So-net無料ブログ作成

ロベルタ・サーが届かない・・・ [ひとりごと]

タワレコでオーダーしたロベルタ・サー「GIRO」がまーだ届かない。
4月にオーダーしたんだけどな。ディスクユニオンにあるのは知ってたけど、音はストリーミングやYoutubeでも聴けるから急がないので、ポイント10倍セールの時にタワレコで注文したんです。

僕はタワレコでよく買うんですけど、ポイント10倍とかを利用するとポイントがけっこうすぐにたまるので。でも3月に注文したエルザ・ラランジェイラは1ヵ月以上待たされた挙句、メーカー品切れ。ガーン。だったらユニオンで買っときゃよかったよ。

ロベルタ・サーもタワレコの店舗ではもう在庫ありになってるのに、なぜに私のオーダーはいつになっても発送されないのか?なんだか笑えてきた。面白いのでどう決着つくのかこのままにしとこう。
なんか最近もうCDじゃなくてもいいやとか思うことも多くなっちゃって。ただ相変わらずスポティファイもプレミアムにはしてません。ちょっと聴いて気に入ったらCD買うかダウンロード。
これがいまのところは自分には合ってるみたいなので。

それにしてもロベルタ・サー。もうダウンロードしてガシガシ聴いちゃおうかなぁ。自分でも何やってるんだろうって思いますよ。ほんと

nice!(0)  コメント(2) 

Tucson Trainについて [ひとりごと]

まだパソコンが不安定なんですよね。
さっきもフリーズ→強制終了→モニターつかない。
部屋のクーラーを強めにしてしばらくたてからスイッチを入れたら、無事起動しました。どうも熱にかなり弱くなってるみたいで、やんわり気遣いながら使わないとダメみたい。

もうすぐ新作がリリースされるボス。
この曲はなんかジミー・ウェッブがつくりそうな、ストリングスとホルンの音色が印象的な郷愁を誘う曲。ソングライターとしてまた一段階段をのぼったことを感じさせる。それがうれしい。

nice!(1)  コメント(0) 

PC早くも復活! [ひとりごと]

いやぁもう疲れました。
スイッチ押してもモニタが映らなくなっちゃって。
本体自体は動いてるみたいなんだけど、モニタは真っ暗なまま。
でも近くのPCショップに持っていくと、全く問題ないんですよ。でも家だとやっぱりだめで。
どゆこと?PCショップの方でも普通の動くPC持ってこられてもどうしようもないわけで。

モニタがやっぱりもう壊れかけてるのかなと、モニタを買おうと思ったんですが、最終的にはモニタもケーブルもとりあえず全部持ち込んで、家と同様につなげて起動してもやっぱり問題なし。モニタもPCもおかしいところはないみたいで。でも家ではやっぱりだめなんですよ。

こうなると家の電気系統の問題じゃないかと。
でも普通に家電は動いてるわけで。家の問題じゃないだろうと。

でまぁPCに詳しい人に話すとエアダスターで中を掃除しろと。
で治りました。それだけのことで。
要するにほこりが悪さしてたみたいなんですね。それほどほこりだらけだったわけでもないんですけど、シューッとやったらファンなんかにはけっこうほこりがついていて。
最近急に熱くなったので、それでうまく作動しなかったみたいです。
ほこり恐るべし。
みなさんたまにはPCの中を掃除しましょう。
でも思えばあのPCショップ、いくら起動するったって、中開けて軽く掃除するとかしてほしかったな。ショップはクーラーきいてて涼しかったから動いたってことなんでしょう。
まぁとりあえず一件落着。明日もちゃんと動いてくれるかまだちょっと心配だけど。


昨夜の「メロウな夜」は山下達郎さんがゲストで、含蓄のある話が聴けて面白かったです。来週もなんですよね。
一日で100回くらい聴いたというキース・スウェットのこの曲。僕も好き。

nice!(0)  コメント(0) 

PCトラブル [ひとりごと]

