So-net無料ブログ作成

ジェラルド・ペレイラを歌う [ブラジル]

CANTAGERALDOPEREIRA.jpg
久しぶりだな。CDをPCに入れたら曲目も何も表示されないのって。
ヴェーリャ・グァルダ・ダ・マンゲイラ のグループとしては何枚目なのかな何しろカルトーラも在籍していた名門エスコーラだからな。

このアルバム、いまどきストリーミングもダウンロードさえも見つからない自主製作盤で、こういうサンバってブラジルの人たちにとってはわざわざCD買って聴くもんじゃないんだろうな。近所を歩けば聴こえてくるもんなんだろうから。

アルバム・タイトル「ジェラルド・ペレイラを歌う」というタイトル通りの伝統の担い手達が先達の曲を歌うっていう作品。でも僕はジェラルド・ペレイラをよく聴いたことないんだけどなぁ。と聴き始めると、一曲目から聴いたことある。どこで耳にしてるんだろう。もう少し勉強しないとな。メインで歌うはタンチーニョです。良い声してるよねこの人。そしてゲストにはネルソン・サルジェントやアルシオーネなどなど。

悪いわけない。
別に改めて説明の必要のないサンバです。素晴らしいです。朗らかで明朗な光に満ちていて。「まぁ人生いろいろあるけどさ。大丈夫大丈夫」と肩を叩かれてるような気になる。
毎度ちょっと泣けてくる。

古紙で作られているというデジパック型のCD。けっこう分厚い写真満載のブックレットもうれしい。みんないい顔してるよな。
ジャケの裏にはやたらとたくさんの企業ロゴ。多分いろんな会社の寄付とかで製作されてるんだろうな。そんなことがタンチーニョのソロ作に書いてあったな。もしかしたら本作もそんな風に企業の文化事業の一環として作られたのかもしれない。こんなCDをそんな風に作るなんて、良い国だなブラジルってさ。

サンバを愛する人は必携の一枚ですよ。
nice!(0)  コメント(0)