So-net無料ブログ作成

最後に奏でられた壮健なる音楽 [クラシック]

Sanderling.jpg

先月9月18日にドイツの指揮者クルト・ザンデルリンクが98才でベルリンで逝去した。
99才になる誕生日の前日だったという。

僕がクラシックをちゃんと聴くようになった7〜8年前、最初に好きになった指揮者だった。
どんな曲を指揮しても、作為なく音楽を大きくうねらせていくところにすっかり魅せられた。
特にブルックナーの交響曲第7番が好きだった。というかそれほど多く聴いてるわけではないので。
クラシックを聴くようになって改めて自分の音楽の好みは結局ロックだろうがジャズだろうがワールド・ミュージックだろうが、同じなんだなぁとよーくわかった。

2002年5月19日のベルリン交響楽団との引退公演がCDで残されている。
演奏されたのは

ブラームス;ハイドンの主題による変奏曲
モーツァルト;ピアノ協奏曲第24番(ピアノ:内田光子)
シューマン;交響曲第4番

当時89才、でも音楽はのびのびと健やかで清冽。
写真をみるとザンデルリンクはかなり大柄な人みたいだけど、その体躯を大きく揺らしながら指揮している姿が目に浮かぶよう。半世紀以上音楽に人生を捧げてきて最後の指揮。
どれも胸の高鳴りが抑えられなくなるような名演だと思います。

Kurt Sanderling, 1912 - 2011. R.I.P.
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。