So-net無料ブログ作成

デビュー作をリメイクした御年85歳の艷 [ラテン]

magia.jpg

オマーラ・ポルトゥオンドの最新作「Magia Negra」の素晴らしさをどう伝えればいいんだろう。
うちにある彼女のアルバムはブエナビスタの流れでリリースされた2000年作だけ。あの時彼女はすでに70歳で、このおばあちゃん素晴らしいなぁと思ってたのが、それから15年経ってよりいっそう素晴らしいなんて。
85歳にしてはすごいとかその程度じゃないんですよ。

例えば「No Puedo Ser Feliz」で枯れた味わい深いデュエットを披露するのはイヴァン・リンス。
セサル・ポルティージョ・デラルス作「Noche Cubana」でデュエットするRossio Jimenezはよく知らない人だけど孫ほども年の離れた人だろう、しかしその二人よりオマーラのほうがずっとふくよかで艶やか。
歌の一節ひとふしにたっぷりと潤いがあり、思わず溜息が漏れてしまう。

本作は1958年の彼女のデビュー作をリメイクしたもの。
オリジナルは聴いたことがないけど、フリオ・グティエーレスがディレクターを務めたというからプログレッシブな内容だったのは想像に難くない。
冒頭そのデビュー作の音源に新しい演奏が被さって始まるタイトル曲(英題:That Old Black Magic)はハロルド・アーデン&ジョニー・マーサー作。他にもエリントンの「キャラバン」をやったり、キューバ革命の一年前ということもあるのかジャズ曲を取り上げている。
彼女は最初からキューバ音楽の王道というよりはフィーリンみたいなアメリカン・ミュージックの強い影響を受けた音楽を歌っていたのだろうか。
ソロ・デビューする前のなんて言ったかわすれたけど、グループ時代の歌を聴いたことあるけど、特別に印象に残るものではなかった。歌手って大きく分ければ二種類あって最初から完成されている人と時を経て完成される人。オマーラは年を経るごとに素晴らしさを増していった人なんじゃないだろうか。

本作でのバックの演奏はキューバン・ジャズ系の若手によるもの。キューバの若いミュージシャンは上手すぎて、どうも味わいに欠けるのでいまひとつ興味が持てないんだけど、ここではやはり主役が違えば違うというか。音楽監督を務めるのはサックスとフルートのフアン・マニュエル・セルート。録音も良くジャジーなホーンラインとエレガントなピアノがオマーラの歌の艷をより一層際立たせている。
スローなボレーロばっかりじゃなく「キャラバン」ではアフロ・ラテン炸裂のリズムにたゆたう様に歌をのせていく様が、んもーかっこよすぎる!年間ベスト級の傑作です。
もしまた来日してくれるならきっと聴きに行きたい。
nice!(0)  コメント(2) 

想い焦がれる人の窓辺で歌う詩 [ラテン]

Serenatas.jpg

コスタリカといえば先のワールド・カップで旋風を巻き起こしたことが記憶に新しいですが、初めてコスタリカ音楽のCD「Al Pie Del Balcón - Serenatas De Guanacaste」を買いました。
タイトルにあるグアナカステはコスタリカのニカラグアと国境を接する太平洋岸の地域です。
スペイン語圏には想い焦がれる女性の窓の下で楽士たちに歌を歌わせる習慣があったようです。そのような歌をセレナータというんだそうですが、そのセレナータを往年のシンガーに歌わせたのが本作のようです。

基本ギターの弾き語り的な伴奏に乗せて歌われる何ともロマンティックな歌。キューバのボレーロほど湿っていなくて、ペルーのクリオージョ音楽にも似てるけど、もっと軽く乾いていて、恋の辛い想いよりも人を恋することの素晴らしさの方が勝った歌といえばいいか。というか、好きな相手にアタックする歌なんだから、ロマンティックで陽性の歌が多いのは当たり前なのかもしれない。
中にはホーン・セクションも入って「君がいれば、毎日笑っちゃくらい楽しくなるよー!」って歌ってるか知らないけど、賑やかな曲もあります。

