So-net無料ブログ作成

年間ベスト2018[映画部門]   [雑記]

今年は24本しか映画を見ませんでしたけど、一応ベスト5を。

shigatu.jpg
1位 四月の永い夢
うつろう季節や物語のもつ感情を丁寧に紡いでいく若き中川龍太郎監督、そして主人公を瑞々しく演じた朝倉あきには今後も注目。

wind.jpg
2位 ウインド・リバー
思いもよらないラストはエンターテイメントとしても一級品。

kimino.jpg
3位 君の名前で僕を呼んで
こんなに感性の瑞々しさを描いた作品も稀。

katte.jpg
4位 勝手にふるえてろ
松岡茉優がキレッキレでした。

hanketu.jpg
5位 判決、ふたつの希望
難しい問題を扱いながらも重た過ぎずに流れるストーリーテリングに感心。

来年はもっと映画を見たいな。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。