So-net無料ブログ作成

豊かなキャリアを香ばしく焼き上げたケーキ [アフリカ]

Bolo de Aniversario.jpg

アンゴラ音楽が素晴らしいと話題になってきたのは一昨年くらいか。でも全然ゲットできなかったのが、今年に入ってバタバタとうちにやって来た。来るときは来る。こういうもんかな。
エディ・トゥッサはもちろん素晴らしかったし、先日届いたばかりのネロ・カルバーリョ2枚も呆れるくらいの傑作だったし、先日思いがけずエル・スールで遭遇したユリ・ダ・クーニャも最高だった。

でも届いてから毎日聴いてるパウロ・フローレスの新作「Boli De Aniversario」を何はなくとも紹介しよう。
この人の音楽の基本はセンバ。アンゴラにはセンバ以外にもキゾンバという音楽がありますが、そこらの違いがよくわからなかったんだけど、センバは多様なポルトガル系ダンス・ミュージックの総称で、キゾンバはもっと最近の音も取り入れたポップ系と解釈してます。

パウロ・フローレスはルアンダで生まれ子供の頃はリスボンでも過ごしたという。今もリスボンを中心に活動しているようだ。88年デビューだから、もうベテランですね。
アンゴラの国家プロジェクトであった2003年の「キンタール・ド・センバ」のプロデュースを受け持ったのも彼だったし、アンゴラ音楽の中心人物なんでしょう。エディ・トゥッサやユリ・ダ・クーニャも尊敬しているようだし。

本作はエディ・トゥッサやネロ・カルバーリョのような様々な音楽性を披露するというよりは、自信のルーツであるセンバを時間をかけて熟成し、経験によって裏付けられた豊かさが美しい作品。
前作はアンゴラの歴史を俯瞰したようなコンセプトがあったのか、スケールの大きい作品だったけど、こちらはもっとシンプルで気さくなポップ作品に仕上がっている。

冒頭ルンバ・コンゴレーズともマンデ系ともラテン系とも異なりながら、そのどれとも通じるギターに導かれて始まるセンバ。この曲に限らずどの曲もクレオール・ミュージックらしい洗練と野卑が同居していて、そこがなんとも魅力的。身に纏った洋服の下の肌には土や潮の香りが染み付いているみたいな。
おっと6曲目こ・これは・・・ソン・モントゥーノ?スローな曲だけど、ボレロというよりは。アルセニオ・ロドリゲスのトレスを思い出すギターが素晴らしい。

先祖返りしたセンバ?のようなアフロ色濃いラストのアルバム・タイトル曲は直訳すると「誕生日ケーキ」。まさに本作は豊かなキャリアを香ばしく焼き上げたケーキです。
味はもちろん絶品。迷わずご賞味あれ。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。