So-net無料ブログ作成

元祖ブギーの姉御の華麗なる帰還 [R&B/JAZZ/etc]

hellohappiness.jpg

本日リリースのチャカ・カーンの11年ぶりの新作「Hello Happiness」。
前作は聴いてない。でもこれはいいんじゃない。
昨年のシングル「Like Suger」が最高だったので期待してた。今年に入ってからのタイトル曲も良かったし。

チャカってザ・シンガーな人なせいなのかライブ活動ほどにはアルバム制作には熱心じゃないですよね。
さすがにチャカだけに今流行りのトラップ風味なんてことはありません。今回はイギリス人によるプロデュースでノーザン・ソウルの伝統があるからなのか、ディスコを現代的に解釈した、っていうかこれもひとつの流行りですけど、今言うところのブギー路線ですね。うねるベース・ラインが快感です。

チャカは80年代以降はあまり時代と上手くハマった活動をしてこなかった印象がありますけど、今回は結構ハマってるんじゃないでしょうか。
ブルーノ・マーズが80’s路線でヒットを飛ばしたり、マーク・ロンソンとかあのあたりの感じと直結する気がする。っていうかチャカがそういう音楽の元祖であるわけで。
なにげにラテン・ファンクな「Like A Lady」に悶絶し、キャバレーR&B?「Too Hot」のどすこいな歌声に痺れ、ダビーな「Isn't That Enough」の酩酊感にほろ酔い。たった7曲、30分に満たない短さですけど、ギュッと密度の濃い仕上がりに文句なんてありません。まぁ1曲くらいメロウなバラードがあっても良かったけどね。快作ですよ。

元祖ブギーの女王。いや姉御の華麗なる帰還と言いたい。
それにしてももういい年だよねチャカって。でも声が全然衰えてない。
楽器としての声の強靭さに恐れ入ります。

これダウンロード購入したんですけど、800円なんですよ。
すっごい短いとはいえ、やっすいなぁ。シングル「Like Suger」を購入していたせいで、550円でした。CDの半額以下なので、こうなるともう迷いなくダウンロード購入になっちゃいますね。
nice!(0)  コメント(0) 

ブラジル音楽への清々しい敬意 [R&B/JAZZ/etc]

LEGACYALCHEMY.jpg

アトランタ出身のシンガー、アレシャンドラ・ジャクソンの「LEGACY & ALCHEMY」はブラジル音楽へアプローチした2枚組の大作。詳しいことは知りません。ジャケからすると30歳前後?かな。だとすればそれなりのキャリアがあると思いますけど、他にアルバムは見当たらない。多分クラブとかを中心に活動するシンガーだと思う。CDをiTunesに取り込むとジャンルはジャズになるので、まぁ基本はそういうとこにあるんでしょう。

本作は一曲目のロー・ボルジェスの曲のイントロからしてアコギのカッティングにエレピだし、音楽的には所謂ブラジリアン・ジャズ・フュージョン。こういうのって多分いっぱいあると思いますけど、僕はほとんど聴いたことない。ウェイン・ショーターがミルトン・ナシメントとやったのとかも聴いたことない。

このアルバムは参加メンバーがすごい豪勢で、ゲストもアル・ジャロウ、イヴァン・リンス、カルリーニョス・ブラウン、故イヴォニ・ララなど、バックの演奏もブラジルとアメリカの腕利きのそろい踏み。ただ最近の若手じゃなくて、それぞれのレジェンド・ミュージシャンって感じかな。
そのせいもあり若干コンサバティブではあるけど、ジョビンはじめブラジル音楽の超有名曲が素直に正攻法で歌い演奏されていて気持ち良く聴き通せる。

時にはThe Bossa Nova Noites Orquestraと冠された管弦オーケストラも入り、録音も素晴らしくよろしく丁寧に紡がれた音がひたすら心地よい。
ジョビンの曲は息子&孫ジョビンを迎え、イヴォニ・ララを迎えたサンバはストレートにエスコーラ系でにっこり。「コルコヴァード」はオーケストラ入りの豪勢な演奏をバックにわざわざ「クワイエット・ナイツ」からのマイルスのソロまで引用している。

