So-net無料ブログ作成

散り椿 [映画]

chiritubaki.jpg

藩の不正を訴え追放された新兵衛は病床の妻の最期の願いを聞く。それはかつての友で因縁の相手、采女を助けてほしいというものだった…。

木村大作監督:散り椿
葉室麟原作と言えば、直木賞受賞作を映画化した「蜩ノ記」は、登場人物の想いがしっかりと映像に焼き付けられていて良い映画だった。でもこれはダメ。この監督、黒澤明の撮影監督だかをやってたらしいが、初監督作「劔岳 点の記」も詰まんなかった。美しい映像もただ綺麗なだけで無味乾燥。人間がまったく描けてない。俳優は良いのになぁ。拙作。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。