どの曲もいいんですが、オディロン・フアレスの歌う「Ojos Verde Mar」は格別です。
夏の夜の海辺から吹く潮の香りを含んだ風のような抒情が美しい。
こんな歌が窓辺から聴こえてきたらアタック成功間違いなし!ってそう簡単じゃないのも恋、ですかね。
nice!(0)  コメント(4) 

ニューヨーク・ラテンの伊達男 [ラテン]

three loves.jpg

ティト・ロドリゲスって今までロクに聴いたことがなかった。
何の根拠もなく、なんとなーくイメージ的に物足りない感じがして。
同じティトでもティト・プエンテは聴いてたんだけど。

洒落たジャケに惹かれて57年作「スリー・ラブズ・ハブ・アイ」を購入。
「私の愛する三つのもの」とはチャ・チャ・チャ、マンボ、グァグァンコーの三つのリズムのこと。

といいながら一曲目はボレーロのインスト。そんなところにニューヨーク的なスマートさを感じてしまう。
二曲目はガツンとくるけどこちらもシャープでスマートなマンボ。
激しいリズムをいなせに乗りこなすティト・ロドリゲスのヴォーカルがなによりスマートだ。
そんなスマートさがこの人の魅力なのかも。

キューバ音楽とは違うこのシャープなスピード感、演歌的な情緒を寄せ付けないドライなグルーヴ、そんなところがニューヨーク・ラテンの魅力なんだとようやく最近分かってきた。

爛熟したむせかえるようなニューヨーク・ラテンが堪能できる、レコードで聴きたくなる素晴らしい盤です。
nice!(0)  コメント(0) 

マチート・イズ・ザ・キング! [ラテン]

Mucho.jpg

最近なぜかマチート・ブームです。
今までだってマチートは好きだったけど、それほど聴きこんでもこなかった。
ミゲリート・バルデスとの共演ではやっぱりミゲリート中心に聴いてたし、キューバ音楽として聞くと鋭角的すぎるので、それほど重要な人としてとらえてなかったと思う。ちょっと単調だとも思ってたかも。
でも最近ラテン・ジャズをあれこれ聴いたあとにマチートを聴くと「なんてカッコイーんだ!」と改めてというか今頃ようやく気づいた次第。

先日、エル・スールでマチートのCDを持って店長にいろいろ訊ねたら、「マチートは基本駄作はないんですけど」言いながら、ネットで調べて「これをとりあえず聴くといいです」といわれたのが48-49年にノーマン・グランツ・プロデュースで録音した音源を集めた「Mucho Macho」。廃盤みたいですけど、ヤフオクで1000円でゲットできました。
既に持ってるすぐ後の50年前後の音源を集めた「Mambo Mucho Mambo」同様サイッコーのニューヨーク・ラテン・サウンドが聴ける。すべての音が屈託なく活き活きと鳴っている。
以前思ってたキューバ音楽として聴くと鋭角的すぎるという感想は、これはキューバ音楽じゃなくてニューヨーク・ラテンとして聴くべき音楽なんだとようやく合点がいった。
いってみれば抜き差しならない大都会ニューヨークの夜を享楽的に彩るダンス・ミュージック。クラブ・ミュージックにも通じるような闇雲な舞踏音楽。ニューヨーク・ラテンの王様。そう聴けばこの鋭角的な音も納得がいく。

このエキゾチック・ルンバは最高にインチキでクールですな。

nice!(0)  コメント(2) 

ラテンの熱情×ケルトの清冽 [ラテン]

Salsa Celtica.jpg

そういえば今月はまだCD買ってないなと思って、なら行ってしまおうエル・スール!
というわけで、あまり何を買おうかとか考えずに行ってきました。

ハッサン・ハクムーンとかシェウン・クティとか色々あったナイジェリアものとか、そこら辺をぐっと我慢して(次は我慢できないかもなぁ)、今年はあまり聴いたことのないものを聴こうということで、手に取ったのがスコットランドのサルサ・バンド、サルサ・ケルティカ!