MPB系はあまり馴染みがないけど、冒頭のロー・ボルジェスからシコ・ブアルキ、ジルベルト・ジル、イヴァン・リンスなどまぁ有名曲ばっかりなんでしょう。
ラムゼイ・ルイスの「Brasilica」などブラジル音楽以外の選曲もあり、「Our Time Now」は作者のロッド・テンパートン本人を迎えている。テンパートンは2016年に亡くなっているので、本作はかなり時間をかけて制作されたようです。丁寧にじっくりと製作されたことが音の端々から伝わってくる。これだけ完成度が高ければ、新味はなくとも文句はない。とにかく聴いててひたすら心地よいのです。

アレシャンドラの歌について全く触れてませんでした。ふくよかな温もりを感じさせる中低音域がくっきりとしたサウンドの中で映える。ピッチのしっかりした声量を感じさせる落ち着いた歌声は、好き嫌いなく誰の耳にも馴染むことでしょう。

きっともっと暖かくなった春から初夏にかけての風薫る季節の方がよく似合う音楽かもしれない。もちろんそれまで寝かせておくつもりはないけど、ブラジル音楽への清々しい敬意に溢れた秀作です。

nice!(1)  コメント(0) 

シカゴ出身なれどスタイルはサウス [R&B/JAZZ/etc]

Big Dreez Dreezy.png

今年は毎月1枚もしくは1曲ラップを買おうと思っては見たものの、なかなかこれは!っと思うものには巡り合えず、無理することもないので、今月はまぁいいかな、スダンナユズユリーの「Look At Me Now」がまさにトラップでイマドキのラップではあったし。

そんなところに昨夜ようやくこれはというのに出会いましたよ。
つい先日リリースされたばかりの女性ラッパー、ドリージーの「Big Dreez」です。
ジャケをみると二人組かと思っちゃいますが、ひとりです。
シカゴ出身だそうで、同郷のコモンにフックアップされた24歳。3枚目かな。かなり前からミックステープを発表してそれがコモンの耳にとまってのデビューだそう。
女性ラッパーはニッキーミナージュが頭3つも4つも抜けてたところに、昨年はカーディBがでてきましたが、このドリージーはかなりの実力派ですね。ラップ上手いもん。

それにしてもやっぱり女性になっちゃったな。
シカゴ出身といえど、スタイル的にはサウス。トラップですな。
最近こういう音を良く聴いていたせいか、すっかりこれが気持ちよく感じられるように体質改善?変化してしまいましたよ。

でもこのアルバムが気に入ったのは前半ラップ・ナンバーで畳みかけといて、中盤のジェレマイとデュエットするメロウ・ナンバー「Ecstasy」がとっても良かったからなんですね。この人ラップだけでなく歌もいけるんですよ。
その曲に続いてこれまた旬の若手シンガー、ジャクイースが客演する「Love Someone」も良い。この曲ではドリージーはラップだけですけど。

「RIP Aretha」なんて曲もあるけど、追悼って感じの曲じゃないだけど、何をラップしてんだろう。30分強しかない短いアルバムだけど、門外漢にはこれくらいが飽きずに聴けて良し。
ほんとに自分はこれをすきで楽しんでるのかいまだに心もとない感じもあるんだけど、興味深く楽しんでるのはまぁ間違いなので、ひさしぶりによくわかんないとこに踏み込んで、こういう未知との遭遇って嫌いじゃない。
さて2月はどんなのに出会えるかな。

nice!(0)  コメント(0) 

やっぱり新世代R&Bナンバー・ワン [R&B/JAZZ/etc]

nashe.jpg

全然知らなかった。
ティナーシェが昨年の7月にシングル2曲もリリースしてたなんて、HPはたまにチェックしてたんだけど、今もだけど4月の「ジョイライド」しかのってないし。

2曲とも同じジャケで変だなと思ったらどうもこの後「Nashe」というミックステープをリリースする予定だったみたいで、でも半年たってもでてない。
彼女はこういうの多いな。
「ジョイライド」も延々延期になったせいかセールス的に芳しいものじゃなかったようで。僕もそうだったけど、待ちくたびれちゃったのよね。

それはそうと最近ラップに注目しているせいもあって、エイサップ・ロッキーやトラヴィス・スコットなどなど彼女の作品に参加しているラッパーを見て、改めてやっぱりティナーシェが新世代R&Bナンバー・ワンだなぁと思ったりして、「ジョイライド」も今頃良く聴いてます。

