra Maestra:Sonerito
シエラ・マエストラの84年作。このグループがいつから活動してるのか知りませんけど、初期の作品でしょう。自然体の歌と演奏に心も身体も和んで揺れる。やっぱりキューバ音楽ってこういうもんですよ。素晴らしい。
nice!(0)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2019.06.23 [Astral's AM Playlist]

takecover.jpg
Hot 8 Brass Band:Take Cover
2017年のアルバムが素晴らしかったホット・エイト・ブラス・バンドのEP。タイトル通りカバー・アルバム。前作でもシャーデーの曲はじめニューオーリンズどっぷりのカバーで楽しませてくれましたが、いきなりジョイ・ディビジョンですよ。まぁネタはどうあれ、鉄壁のセカンド・ライン・ファンクに不満などあるわけもない。のこり5曲のオリジナルが誰かもそもそもわからないわけで・・・あっ「Baby Be Mine」はマイケルか。
nice!(0)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2019.06.22 [Astral's AM Playlist]

megatron.jpg
Nicki MInaj:Megatron
毎月ラップを一枚とか言ってたのにここしばらくご無沙汰してた。ひさしぶりにこのニッキー・ミナージュのシングルを聴いてみれば、普通に今のポップスとして聴けるので、こういう音楽にもすっかり慣れたんですな。逆に普通にドラム・ベース・ギターみたいな音楽が時々妙に古臭く聴こえる瞬間もある今日この頃なのです。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - Astral's AM Playlist ブログトップ