So-net無料ブログ作成

長年培ってきた経験を糧に [アフリカ]

Kandongueiro Voador2017.jpg

パウロ・フローレスの昨年の「Bolo De Aniversario」に続く新作「Kandongueiro Voador」がリリースされた。前作は今年の初めに買ってから、週末ランニングのお供だったこともあってよく聴いた。
2013年作「O País Que Nasceu Meu Pai」も今年聴いたわけだし、参加作「QUINTAL DO SEMBA」もあったし、パウロ・フローレスとの出会いは今年一番のディスカバリーだったかもしれない。

前作から1年での新作ということからもわかるように、本作も本当に充実の傑作になってます。前々作「O País Que Nasceu Meu Pai」はジャケなどの印象から推し量っただけだけど、アンゴラの歴史を踏まえたコンセプトも感じる大作だった。前作「Bolo De Aniversario」は悠揚迫らぬセンバに自然と心も身体も高騰感を与えられるフィジカルに訴える傑作でした。

本作「Kandongueiro Voador」はその2枚の中間というか良いとこ取りなこれまた傑作です。アコースティックな哀愁漂う冒頭曲からジャケから伺える市井の人々への眼差し感じさせるセンバへ。
ラップ的な歌を聴かせる曲があったり、ラストのタイトル曲はエレクトロニックな音像も柔軟に取り入れながらも軸足であるセンバの伝統は揺るぎない。MOR的とも言えるようなメロウな曲にも真摯なメッセージを感じさせる歌のコクも素晴らしい。

ソングライターとして歌手としてパウロ・フローレスは長年培ってきた経験を糧に、現在音楽家として最高の状態にあるようだ。


残念ながらCDを待っていたら、いつになるかわからないのでダウンロード購入。もちろんスポティファイでも聴けます。
ちなみに前作「Bolo De Aniversario」はスポティファイでも聴けないし、iTunesなどでダウンロード販売もしていないのに、CDはアマゾンで買えたりするのが謎です。
ここ数年素晴らしい作品が多数リリースされているのにもかかわらずアンゴラのCDはどうも流通が悪くて困る。この新作もいつかエル・スールに入荷することを願います。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。