今年は気に入ったらすぐに曲単位で買うことにしているので、2曲ともさっさとダウンロード。
「Like I Used To」はトラップなトラックをバックにメランコリックな歌を聴かせ、「Throw A Fit」は醒めたミディアム・グルーヴにラップと歌の中間のようなヴォーカルがカッコいい。2曲ともイマドキ感ばっちりなトラックですでに20回くらいリピート。

とにかく今年はミックステープでもアルバムでもすんなり出してくださいな。


nice!(0)  コメント(0) 

Dのアメリカーナ深訪 [R&B/JAZZ/etc]

unshaken.jpg

ディアンジェロの新曲「UNSHAKEN」。
地味な曲だけど、スルメ味的に良いのでダウロード購入しました。
こんな定型ゴスペルな曲をやるなんてちょっと驚き。
歌詞にしてもメロディにしてもゴスペルっぽいというより完全にゴスペルですね。
遡って遡ってゴスペルまで来たのか、近所の教会のように身近なルーツなのか。
わかりませんが。まぁアメリカーナ的ですね。

でも作曲クレジットを確認してみればダニエル・ラノワの名前が。もう一人ロッコ・デルーカと言う人はラノワ関係なのかな、スライド・ギタリストです。
この曲はゲームのサントラ?に収録されるみたいなんですが、そこにラノワも参加してるとか。
もや~っとした音作りからしてラノワっぽくて、プロデュースとか録音自体にも関わってる気がします。ラノワのプロデュースしたネヴィル・ブラザーズの「イエロー・ムーン」と並べて聴きたくなります。

ディアンジェロとダニエル・ラノワか。
驚いたけど、なんとなく必然的とも思えるコラボです。
nice!(0)  コメント(0) 

カルテットで燃えるブレーメンの夜 [R&B/JAZZ/etc]

woodybremen83.jpg

最近やたらとウディ・ショウの未発表ライブがリリースされる。
ショウの息子が主導しているみたいで、ちょうど昨年の今頃、82年1月ハンブルグでの「At Onkel Po's Carnegie Hall」が、今年に入ってからは81年の東京での「TOKYO '81」が出た。

前者は激熱最高スリリングなショウのライブとしては屈指のアルバムだったし、東京でのライブは同じクインテットなので悪いわけはないんだけど、選曲がややおとなしめで音の方もラジオのエアチェック・テープを聴いてるような感じでちょっと不満もありましたけど、2枚ともあらためてこの時期のウディ・ショウのグループのクオリティの高さを見せつける素晴らしい発掘音源でした。

つい最近出たのが83年のブレーメンでの2枚組「Live In Bremen 1983」。
上掲2作と違うのがこちらはカルテットなんですね。ショウは基本クインテットで演奏するのが常なので珍しい。というかなぜかここではトロンボーンのスティーヴ・トゥーリがいないんですね。何か事情があったのか、既にグループを離れていたのか定かではありませんが。

ただここではその一人抜けた穴を4人が一丸となって埋めようとするかのように、より一層熱く燃え上がるような演奏を聴かせてくれます。

ショウのラッパは絶頂期だけに、幕開けは「YOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC」で瀟洒に始まるけれど、続く「RAHSAAN’S RUN」で既にアクセル全開。いやもうすごい勢いで吹きまくってます。やっぱショウのトランペットは爽快だわ。
「400 Years Ago Tomorrow」は、82年のライブ盤「Master Of The Art」ではトゥーリに加えボビー・ハッチャーソンのヴァイブも涼やかに洒落た出来でしたが、ここでは熱気とスピード感をより素肌で感じるような印象。

この時期のグループの要は、後にアート・ブレイキーのもとで名を上げることになるが、まだほぼ無名であったマルグリュー・ミラー。オーソドックスなジャズ・ピアノの歴史を踏まえていながら、若々しくも力感溢れるプレイで、改めてこんないいピアニストだったっけと瞠目させられます。そのミラーも数年前に亡くなってしまった。