結成20年、5枚目のアルバムというのは帰宅してからネットで知りました。
バンド名通り、サルサ×ケルティック・トラッドなバンドです。
プロデュースがブルー・ナイルなどを手掛けたカルム・マルコムというのも購入理由のひとつですね。

ラテン系のメンバーがいるので歌はスペイン語なんだけど、トラッドっぽい曲は女性シンガーがゲール語で歌ったりする。ラテン的な熱情がトラッド的な清冽さと合わさってなかなか得難い味わいなんだなこれが。
ジグやリールなどトラッドをラテン・リズムで演奏したり、サルサにイーリアン・パイプが絡んだり、でもそれがとってつけたようなミクスチャーじゃなくて、非常にこなれている。さすが伊達に20年のキャリアじゃない。

うーんぱっと聴きは、結構面白いなんて軽く思ったけど、これはかなりハイブリッドじゃないですかねぇ。
ラテンにはチャランガなんてスタイルもあるし、フィドルやフルートが入ったりする編成はけっこう相性がいいのかも。とはいえケルティックなメロディが奏でられると何とも熱い南国サウンドに冷たい風がピュ~と吹いてくるような感じ。


新緑のこの季節にピッタリのケルティック・サルサ。気に入った!ライブは楽しいだろうなぁ。
salsa celtica2.JPG
こういう顔ぶれ。そのまんまの音が飛び出してくるんですよ。
nice!(0)  コメント(0) 

ラテンの女王と一緒に歌おう! [ラテン]

Celia's Duets.jpg

セリア・クルースの97年作「Duets」。
タイトルどおり全曲いろんな人とのデュエット集。
相手はウィリー・コローン、オスカル・ドレオーン、チェオ・フェリシアーノなどなど。
誰と歌ってもセリアは元気いっぱい余裕綽々。

ティト・プエンテとの曲では、御代のティンバレス・ソロに燃える。
チェオ・フェリシアーノとのラウンジーな曲も和むし、アルゼンチンのスカ・バンド」、ロス・ファビュラソス・キャデレックスとのスカ・ラテンな曲とかも楽しい。
セリア・クルースってどれ聴いてもはずれないな。まだそんな聴いてないけど。
おゲージュツぶったところが微塵もなくって庶民的で親しみやすい。
でも気品がちゃんとあって暑苦しくなくてすっきりしてる。

ではカエターノ・ヴェローゾとの一曲をどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=mT0jVmZsYzs
nice!(0)  コメント(2) 

キューバの歌の女王 [ラテン]

Celia.jpg

昨夜のインターFMの番組「The Selector」は荻原和也さんの選曲によるセリア・クルース特集でしたが、あらためてセリア・クルースって素晴らしい歌手だったんだなぁと聴き惚れてしまいました。
昨夜かかったのは セリアの48年デビュー録音から62年の黄金時代までの21曲で、思わず踊りだしてしまいそうになる楽しい曲がいっぱいで、PCで録音できたらよかったなぁ。再放送してほしい。

ぼくが持っている初期のセリアのコンピレーションからも何曲か選曲されていたので今夜はこれを聴こう。
セリア・クルースはたーくさんCDが出ているのでじっくり気長にキャリアをまんべんなく聴けていけたらと思う。
nice!(0)  コメント(0) 

ナットのあっさりフィーリン [ラテン]

nat.jpg

ナット・キング・コールって長いあいだ自分の中では黒人的なフィーリングのないつまらない歌手の筆頭だった。
黒人音楽ってのはやっぱオーティス・レディングやOVライトこそが最高だと思ってたから。
昨年エル・スール・レーベルからリリースされた「フィーリンを感じて」に一曲収録されていた「パーフィディア」が気に入ってラテンの名曲を歌った3枚のアルバムを収録した本CDを購入。

