So-net無料ブログ作成

感涙!オルランド・シルヴァBOX [ラテン]

IMG_0495.JPG

くぅ~~~感涙です。
オルランド・シルヴァ・ボックスですよ。
こういうのがあったらいいなぁと思ってたのが。あったんですねぇ。知りませんでしたよ。95年にリリースされてたとは。まぁ当時はオルランド・シルヴァなんて知らなかったわけですけど。
ひょんなことからこの箱の存在を知り、どうしても欲しくてあちこち探しまわった結果、Ebayで中古を見つけました。15ドル。安!送料が17ドルもかかったけど、それにしたって3500円くらいですから。

その名も「O Cantor Das Multidões - Orlando Silva - Gravacõdes Originais 1935 - 1942」。
全盛期の録音が3枚のCDに66曲詰め込まれています。正直届く前は僕が持っているレヴィヴェンド盤「O Cantor Das Multidos」Vol.1-3と全く同時期なので8-9割がたはかぶっちゃうだろうなと思ってました。でも詳細に見てみると半分くらいは聴いたことのない曲でした。
僕が初めてオルランド・シルヴァを聴いた「ジョアン・ジルベルトが愛したサンバ」に収録されていた「はじめての時」「十字架のもとで」も聴ける。さすが本家だけに音も良い気がする。

IMG_0498.JPG

ブックレットの最後に35-42年の間にRCAヴィクターに残した録音のコンプリート・ディスコグラフィーが載ってるんですが、それをみてようやくこの頃、彼がどれくらいの録音を残したのかがわかりました。150曲残してますね。7年で150曲だから1-2か月に1枚くらいリリースしてたってことになります。やっぱり売れっ子の大スターだったんだなぁ。

僕が聴いたことのあるのはそのうち、このボックスを含めて90曲くらいかな。この詳細なデータはうれしい。やっぱりピシンギーニャやナダメス・ニャターリが録音を取り仕切っていたこともわかったし、シルヴィオ・カルダスやフランシスコ・アルヴィスと写った写真もあるし、ほんと基本情報を全然知らなかったんですよね。このブックレットを解読しなきゃ。ようやく長年のって言うほどでもないけど、留飲が下がる思いです。とにかく聴いたことない曲をいっぱい聴けるのがうれしすぎる。

とりあえず一回通して聴いてみる。麗しい歌声に酔いまくり。特にCDだと3枚目の40年前後の録音の脂の乗りまくった歌唱はほんっと素晴らしいです。

nice!(0)  コメント(6) 

nice! 0

コメント 6

戸嶋 久

おぉ〜、こりゃ本気で羨ましいです。
by 戸嶋 久 (2018-02-10 23:07) 

Astral

としまさん

家宝です。
もう嬉しくて嬉しくて。

全然関係ないですけど、今月モザイクからテディ・ウィルソンの箱「Classic Brunswick & Columbia Teddy Wilson Sessions 1934-42」ってのが出ますね。値が張るので激しく悩んでいます。
by Astral (2018-02-10 23:36) 

戸嶋 久

おぉ〜、そのモザイクがリイシューするテディ・ウィルスンの箱は僕が買います。チェック漏れでした。情報サンクスです。
by 戸嶋 久 (2018-02-11 00:21) 

Astral

としまさん

もう待ちくたびれたくらいの箱でしょう?ビリー・ホリディとのセッションなどいくつか事情により省かれてるみたいですが、未発表20曲もあるみたいですし楽しみですね。
by Astral (2018-02-11 11:50) 

シャケ

以前、ボックスがあればと書かれてたシルヴァですね! いい買い物しましたねぇ、ぼくも好きなので欲しいな。
同じ優雅でも、同時代のキューバ歌手とはちょっと趣が違う気がします。じっくり聴いて下さいな!
by シャケ (2018-02-11 22:15) 

Astral

シャケさん

確かに同じラテンでもキューバの歌手とは違いますね。今まで比べて考えたことなかったな。そんな違いも感じながら末永く聴きたいと思います。

by Astral (2018-02-11 22:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。