ほとんどの曲が10分を超える長尺ながら2時間弱全くだれることなく目の前で4人が熱演するの目の当たりにするような鮮烈なライブ盤。東京でのライブ盤をパスした方も今回はお聴き逃しなきよう。
nice!(0)  コメント(0) 

音楽から哲学や思想をとりのぞけば [R&B/JAZZ/etc]

phillystyle.jpg

マライアの新作に収められている「A No No」という曲は、リル・キムの90’sヒット「Crush On You」が使われています。そもそも「Crush On You」自体がジェフ・ローバー・フュージョンの「Rain Dance」の印象的なピアノをサンプリングしたものなんですよね。ってのは最近知ったことです。

そんなわけで、最近ジェフ・ローバーに興味がありまして。ストリーミングでちょこっと聴いたのち、中古で入手したのが2003年作「Philly Style」。単に安かったからってだけで買ってみたんですが、これが実に良い。

以前組んでいた最近また復活している自身のグループ、ジェフ・ローバー・フュージョンにはあのケニーGがいたこともあるくらいで、ジェフ・ローバーって人はスムース・ジャズの代表的な人ということみたいなんですが。

本作は音楽的に言えばジャズ・ファンク。
これがまたリズムからエレピの音色やフレーズなど隅々まで気に効いた音だけでできた逸品なわけです。適度なリラクゼーションと適度な緊張感に満ちた40分強。まぁ所謂センスいいねぇってわけ。
仕事で疲れてんのに緊張を強いるような音楽、スピーカーの前で音と対峙するのを強いるような音楽なんか聴きたくない。かといって心地よいだけの音楽もかえって疲れる。
そんな時にこんな音楽が欲しいなぁという音が流れてくるんです。緊張と弛緩のバランスが絶妙。聴き流そうと思えば聴き流せる音。誉め言葉にならないかもしれないけど。上手い。

深夜のFMラジオ、ジェットストリームとかから流れて来るような。多分流れているはず。
言ってみりゃジャズから思想や哲学をそぎ落とし、ひたすら心地よさだけを追求したのがスムース・ジャズなのかも?だから硬派なジャズ・ファンからは嫌悪される。
女性ヴォーカル入りの「Regardless Of」なんて明らかにディアンジェロの「Voodoo」の影響を感じさせるのに、見事に和声やグルーヴの快楽だけが残る音楽になっている。

でも思想や哲学をぬきにしてダンスを追求したのがテクノやハウスなどクラブ・ミュージックだった。両者はけっこう近いものがあるのかも。

まぁ音楽に思想や哲学を求めるのは音楽家よりも聴き手だろうけど。
僕は求めないけどね。あれ?こんなこと記すつもりじゃなかったんだけど、ちょっと脱線しちゃったな。
ともかくこのエレピの音とフレーズ。
気持ち良いわぁ。

nice!(0)  コメント(0) 

Voodooは長すぎる [R&B/JAZZ/etc]

DVOODOO.jpg

ディアンジェロの「Voodoo」はもう説明の必要のない名盤で、もちろん僕も大好きでよく聴くんですが、聴くたびに思うのが。

長い。
途中ちょっとだれる。

だって79分もあるんだもん。
長いなぁと思ってる人けっこういると思うな。
曲数は13曲なんですけど、なんで長いかっていうと、6分以上もある曲が半分以上を占めるってことなんだよね。

だから先日iTunesに取り込んで、5曲カットして全8曲48分にしてみたらなかなか良い感じ。8曲でも48分もあるんだけど。まぁ48分ならよしとしよう。

カットしたのは6「Chicken Grease」7「One Mo' Gin」8「The Root」10「Feel Like Makin' Love」11「Greatdayndamornin'/Booty」。別にこの5曲が詰まんないとか完成度が低いってんじゃないんだけど。
曲が長いのも別にいいんですよ。JBのファンク・ナンバーなんか長い方が良いと思ってるくらいだから。

ただこのアルバムは基本ルーズなノリの同じようなファンク・ナンバーが多くて、メリハリにはなはだ欠ける。ジャムっぽい曲は間延びする原因になってると思う。カバーの「Feel Like Makin' Love」もとりたてて優れてるってわけでもないし。なのでばっさり5曲けずってしまうとかなりすっきりとした焦点の絞れた作品集になるんじゃないかと。もうこれから私はこれでいきますよ。

