So-net無料ブログ作成

重鎮健在のラテン・ジャズ2曲 [ラテン・ジャズ]

Doin' It in the Park.jpg

エディ・パルミエリが手掛けた映画(草バスケットボールのドキュメンタリー?)のサントラ「Eddie Palmieri Is Doin' It in the Park The EP」。

アマゾンで試聴したらEPなので11曲中7曲はSE(というか劇中の話声とか)の類で楽曲は4曲のみ。うち2曲はルンバ的なパーカッションだけの曲みたいなので、残りの2曲だけダウンロード購入。クーポンがあったのでしめて百円也。

「Coast to Coast」はロニー・キューバーのバリトン・サックスがブリブリっとハードに鳴り響く。でもそれより後半のルイス・キンテーロのティンバレス・ソロに悶絶。クラクラする~。ラテン・ジャズ・ファンは必聴!

もう一曲の「Locked In」はジョー・ロックのヴィブラフォンがクールにキメる中、パルミエリがピアノ弾きながら唸り吠える声がやかましい。パーカッションの三人も叩きまくるのでクールさを越えてゴリゴリ熱い!しかしほんとパルミエリのうなり声はうるせーなー。笑うよ。

重鎮健在のラテン・ジャズ2曲、おすすめです。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。