So-net無料ブログ作成

大きな風景を描く歌@渋谷WWW [イベント]

今夜はRIRIのリリース・パーティでした。
メジャー・デビュー作「RIRI」が先月リリースされたんですが、半分以上が既発の曲なので、気分的にあまりもりあがらず、それほど聴いてません。
でもリリース前にこのイベントのチケットの抽選に応募したら当たっちゃったんですよ。チケットも2800円と安かったし。

そんなわけであまり気分も乗らずに行ってきました。
若い男性歌手とラッパーのゲストがいて、多分最初に二人がやってその後RIRIが出てくるんだろうと思ったんですが、もしかしたら途中にゲストが入るってこともあるかと思って開演時間の7時には行ったんですが、案の定ゲストが1時間ほどやりました。これが辛かった。なんか学園祭に紛れ込んじゃったような。聴きたくもないもの聴かされるのは苦行でしたね。エルスール寄ればよかった。

途中でもう帰ろうかとさえ思ったんですが、がんばって乗り切り、8時半ごろにようやくRIRI登場。
でも一番後ろの壁にもたれて見てたのでステージはほとんど見えず。RIRIの姿は2-3回しか見えなかった。キーボードとギターのみのステージ。といってもキーボードがマニピュレーターも兼ねてるのかな。ちゃんとドラムやベースの音もなります。CDと同じ。

狭い会場の壁を突き抜けて大きな風景を描くようなRIRIの歌声は素晴らしかったです。声量がもう違う。歌手としてのポテンシャルはやはり破格ですね。
CDからはほとんどやったかな。1時間足らずのステージ。

見たくもない前座を見せられたせいで疲れちゃって、本編終わってすぐ出てきちゃいました。アンコールもやったと思うけど。なんか疲れちゃって。
次回はちゃんとしたコンサートで聴きたいな。

nice!(1)  コメント(2)