So-net無料ブログ作成
ポップ/ロック ブログトップ
前の10件 | 次の10件

ナチュラル・メイクのポップ・クイーン [ポップ/ロック]

Sweetner.jpg

iTunesストアを覗いたらクリスマスだからなのか、売れ筋の期間限定セールをしてた。ぜーんぶ1300円以下ってことで、ダウンロードでもそういうことするんだな。歓迎歓迎。エラ・メイも千円ぽっきりだ。

最近はヒップホップに興味があるのでニッキー・ミナージュやトラヴィス・スコットあたりいっちゃおっかなぁと思ったんですが、結局アリアナ・グランデなんか買っちゃいました。
結局そこかよ!って話ですが。でもニッキー・ミナージュもいるし。
なんか普通のイマドキなポップスが聴きたかったんですよ。
ほんとはJ-POPあたりで欲しかったんだけど、見つからなかったので。

スポティファイでは各国で今よくストリーミングされている曲のランキングを見ることができますが、ここ最近はずっとアリアナの「thank U, next」が世界中で良く聴かれてて、良い曲なんです。最近出た「imagine」もチルウェイブど真ん中で良いんですよね。
そんなわけで個人的にアリアナ株が上昇中だったのもあり。

アリアナって90年代にマライアがいたポジションに今いる人ですよね。
ポップ・アイコンっていうか。可愛いしブロードウェイの子役出身ってことで歌唱力も確かで、マライアばりのハイトーンも聴かせたりするし。

この「Sweetener」も良いアルバムなんですよ。
半分くらいがファレル・ウィリアムスの仕事で、今頃ファレル?って気もしますが、新しすぎないポップが良い感じ。その他のマックス・マーティンあたりの仕事も安定感ある仕上がり。
冒頭アカペラで短い一節の「Raindrops (An Angel Cried)」をイントロダクションに、ミディアム・グルーヴが心地よいファレル自身も参加の「blazed」、ニッキー・ミナージュのラップもクールな「The Light Is Coming」、浮遊感漂うレゲエ風味な「R.E.M」と。派手過ぎないのが私好み。
そんなイマドキな曲のせいで「no tears left to cry」のような王道も一層映えるわけです。
ただひとつ「Thank You, Next」が入ってないのが残念だけど、それはアルバム後のシングルなんだからしょうがない。

アリアナといえば昨年だったかのテロ事件ですが、とりたてて政治的なことに関心がなかったとしてもあんなことが起きれば動揺しますよね。天地が逆様になるような経験をしても自分らしくってことかな。このジャケは。
2018年グローバル・ポップ一番のポップ・クイーンの新作はナチュラル・メイクが美しい快作です。最近のシングルも買うか。

nice!(0)  コメント(0) 

フットペダルのベースもグルーヴィ! [ポップ/ロック]

PROPHET SPEAKS.jpg

昨年に引き続き今年も二枚も出しちゃうヴァンの新作「PROPHET SPEAKS」が届きました。長く聴き続けている音楽家が70歳を越えても、勢力的に活動してくれるのはうれしい限り。

もともと思いついたらすぐに録音してリリースしちゃう人だったからな。以前にもジョージー・フェイムやベン・シドランなんかと気に入った曲をパパっと録音してリリースしてたし。ロニー・ドネガンなんかともあったな。

今回は前回と同じくジョーイ・デフランセスコ達とまたやってます。
2枚も作っちゃうなんてよっぽどヴァンも楽しかったのかな。前作はジャズ・アルバムって感じだったけど、今回はジョン・リー・フッカーやサム・クック、ソロモン・バークなどR&B寄りとなってます。ボビー・ブランドの「Ain't Nothin' You Can Do」の替え歌みたいな「Got to Go Where The Love Is」はじめオリジナルもカバーと同じノリでゴキゲン。
もうとりたてて言うことないな。
まぁファンであれば気分よく聴けるグルーヴィな快作となってますよ。

