So-net無料ブログ作成

雑多な人種が行きかう街角 [R&B/JAZZ/etc]

Glitter Wolf.png

こういう感じ久しぶりだな。
アリソン・ミラーというドラマーなんだけど、初めて聴いた名前。
彼女が率いるAllison Miller’s Boom Tic Boomの4作目?かな「Glitter Wolf」。

一時期ニューヨークのダウンタウン派というかロフト・ジャズから連なるミュージシャン群を良く聴いていた。ヘンリー・スレッギルやマーティ・アーリックとかね。
そのアーリックとの作品もあるピアノのマイラ・メルフォードが参加していることから聴いてみたんだけど、ロフト・ジャズの伝統?に連なるアヴァンな雰囲気がプンプンします。

自身のドラムにベース、ピアノ、フロントはクラリネット、コルネットにヴァイオリンという一風変わったセクステット。

一曲目からやはりメルフォードのピアノが強烈に耳をひく。もちろんそれを申し分なくグルーヴさせるアリソンのドラミングも強烈。パワフルですな。
そしてクラリネットが戦前ジャズ~クレツマーの薫りを載せてくるかと思えば、ヴァイオリンはクラシックからブルーグラスまで。

アリソンの作曲能力も高く、大道芸っぽい雰囲気やどこかユーモアを漂わせたなんちゃってガムランやアフリカンな曲調はドン・チェリーを想起させる。なんちゃってというのはあくまでニューヨーカーな風情が漂うのが魅力的だから。
かつてのフリー・ジャズみたいに行ったきり?にならずにアンサンブルのまとまりを重視しているのが今な感じ。

なんか雑多な人種が行きかうニューヨークの街角に立っているような気分になる。
ブルーノートじゃなくピット・インが似合いそうな快作。来日しないかなぁ。
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

bunboni

この人は正統派ですよ。いわゆる新世代ジャズ・ドラマーとは違って、もっとオールド・スクール(?)でオーソドックスな4ビートをきっちり叩くタイプですね。山中千尋とも一緒にやっていたんじゃなかったっけ。
このアルバムは、コンポーザーとしてのアリソンの最高傑作になりましたね。
by bunboni (2019-03-14 22:27) 

Astral

bunboniさん

イマドキじゃないのにグイグイ引き込まれて、途中からこりゃすごい!とコーフンしちゃいました。結構キャリアのある人みたいですけど全然知りませんでした。もっと注目されていい人ですね。
by Astral (2019-03-14 22:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。