So-net無料ブログ作成
Today's choice ブログトップ
前の10件 | -

ひさしぶりにレゲエCD2枚追加 [Today's choice]

Right Time.jpg

昨日見送ったグレゴリー・アイザックス。
さっそく今日捕獲してきた。ついでにこのマイティ・ダイモンズの1st「Right Time」も。
レゲエにはまったく疎いので、このグループも数年前に名前を知った。
本作は名盤の誉れ高いはず。

日曜の夜の弛緩した気分に緩くもタイトに感じられるグルーヴとソウルフルなコーラスが心地よし。今日は意外に寒いけど、夏が来ればきっと大活躍してくれるでしょう。
nice!(0)  コメント(2) 

Today's choice 2019.05.23 [Today's choice]

What's Going on.jpg

マーヴィンは普段あちこちから聴こえてくるので、こうして自分でかけて聴くのはずいぶんと久しぶりだ。レコードでしか持ってない「What's Going on」。僕が持ってるのはこれと次の「Let's Get It on」だけなんだけどね。
両方とも僕のレコード・コレクションの最初期に買ったもの。
それにしてもまったくもってエヴァーグリーンな作品ですよね。
nice!(0)  コメント(2) 

Today's choice 2019.05.21 [Today's choice]

Annerbylsma.jpg

今夜はアンナー・ビルスマによるバッハの「無伴奏チェロ組曲」を。でも僕の持ってるこのCDには1、3、6番しか収録されてないんだけど。このCDは多分500円くらいで買った気がする。
全部6番まで全部はいったのも売ってるはずだけど。僕にはもうこれで十分なんですよね。
これだけで1時間以上あるし、こういう音楽をそうぞう長い時間聴く必要もないので。

79年に録音されたこのヴァージョン。
訥々と語り掛けるようなこの人の演奏に親しんでしまったせいか、他の人の演奏では違和感しか感じなくなってしまった。他の人はちょっと歌いすぎるんですよね。まぁ聴き比べるというほど聴いてませんけど。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2019.05.20 [Today's choice]

Prone To Lean.jpg

今夜はドニー・フリッツの「Prone To Lean」を。
70年代にリリースされたサザン・ソウルの裏方さんによるアルバムの中でも屈指の名盤ですが、久しぶりに聴いて、どっしりと重いドラムと言い、ホーンの響きと言い、あぁなんて美しい音楽だろうと、感慨を持って聞き惚れてしまった。

僕が本作を知ったのは90年代の名盤探検隊の再発シリーズでだったので、もちろんリアルタイムで接したわけじゃないけど、音楽ファンとしての僕はこんな音楽から始まっているんですよ。しばらくこういう音楽を頻繁に聴くところから遠ざかっていて、ひさしぶりに聴くと思いめぐらすこと多々あります。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2019.05.08 [Today's choice]

Speechless.jpg

今夜はギターの名手でもあるブルース・コバーンのインスト作「Speechless」を。
過去のアルバムからインスト作をまとめたコンピレーション。本作用に録音した曲もあったのかな。

こういうアコースティックで、ジャズでもフォークでもないギターの名手ってレオ・コッケとかいますけど、僕はあまり聴いてない。
たまーにこれを引っ張り出す程度。
あぁそうだあのマンドリンの人。なんていったっけ。忘れた。

こんな風にギターを弾けたら楽しいだろうな。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2019.05.07 [Today's choice]

Celiaqueen.jpg

ようやくアンジェリック・キジョの「Celia」が届いたので、聴き始めたら、あぁそうだそもそも最近セリア・クルースを聴いてないんだった。

そんなわけでセリアの初期コンピレーションを引っ張り出す。初期のセリアを聴くには最良のCDじゃないかな。ジャケも良いしね。
ひさしぶりに聴く伸びやかで弾力のあるセリアの歌ににっこり。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2019.04.22 [Today's choice]

Qkamal.jpg

A Tribe Called Questは聴いてたんですが、Q-TIPのソロは全然チェックしてませんでした。
なぜか今頃気になって、中古をまとめ買い。

とりあえず今日3枚とも届いたので、2009年の「KAMAAL THE ABSTRACT 」から聴いてみる。
ほんとは02年にリリースされるはずがお蔵入りになったという。

ジャズ・ミュージシャンが参加しているさきがけ的作品でしょうか。気分良いよ。
3枚とも聴いたらまとめてレビューするかも。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2019.04.15 [Today's choice]

BestofLittleWalter.jpg

リトル・ウォルターのハープを聴くならマディのベストを聴けば僕の場合は事足りる。
のであまり本人のアルバムに手を伸びることはないので、たまには。

でも相応に耳馴染みがあるので、まぁそれなりに聴いてるんだろう。
シカゴ・ブルーズの若頭な歌もいなせです。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2019.04.13 [Today's choice]

Blue Moon Risin'.jpg

この1ヵ月iriのライブに行くので過去作をひととおり聴いておこうとアップルミュージックをやってました。それが本日切れまして。
やっぱり無制限にストリーミングできるとなると、もう馬鹿みたいに際限なく暇さえあればあれこれ聞きまくってしまって困ったもんですよ。ほんと病気みたいになっちゃって。

ようやくそんな日々も終わりました。
やっぱ無制限のストリーミングは毒だわ。
僕のような馬鹿者にはスポティファイで15時間の試聴程度がお似合いなんです。

そんなわけで今日は手持ちCDの中からウォルター"ウルフマン" ワシンントンの「Blue Moon Risin」を。J.B.Hornsが全面参加となれば、ムムムッとなる人もいるでしょう。
仕事帰りに覗いたジューク・ジョイントで繰り広げられるファンキー・ブルースの宴といった雰囲気が最高なゴキゲン盤です。
nice!(1)  コメント(2) 

Today's choice 2019.04.11 [Today's choice]

Americanboyandgirl.jpg

今夜はレコード棚で目に留まったガーランド・ジェフリーズの79年作「American Boy & Girl」。大好きだったんだよね。これCD化されてないのかなと思ったら最近CD化されたみたい。

この人は決定的な名盤みたいなのがないのが痛いけど、この頃のアルバムはどれもクオリティが高くて、特にこれはお気に入りです。って聴くのもう何年ぶりだかって感じだけど。

ハーブ・アルパートのトランペットがメキシコからの風を運ぶ「マタドール」はやっぱり名曲です。
このMV初めて見た。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - Today's choice ブログトップ