このアルバムではサックスのトロイ・ロバーツがベースを弾く曲もあるんですが、多くの曲でジョーイ・デフランセスコによるオルガンのフットペダルによるベース音が聴こえてきます。
オルガンのフットペダルによるベースって弦ベースとは違った味わいがあってけっこう好きです。
nice!(1)  コメント(0) 

とりあえず好調維持のサイサイ [ポップ/ロック]

goway.jpg

本日リリースのサイレント・サイレンのシングル「Go Way!」。
今回も前回同様、リリース前に予約すると750円ってことでiTunesでダウンロード購入しました。
タイトル曲はアニメの主題歌だったかな。まぁいつものサイサイ・パワー・ポップって感じかな。
カップリングの「クリームソーダ」と「Melty」の方が好きかな。ちょい切な系のメロディがよろしい。このバンドは曲の出来には毎回不安はないからな。

最後に収録されてるのが前回のシングル同様、今年のツアー・ファイナルから前シングル曲「19 summer note.」のライヴ・ヴァージョン。
想像した通りスピーディな曲をにもたつきまくるドラムが笑えるすっとこどっこいな演奏でして。そもそもスタジオ・ヴァージョンからしてもたつき気味だったわけですけど。まぁ。もう。仕方ないな。これは。
とりあえず好調維持してますね。ニュー・アルバムは来年かな。
nice!(0)  コメント(0) 

9.11の後に [ポップ/ロック]

Never Seen Everything.jpg

つい先日、ブルース・コバーンが来日しましたね。好きなアルバムがいくつかある程度で、それほど熱心なファンとは言えないけど、クアトロとかでやってほしかった。それなら見に行ったんだけどな。ビルボードじゃね。行く気しない。

コバーンのアルバムでとても印象深いのが2003年の「You've Never Seen Everything」です。
当時僕は9.11が起こった後に欧米のシンガーソングライターがどういった歌を歌うのか興味があった。普段から政治的な発言をしたりリベラルな人達も多いし。

事件に関して歌うにせよ、歌わないにせよ、その反応に興味があった。直接的に歌う人もいたし、傷ついた人たちを励ますような歌を歌う人もいた。正直あまり音楽として惹きつけられるものはなかったかな。ロックからだんだん離れていった頃でもあったし。

ただコバーンのこのアルバムには深く納得したというか。なんていうんでしょうね。とりたてて歌詞で9.11を歌っているわけではないんだけど、そもそも輸入盤で買ったので、歌詞に関して深く読み込んでいるわけでもないんですが。とにかく深く胸に響いた。それが音楽としての説得力なんでしょうけど。このアルバム・タイトルにも胸を突かれた。

そんなことを抜きにしても盟友コリン・リンデンによるプロデュースによる本作は傑作です。血なまぐさい光景を前に透徹した視線を感じさせるタイトル曲や「Postcards From Cambodia」のような詩の朗読ソングも静かに聴き手を惹きこんでいく。グレゴワール・マレーのハーモニカも聴こえる「Everywhere Dance」も美しい。

白眉は、富める者が富めば、貧しい者にも自然に富が滴り落ちるというトリクルダウン理論を痛烈に批判した「Trickle Down」。M-BASE一派のアンディ・ミルンなども引き込んだフォーク・ジャズは緊張感と独自性にあふれているし、単純に音楽としてチョーカッコイイ。
ひさしぶりに聴いた本作、やっぱ傑作だとの思いを新たにしました。

nice!(0)  コメント(0) 

R&B路線極まったPlay その1 [ポップ/ロック]

play.jpg

今日で安室ちゃんが引退するってことで、今日は安室ちゃんの記事にするのがファンの務めかなと思い、2007年作「Play」を取り上げます。
安室ちゃんの作品の中でもおそらくベスト3には入るだろう傑作です。安室ちゃんにはまったとき最初の聴いたのが、これだったか「クイーン・オブ・ヒップ・ポップ」だったか忘れましたが、とにかくこれには大きなインパクトを受けました。