CDにはライナーも何もついてないんだけど、アマゾンの説明によると「1958年、アルマンド・ロメウ楽団の伴奏で歌ったキューバ録音の「Cole Espanol」。1959年、ペイジ・キャバナウ楽団の伴奏で歌ったハリウッド録音の「A Mis Amigos」、1962年、ラルフ・カーマイケル楽団とペイジ・キャバナウ楽団の伴奏で歌ったメキシコ録音の「More Cole Espanol」(Capitol W-1749)から全30曲を収録」とのこと。

本場ラテンの歌手が歌えばもっと濃厚な情感が漂うのかもしれないけど、あっさり風味がいい感じ。あっさりだからフィーリン的なのか。
黒人だからって黒人的な音楽をやらなきゃいけないわけじゃない。
ようやくナット・キング・コールの音楽も楽しめるようになった。
ラテンのリズムの上をかるーくそよそよと吹く風のようにのっかる歌がジメジメとしたこの時期には心地いい。
バックの演奏も聴きこめば色々発見がありそう。

今月買ったCDはこれ一枚。
いまひとつ音楽を聴きたいという欲求がわいてこない。
たまにはそんな時もあります。
nice!(0)  コメント(0) 

憧れのキューバン・ナイツ [ラテン]

Cuban.JPG

またレコード買ってしまった。
ミゲリート・バルデスの「Cuban Nights」。
こちらの記事を見てからずーっと憧れにも近い想いをもっていたのです。

eBayには以前から何枚かこのレコードが出品されていたんだけど、結構高くて。
それなりの金額を出す用意はあったんだけれど、送料も含めると1万円近くなってしまうので、二の足をふんでいた。
今回ようやくお手頃価格の20ドルで発見。送料含めても日本円で三千円弱。
早々に届いて、この雰囲気たっぷりなジャケもよし。
レコードを取り出すとすごく厚い。
この頃のラテンのレコードがいい音がすると言われるのはこの厚みも影響しているからだろうか。

音の方も、うーん、いい音する!!
この中低音域のふくよかさはCDでは味わえないもの。
パーカッションは深くお腹にずしんとくるし、もちろんミゲリートの声も朗々と響く。
金管楽器もキンキンしない。ひとつひとつの音の堀の深さが音楽をより濃密にしてくれる。
憧れのレコードがようやく自分のものになってうれしい。
やっぱレコードっていいな。
nice!(0)  コメント(2) 

姉御肌なフィーリンの凛々しさ [ラテン]

Lucy Fabery.jpg

今朝は金環日食でしたね。
何も用意してなかったのでチラ見してたら、当然眩しくて何も見えず(←ただのバカ)、
どうしたもんかと思ったらネガフィルムがあったので無事綺麗な輪っかを見ることができました。
次が何百年後かしらないけど、朝からいいもの見たーと思いながらの一日の始まり。

ホセー・アントニオ・メンデスの「フィーリンの真実」に続いて、ホセーの入手可能な残り2枚をはやいとこ聴きたいと思いつつ、「フィーリンの真実」の味わいを薄れさせたくなくて今年はとりあえずいいかなと思ってた。
そんなところへ知ったプエルトリコ産フィーリン、ルーシー・ファベリー。
こっちは女性だしホセーとはちがうフィーリンを味わえるかなっと思い、ジャケの目ヂカラにもやられてさっそく購入。

55-57年のハバナ録音。
ジャケのイメージ通り失恋の悲しみをよしよしと慰めてくれるような姉御肌な歌い手さんです。
でも、いつまでもくよくよしてると「いい加減にしなさい!」と怒られそう。
自らの悲しみはたった一粒の涙に込めてしまうような歌い口が凛々しい。
彼女の歌に比べるとホセーの歌はなんとも女々しい(そこがいいんだけどね!)。

やはりいつの時代も女の方が強いということかな。
女々しいという形容詞は男に対してしか使わないものね。
nice!(0)  コメント(0)