So-net無料ブログ作成

初夏の風薫る絶品クレオール・ジャズ [アフリカ]

Tropical Rain.jpg

昨夜訪れたエル・スールで思いがけず手渡されたのがこれ。
レユニオンのピアニスト、メディ・ジェルヴィルの新作「Tropical Rain」。HPにもまだのってないのに、こっちの趣味嗜好が完全に見透かされていますね。もちろんありがたく頂戴しましたよ。

今日所要で出かけた際に聴いていたんですが、これがまた初夏の風薫るこの季節にぴったりというか音楽自体から初夏の風が薫る立つ逸品でうれしくなっちゃった。最近ラテン・ジャズにもめぼしい収穫がなかったのでそういう意味でもうれしい。

帰宅してパーソネルを確認してみればベースのミシェル・アリボはトニー・シャスールのクレオール・ジャズ・バンドで弾いてた人だし、パーカッションはジョバンニ・イダルゴじゃん!これだけでテンションあがった。アレンジもしっかりしているし2日で録音したなんて信じられないな。

冒頭「AEROFEEL」イントロからして、これからの季節にピッタリなタイトル通り空中を舞うがごとき曲でこーれはいいアルバムだぁと思いましたよ。複雑な変拍子をそうと感じさせずスウィングさせるところが気持ちいいんだ。
3曲目は「POT POURRI MALOYA」のタイトルにもあるとおり自信のルーツ、マロヤのリズムもしっかり取り入れた曲でここでヴォーカルをとるのはランディゴのオリビエ・アラストだし、トランペットはランディ・ブレッカー。リオネル・ルエケってこんなにフュージョンっぽいギター弾くんだ。悪くない。

続く曲でバンドリンを弾くのはアミルトン・ジ・オランダかぁ。こんなに豪華なメンツをこの録音のためにわざわざレユニオンに呼んだんでしょうかね。

そしてなんといって良いのは主役のメディ・ジェルヴィルのピアノ。
粒立ち鮮やかで軽やかにスウィングする。やっぱりスウィングしなけりゃ意味がないもんね。こういう作品はリズムに耳がいきがちだけど、ピアノの音色がこんなに心地良く響く音楽も久々に聴いた気がする。
殆どの曲が自信のオリジナルで、その曲はレユニオンのルーツがしっかりと反映されている。
素晴らしくハイブリッドなクレオール・ジャズ作品。ライブが見たいな。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。