びっくりしたことは色々ありますけど、まず歌詞。英語と日本語がちゃんぽんされたその歌詞には、もうこれは発明だなと思いましたよ。サビだけノリのよい英語になるってのはそれまでもよくありましたけど、ここではもうそういう次元じゃない。それは僕がろくにJ-POPを聴いていなかったこともあるでしょうけど。

音楽のリズムの違いは言語の違いに端を発すると僕は思ってますけど、歌詞が日本語と英語がミックスされることによってR&B的なリズムが日本語のリズムに翻訳されずに微妙な緊張感を持つ。のかな?と今思いついたんですが。

このアルバムについて語ると長くなりそうなので本日はこんなとこで。
最後にひとつだけ、
このアルバムのハイライトは6-7曲目の「STEP WITH IT」「HELLO」「SHOULD I LOVE HIM?」です。特に「STEP WITH IT」は安室ちゃんの曲中でも一番好きな曲かもしれない。
次はそのあたりに関しても記したいと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

ルーツを我がものに [ポップ/ロック]

IMG_0557.JPG

ここ数か月ストリーミングで頻繁に聴いていたのが、ボズ・スキャッグスの新作「アウト・オブ・ザ・ブルース」でした。CD買いそびれてたら、何度も聴くうちに気に入りすぎて、ジャケも素敵だしってことでレコードで購入。素晴らしい傑作なので改めてレビュー。

ずっとストリーミングで聴いていたせいもあり、レコードで聴くと音が良い。
レコードだとベースラインが響くんですよね。そのベースを弾くのはウィリー・ウィークス。ドラムにジム・ケルトナー。ギターはレイ・パーカー・ジュニア。キーボードはジム・コックス。
そこにチャーリー・セクストンとドイル・ブラムホールのギターが客演と。ときにホーンセクションもあり。このメンツによる演奏に魅せられてしまったんですよ。特にチャーリー・セクストンとドイル・ブラムホールIIの弾き過ぎない美学というかにね。

僕はボズの熱心なファンではありません。70-80年代のアルバムはひととおり聴いたことあると思うけど、聴きこんだ覚えはない。そもそも今一枚ももってないし。
ここ二枚くらいはルーツ回帰路線ということでリリースされた時にちらっと聴いただけで、特別興味を持ったわけでもない。最近ストリーミングで聴いたけど、ベテランの余裕が勝ちすぎる歌と演奏に耳を惹きつけられることはなかった。

でも今回は違った。
すべてが絶妙な塩梅なんですよね。演奏のリラックス感と緊張感といい、選曲といい。
ストリーミングで最初に聴いた時は日本盤CDに収録されているボーナストラック2曲も込みで聴いててその2曲も良くて、買うつもりだった輸入盤CDではその2曲はなくてちょっと残念だなと思ってたんだけど、途中からその2曲をけずって聴いてたら、そっちの方が全9曲40分でという最近では短いくらいのボリュームが良くなっちゃった。40分くらいが音楽聴くのに一番集中して聴ける時間だよねやっぱり。レコードだと途中休憩もあるし。

ボビー・ブランドが2曲、ジミー・マクラックリン、ジミー・リードが1曲ずつというブルース・カバーはほぼオリジナル通りのアレンジで、ブランドのカバーはクレジットにわざわざオリジナルのジョー・スコットのホーン・アレンジにならっているとのクレジット。

特別アレンジを変えなくても長い時間をかけて培ってきたキャリアをもってしてルーツを我がものにしている。ブランド曲2曲を聴いてもオリジナルに沿った節回しながら、ブランドのオリジナルと同等の価値を持った歌になっている。それに僕は感動してしまう。70年代と変わらない艶っぽい喉も健在だし、昨年のヴァンの同趣向のアルバム「ロール・ウィズ・パンチーズ」より間違いなく出来は上だろう。

