So-net無料ブログ作成

典雅なトルコ、古の都へ [ヨーロッパ]

Sam1.JPG

日曜日はエル・スールへ行った。
先月行ったばかりだから次は秋口にでもと思っていたんだけど。

というのも、100年前のペルー音楽を復刻したちょっとした話題盤(たぶん)、MONTES Y MANRIQUEの2枚組が入荷していて、Youtubeで検索したら何曲か出てきてすばらしかったから、ぜひとも早く聴きたいってわけで。

で、昼下がりに行ったら店内でも流れていて「うーん、いいなぁ」と思ってCD物色しながら聴いていたんだけど、曲の途中でかなりしゃべくり掛け合い漫才みたいなのがあって、ちょっとつらいかもと思い始めてしまったんですね。それを察したのか店長も「これ、ちょっときついですよねぇ」と。
もちろん音楽自体は素晴らしいし、貴重な音源なんですけど、しゃべくりがちょっと多すぎるかなぁ。何回も聴かないかなぁ。でも分厚いブックレットがついた重厚な装丁だったので、そのうち買おうかなぁ。同じペルーのニコメデス・サンタ・クルース 共々。まだ迷ってます。

そんなわけでモンテスとマンリーケを保留にして、せっかく来たのに何も買わずに帰るのもなんなので、あちこちの棚を物色していたわけですが、いまひとつ決め手にかけて、どうしたもんかと思っていたら、ちょうど郵便屋さんが届けてくれたブツの中から店長が「これ、はいりましたよ」と。
それがŞevval Samの新作。

レコオヤジさんが紹介していて、ジャケだけ知ってるだけだったんですがこれ幸いと購入。
2枚組だけど1枚の値段なんでお得です。でも2枚とも38分くらいだから1枚に入ると思うんだけど・・・。
コンセプト・アルバムなのかな。全編アコースティックで、今年はじめに聴いたアスルハン・エルキシと似てる。
年齢的にも同じくらいだと思う。
むこうが名家のお嬢さんのもって生まれた気品ある歌とするなら、こちらは厳しい稽古に耐えて身に着けた伝統歌という感じ。アスルハン・エルキシより甘さ控えめ、演出控えめで清清しいです。両者それぞれの良さがあります。毎度ありきたりだけど、聴いてるとやっぱり典雅なトルコ、古の都へ誘われてしまう。行ったこともないのに。

Sam2.JPG
nice!(0)  コメント(4) 

nice! 0

コメント 4

レコ・オヤジ

>いまひとつ決め手にかけて、どうしたもんかと思っていたら、ちょうど郵便屋さんが届けてくれたブツ

ナイスなタイミングですね。オイラもそれを狙って行ったのですが、はずれました。

>アスルハン・エルキシより甘さ控えめ、演出控えめで清清しいです。
いや~聴くの楽しみです。でも苦労人よりも名家のお嬢さんのほうがすきだからなぁ....
by レコ・オヤジ (2012-09-04 18:51) 

Astral

レコ・オヤジさん

ナイス・タイミングでお先にいかせていただきましたよ。
ここまで完成度高くなると、あとは好み次第ですね。

それはそうとどうやら噂の?カセ男さんとどうも接近遭遇していたみたいなんですが・・・
by Astral (2012-09-04 21:01) 

レコ・オヤジ

オイラよりも先にカセ男に遭遇とはAstralさん、強運の持ち主かもしれませんね。彼はいろんな力をくれますから。
by レコ・オヤジ (2012-09-04 21:08) 

Astral

レコ・オヤジさん

CD物色に夢中で、聞こえてきた店長との会話から察すると・・・という程度で顔も姿もほとんど覚えてないんですが・・・。
エル・スールのお客さんは、みんなワールド達人に見えて、いつも脇のほうで小さくなってしまうんですよ、僕は。
by Astral (2012-09-04 21:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。