PCトラブルにより、しばらくお休みします。ほんとはPCじゃなくて電力?トラブルみたいなんだけど、よくわからないので時間がかかりそう。あーもう!
nice!(1)  コメント(0) 

Funk Meについて [ひとりごと]

そういえばマーヴィン・ゲイのアルバムが出たんでしたっけね。
「What' Goin On」の後?にでるはずだったアルバム?だったのかな。
ラジオで少し聴きましたけど、この「Funk Me」とかファンキーでシルキーでマーヴィンならではですよね。ストリーミングで聴いてみるか。

nice!(0)  コメント(0) 

最近のジャズはMVもある [ひとりごと]

ブルーノートだから予算があるせいなのか最近のジャズはMVもあるんだな。
ジョエル・ロスのデビュー作から「Yana」のMVを見つけました。
なんかフィルムの質感といいちょっと古いフランス映画の趣き。

ねらってるのか?

nice!(1)  コメント(0) 

Just The Way You Like Itのリミックスについて [ひとりごと]

ひさしぶりにThe S.O.S. Bandでも聴こうかなとレコード引っ張り出した。
一番好きな84年の「Just The Way You Like It」。
そういえばこのアルバムのCDにはタイトル曲のリミックスが収録されてたなと。
オリジナル自体結構長くて7分くらいあるんだけど、リミックスだと9分以上あって、80年代は12inch全盛だったからな。

メリー・デイヴィスのクールなヴォーカルが映える次第に熱を帯びていき、ミディアム・グルーヴにじわじわと絡めとられていく。それを味わうには長い方が気持ち良し。

nice!(1)  コメント(0) 

Blank Marqueeについて [ひとりごと]

ひと月前ほど前のYunaのシングル「Forevermore」もよかったけど、新しい「Blank Marquee」も素晴らしく良い。
こうなったらもうアルバムだろうって思ったら、やはり7月に新作「Rouge」が控えてるそうで、もう傑作の予感しかしませんよ。

nice!(0)  コメント(0) 

Just For Me について [ひとりごと]

2か月くらい前の「Love Theory」もよかったけど、最近リリースされた「Just For Me」はさらに良い。今月末にカーク・フランクリン新作が出るんですね。
こうたて続けてシングルがでるんだからアルバムなのは当たり前か。
楽しみ。

nice!(0)  コメント(0) 

歌い方の変化について [ひとりごと]

ちょっと前ですが、日曜にひさしぶりにサンデー・ソングブックを聴いてたら、裏声特集ということでスタイリスティックスやフランキー・ヴァリなどがかかってました。

その時に山下達郎さんが、最近ソフトに歌う人に対して批判する人がいるけれども、音像によって歌い方は変化していく。録音の変化によって歌のニーズも変わっていくんだ。
というようなことを話してました。

それを聴いてあぁなるほどねと思いました。
最近のシンガーはR&Bとかでもあまり歌い上げる人が少なくなりましたよね。
ラップにしてもマンブル・ラップとかいうんでしたっけ?もごもごいうやつ。90年代くらいのラッパーからはもっとはっきりラップしろよ!とか言われちゃうやつ。

録音・音像の変化によって、大きな声で歌わなくてもよいというか、柔らかく歌うことによって生まれるものがあるんでしょうね。ラップだってもごもごラップしたってちゃんと聴こえるんだし。


と、途中まで書いてほっぽいてあったこの記事。
ジェネイ・アイコの新曲を聴いて改めて思いだしました。
この人の歌い方なんてまさにそんな感じですよね。普通に話すのと同じトーンで歌われる歌。クルーナーとかそういうのとは違うソフトな歌唱法。iriなんかもそういう感じなんですよね。

最近の音楽はR&Bなんか特にそうですけど、生の楽器じゃなくて、パソコンで作られるというか、デジタルに取り込まれた楽器の音で作られるから、音自体が楽器による空気の振動とは違う響き?があると思うんですね。聴く方だってみんなスマホとかで聴いてるわけで。

そういう音像に合う歌い方なんでしょうね。
ちょっとまとまりのない文章になってしまいましたけど。


nice!(1)  コメント(0)