So-net無料ブログ作成

アンロック 陰謀のコード [映画]

unlock.jpg

どんなに手強い容疑者も必ず落とすCIAの敏腕尋問官アリス。バイオテロ計画の容疑者を尋問するも罠にはめられ、アメリカとイギリス両政府から追われる身に…。ハリウッド実力派スターの競演で放つ、予測不能のサスペンス・アクション。

マイケル・アプテッド監督:アンロック 陰謀のコード
ひさしぶりにこういうサスペンス・アクションを見たいせいか話の展開も早く楽しめた。味方かと思ったら敵だったみたいなのが多いので、勘が良い人には黒幕が誰かすぐわかっちゃうだろうけどね。
nice!(1)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2018.07.20 [Astral's AM Playlist]

Amber02.jpg
Amber Mark:Conexão - EP
昨年デビューの新人オルタナティブR&Bシンガーのシングル。微妙に引っ掛かりのある声が魅力的な歌声を持っている。そんな歌声が似ていなくもないシャーデーのカバーも魅力的。今後に期待。
nice!(0)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2018.07.19 [Astral's AM Playlist]

Gitayadana07.jpg
U San Tint & Pantra Sein Hla Myaing:Gita Yadana: Category 7 (Instrumental (Solo) Music, Vol. 1)
今日のAfter youで紹介されていたミャンマーの伝統曲1000プロジェクトのうちの一枚をさっそく聴いてみる。詳しくはそちらを。これはカテゴリー7としてインストゥルメンタルの曲を集めた作品集。4曲しか入ってないんですけど。前半の2曲がサウン、後半の2曲がサインワインによる演奏です。一聴してまずストリーミングでも音が良ーい。サウンのリズミカルにスウィングする涼やかな音色にすっかり気分良くなる。サインワインの伝統曲だろうに人懐っこい音色にも心和む。
ちなみに現在公開されている111曲はカテゴリー1~7なんですが、ストリーミングでは3~7は聴けるんですけど1と2は見つかりませんでした。CDBabyだと見つかったのでダウンロード購入しようかな。その2枚は歌ものが多いし、CDがないとわかってると他に選択肢がないしね。
nice!(0)  コメント(2) 

Apple Music Playlist 2018.07.18 [Astral's AM Playlist]

louieintro.jpg
Louie Ramirez:Introducing
65年作。一曲目からこれぞNYラテンという感じのシャープなノリが最高です。ソン・モントゥーノにボレロ、チャチャチャ。やっぱりサルサよりこういうラテンが好き。こういのをレコードでかけ流してひとり通ぶってみたい。
nice!(1)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2018.07.17 [Astral's AM Playlist]

Reggieyoung.jpg
Reggie Young:Forever Young
レジー・ヤングってあのレジー・ヤング?アメリカン・サウンド・スタジオの?ジャケみて目を疑ってしまいましたよ。齢81にしての初ソロ作だって。これ聴きながら幾多の名曲が胸に去来するのは私だけじゃないでしょう。いぶし銀とはこのことというギターワークがすんばらしい。歌うというよりは穏やかに語り掛ける。そんなギターフレーズは一言一言が含蓄ある百戦錬磨の老兵の言葉のよう。全編インストながら、最高のソウル・ミュージックです。そうサザン・ソウルですよ。それにしても一聴レイドバックしたように聴こえるのに、実は無駄なくシャープに切り込んでくるこの雄弁なギター。聴くたびに胸の内にするすると入り込んできて最後には泣かされてしまう。まいったなぁ。これも既に名盤。
nice!(0)  コメント(2) 

イサム・ノグチ ─ 彫刻から身体・庭へ@初台オペラシティ・アートギャラリー [イベント]

isamunoguchi.jpg

いやぁ毎日暑い。この先まだずっとこの暑さが続くんですけど・・・
今日は暑さを逃れてオペラシティへ「イサム・ノグチ ─ 彫刻から身体・庭へ」展を見に行ってきました。

名前は知っていてもよく良く知らなかったので、多岐にわたる表現活動がコンパクトにまとめられた展示を眺めながら、ひととき暑さを忘れてのんびりできました。
IMG_0552.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2018.07.15 [Astral's AM Playlist]

RoyBrown.jpg
Roy Brown:Masters of the Last Century: Best of Roy Brown
ベストととか言って7曲しかはいってない。ここにも収録の有名な「Good Rocking Tonight」しか知らなかった。けどスロー・ブルースも素晴らしい。12分に及ぶメドレーの「Medley: Losing Hand / Tin Pan Alley」が最高。
nice!(0)  コメント(4) 

Apple Music Playlist 2018.07.14 [Astral's AM Playlist]

jonalligator.jpg
Jon Cleary:Alligator Lips and Dirty Rice
昨日に引き続きジョン・クリアリーを。これは94年の初作。もうずっぽりニューオリンズ・ガンボ・ミュージックですね。イギリス人が憧れの地で大好きなニューオリンズ音楽に浸っている。でもこれだとあまり僕はそそられないんだよなぁ。これなら他にもいっぱいあるからね。やっぱり新作はニューオリンズが深いところに沁みついた上で自分の音楽を奏でている感じがある。20年かけてそうなったんだな。
nice!(1)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2018.07.13 [Astral's AM Playlist]

jondina-mite.jpg
Jon Cleary:Dyna-Mite
ニューオリンズものを聴きたいなと思ってたらタイミングよくリリースされたこの新作。ボニー・レイットのバンドのメンバーだし、ずっと前から知ってはいたけど本人のアルバムをちゃんと聴くのは初めて。イングリッシュマン・イン・ニューオリンズな音楽にそれほど興味をそそられなかったんですけど、ごめんなさい。ゴキゲンですよこれは。ピアノ・プレイだけでなくソングライターとして優れてるんですねこの人は。ボニーのアルバムにも曲を提供してたし、本作の「21st Century Gypsy Singing Lover Man」はタジ・マハールの曲として知ってましたが、タジとの共作曲だったのか。良い曲が揃ってます。名バイプレイヤーによる逸品。これはCD買ってヘビロテだな。
nice!(0)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2018.07.12 [Astral's AM Playlist]

Nat Birchall.jpg
Nat Birchall Meets Al Breadwinner:Sounds Almighty
イギリスのサックス奏者によるレゲエ・アルバム。普段は普通のジャズやってんのかな。もう一人は多分ダブ・ミキサーかな。こういうインスト・ダブ作品ってけっこう好きです。そんな聴いたことないけど。気持ち良し。
nice!(1)  コメント(0)