ちょっと毛色の変わったところがニール・ヤングの「オン・ザ・ビーチ」。同名タイトルのアルバムからだけど、もともとニールにしては珍しくブルースっぽい曲だから違和感なし。アルバムの中でメロウないいアクセントになっている。B面の頭ってのいい位置。

残る4曲が長年のコラボレイターだというジャック・ウォルラス作。これら4曲も良く書けた曲が揃っている。ボズが共作した「リトル・ミス・ナイト・アンド・デイ」みたいな初期ロックンロールな曲の熱気も良し。この曲に限らず流麗じゃないグシャっとしたギターサウンドが良いんだよな。こういうとこにチャーリーとドイルのテキサス・ルーツを感じますね。

最近のレコードはダウンロードコードが付いているのが普通だから、これもついてるかと思ったらなかった。普段iPodで聴くのに当てが外れたな。届いてからもう3回も聴いちゃったし、CDも買うか。
IMG_0558.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

過ぎ行く夏を想いながら [ポップ/ロック]

IMG_0556.JPG

お盆の頃から毎週末は泳ぎに行っていたけど、もう調布の野外プールも明日でおしまい。
ということで夕方、この夏の泳ぎ収めに行ってきた。
暑さのやわらいだプールで過ぎ行く夏を想うってわけでもないが、暑すぎたこの夏も終わりかと。夏の終わりというのはちょっと感傷的にもなりますよね。

そうだ。夏の終わりにぴったりのアルバムがあった。
ディオンのタイトルもズバリ「Suite For Late Summer」。
CD化もされてるけど、僕はレコードでしか持ってないので。

ワーナーからのリリースでプロデュースはラス・タイトルマン、ストリングス・アレンジはニック・デカロ。バーバンク仕様のサウンドにディオンの歌が映える。
フォーキー・ソウルの名盤です。
nice!(0)  コメント(0) 

Finallyを見る その2 [ポップ/ロック]

amurofinally.jpg

今日は昨日に引き続きFinallyのファイナル公演を見ました。
またもや胸いっぱいなわけで。だって最後だもん。あの場に入られた幸運に感謝せずにいられませんね。

小室時代の曲には全然興味がなくてCDも持ってないくらいなんですが、今回はかなり小室時代の曲をやって、正直僕が一番好きな安室ちゃんって感じではなかったんですけどね。
でも本編後半からアンコールはすべて一番新しい曲だけで通したところが現在進行形のまま走り抜けた安室ちゃんの矜持を感じましたね。

最後のダンサー一人ひとりとの抱擁、涙涙のスピーチにはこちらも涙涙ですよ。
昨年の沖縄ライブはまた週末に見るかな。しばら安室ちゃんウィークエンドが続きますね。
nice!(0)  コメント(0) 

Finallyを見る その1 [ポップ/ロック]

IMG_0555.JPG

今日は先日届いた安室ちゃんのDVDを見ました。
とりあえず5月のドーム公演を先に見ました。
こちらは安室ちゃんとオーディエンスの表情を中心に編集してあるとかで、編集も落ち着いていて安室ちゃんのアップも多く、良いカメラワークでしたね。
時折挟まれるオーディエンスの表情もあぁ安室ちゃん大好きなんだなぁと嬉しくなってしまって、泣きそうな表情だと思わずこちらもグッと来てしまう。そういうもんです。
自分も行った公演なので、とはいってもGWには3日やったので、実際僕が行った時のものかはわからないんですけど、自分が映りはしないかなんて考えたりして。

見終わったらやっぱり胸がいっぱいになってしまって、感想を記そうにもまとまらないので、以下見ながら思ったことを徒然に。

9月16日に引退するわけですが、僕にとっては6月のドームのファイナル・ライブが最後なので、気持ち的には整理がついていて16日が来ても、だからどいうということもありません。
毎年暮れになると、代々木体育館あたりで安室ちゃんのライブを見ていたのでそれがもうないということでその頃になるとたぶん寂しく思うんだろうな。