ぶっちゃけこのアルバムは頭3曲聴けば良いんだけどね。私の場合は。
こんなこと言うとこのアルバムを聖典のごとく崇めている人に怒られそうだけど。
ついでに言っとくとこのアルバムは以降のR&Bにはほとんど影響を及ぼしてないな。
R&Bよりもジャズとかロック系の方に影響を与えたんじゃないかな。

R&Bってのは基本歌謡音楽なわけで、「Voodoo」には有名なヒット曲とかない。「Untitled (How Does It Feel)」でグラミーとったけど、誰もが知るヒット曲になんかなってないしね。通好みのアルバム。歌謡曲としては弱いよね。

なんか悪口言ってるみたいになっちゃったけど、大好きですよ。
いやほんとに。
nice!(0)  コメント(0) 

変わらない変えないという矜持 [R&B/JAZZ/etc]

PLAYING FOR KEEPS.jpg

マライアと一緒に買ったのがキース・スウェットの新作「Playing For Keeps」。
この人のCDは何枚か持ってますが、新作をちゃんと購入するのはこれが初めて。最初はほんとこのミャアミャアいう声が苦手だったからな。気が付いたら好きになっちゃってたけど。
ここにも収められているK-C-iとのデュエット「How Many Ways」は今年最も良く聴いた曲です。

新作と言っても改めて言うことは何もない。
いつも通り。判で押したようにおんなじとはこのこと。
松尾潔さんがラジオで話してましたが、以前キースとの会話で、
「次のアルバムはどんな感じ?」
「前作と同じだよ」
「なんか新しいこととか?」
「いや・・・前と同じ」
というやりとりを話してましたが、ほんと同じなんだよな。古くならないように細かいアップデートは施してあるんだろうけど。

ここまで変わらないと変わらない変えない矜持を持ってやってるんだろうなというのは強く感じますね。今回はタイトルにもそれがうかがえます。
ただだからといって、これを聴いていつも通り安心して聴けるR&Bです、なんていうのはちょっと違う気がするんだよね。いつもと同じだけど決してマンネリじゃない。精魂込めて作り上げた職人の魂が細部まで脈打っている。
これが俺の音楽だよとニヤリと笑うキースの不敵な笑みが見えるようないつもどおりのR&Bです。
nice!(1)  コメント(0) 

物憂いエモーションをたぎらせて [R&B/JAZZ/etc]

caution.jpg

マライアのCDなんか買っちゃった。
半年くらい前に100円でベスト盤を買って、たまに聴いてたのでその伏線はあったんですけど。
先行シングル「With You」が良くって。何度も聴いてるうちに気に入ってしまった。最近エラ・メイをよく聴いてたせいかな。同じDJマスタードのプロデュースなんですよね。

4-5年ぶり?のその新作「Caution」。
タイトル曲からするとまぁ「注意して慎重に」扱ってよ。って意味合いかな。
先行公開されてた「With You」や「GTFO」、タイダラー・サインをフィーチャーした「The Distance」を聴いていたので、ある程度想像してましたが、渋い。
というかこのダウナーな感じが今のアメリカのR&Bシーンの旬な音なんですけどね。
エラ・メイやドレイクが売れるアメリカなら大丈夫だろうけど、日本ではどうだろうな。デヴィッド・フォスター作曲みたいなわかりやすいバラードもないし。日本だとまだ90年代前半のポップな歌姫なマライアのイメージが強いだろうから。そうでもないのかな。

でも僕の今の気分にはピッタリだな。僕のようなとりたててマライアに興味をもってなかった聴き手に、マライアを見直させるアルバムかもしれない。良い時にマライアに出会ったかな。
全編物憂くダウナーな曲ばかりなんだけど。これが良い。全10曲38分しかない。でも濃縮されたエモーションのたぎりを感じさせる。さすがそこらの歌い手とは違いますね。地味だけど滋味あふれる曲も粒ぞろいだと思う。シンプルな分、聴き飽きない作品集になったんじゃないかな。まだ数回聴いただけですけどね。ほんと短いのが良い。これくらいだと何度もリピートしちゃう。

ついでにブックレットのマライア。やせてる・・・。
ちょっと写真いじってないか?ってくらい。でも綺麗。

nice!(1)  コメント(2)