安室ちゃんの音楽って僕にはちょっと特別で、というのも彼女の歌を聴いても他の人の音楽を聴くときに感じる心の揺れというか情動みたいなものがほとんどないんですよね。
言ってみれば完成されたフォルムを持ったスポーツカーを見てカッコイイ!と思うのと同じような感じで聴いてるような気がします。

日々ストリーミングでJ-POPも色々聴いてみるんですが、安室ちゃんのようなダンス・ポップっていっぱいあります。時には同じ製作陣でつくられたものあって、安室ちゃんの音楽が際立って個性的というわけではありません。だからといって他のダンスポップにも同様に僕が心奪われるかというと、全くそうじゃない。
それはやっぱり彼女の声。歌手としての魅力に惹きつけられているからに他ならないんでしょう。さっき彼女の歌を聴いても自分の情動が感じられないと言っといて矛盾してしまうんですが。

安室ちゃんについてはそのうちアルバム・レビューでもしながら自分でも検証してみたいと思っています。
明日はファイナル見るかなぁ。
nice!(0)  コメント(0) 

サイサイは修行が必要です [ポップ/ロック]

saisai19.jpg

本日リリースのサイレントサイレンのシングル「19 summer note.」。
これCDだとDVD付きが今年のツアーからのライブ2曲が収録されるということで、予約してたんだけど、iTunesで買うと違うライブ2曲が追加されるのと1週間前くらいに予約購入すると700円ってことで、それならってことでダウンロード購入しました。でもちょっと勘違いしててライブ2曲が追加されるんじゃなくてCDだと「カレイドスコープ」と「オドレモーション」なんだけど、ダウンロードだと「ジャストミート」と「フジヤマディスコ」になるってだけでした。要するにCDとダウンロード両方とも買わせようっていうショーバイだったわけ。
まぁいいや今回はダウンロードで良しとしよう。

その新曲「19 summer note.」はサイサイらしいパワーボップなサマー・アンセムで好調を維持。もう一曲の「天下一品のテーマ」はラーメン屋さんのCM曲で何度も聴くもんじゃない。

そしてライブ2曲。今年のツアーは横浜で見たわけですが、それは素晴らしいライブで感動したことはこのブログにも記しました。
でそのツアーからのライブなわけですが、はっきり言って音が悪い。なんだかブートレグなみの音質でイマドキこれはないよな。もう少し音のバランスとかミックスとか何とかならんならんかったか。
ついでにへたっぴだね。いやまぁそれは知ってましたけど。実際のライブだとそれほど気にならないというか気にしてませんでしたが、映像があったりするとまた違うんだけど、音だけだとまぁほんと下手だよなぁ。とにかくこのドラムのもたつきっぷりはもうなんだか。演奏のタイトさとか全然ないんだよな。ひなんちゅはとにかく練習しなさい。っていうか全員修行しなさい。本人たちはこの音を聴いてどう思ってんだろう。

でも聴いてるうちになんだか笑えてくる。
この2曲はツアーの本編ラストに演奏されるもので、やっぱり自分の見たライブを思い出したり、昔聴いたストーンズとかキンクスの初期のライブもこんなグシャグシャした感じだったような気もする。まぁもっと上手かったろうけど。

あまりにすっとこどっこいな演奏にほんと聴いてると笑えてくるんですよ。まぁロックなんだからこれくらいでいいかなんて思えてくるわけです。演奏能力は最低なのにエモーションだけはたっぷりあるっていう感じが。最高に輝いてるぜこいつらってね。

それでもそう何度も聴けないけどね。頭痛くなってくるから。
とりあえず君たち、もっと練習しなさい。
nice!(1)  コメント(2) 
前の10件 | 次の10件 ポップ/ロック ブログトップ