So-net無料ブログ作成
Astral's AM Playlist ブログトップ
前の10件 | -

Apple Music Playlist 2017.12.07 [Astral's AM Playlist]

N&W.jpg
Bill Withers : Naked & Warm
なぜか今までビル・ウィザースとは縁なきままきてしまった。76年作。冒頭「Cloese to Me」からして悶絶級にカッコイイ、ミディアム・ファンクで今ならマーヴィンやダニー・ハサウェイよりこちらも方が受けがいいんじゃないかとすら思う。10分を超す「City of the Angels」は圧巻。でもこのアルバム、ジャケで損してないかな。
nice!(0)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2017.12.06 [Astral's AM Playlist]

velhas.jpg
Leo Gandelman : Velhas Ideias Novas
スポティファイをうろうろして見つけたブラジルのサックス奏者の2015年盤。ジャケの雰囲気に惹かれて聴いてみれば、中身もとてもいい雰囲気。調べてみれば演奏されているのはノエル・ローザやカルトーラの曲。ショーロでサンバなブラジリアン・ジャズ。流麗なラインを辿るサックスの音色にほっこり温まる良作。こういうの持ってると何聴いていいかわからないとき重宝しそう。
nice!(0)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2017.11.29 [Astral's AM Playlist]

Homecoming.jpg
Benjamin Jephta Quintet : Homecoming
ジャケに惹かれて聴いてみたこのアルバムすごく良い。南アのベーシストをリーダーとするクインテット。ピアノは来日にしたこともあるカイル・シェパード。70年代のスピリチュアル・ジャズを彷彿とさせる。一曲目から9分と長尺で、ゴスペル的な高騰感がある。リズムや時折入る歌のおおらかなウネリが南アらしさか。線のぶっといジャズ。力作。

ThandiNtuli.jpg
Thandi Ntuli : The Offering
上のジャケと似た感じだなと思ったら、ベースが同じ人でした。こちらは女性ピアニストのリーダー作。上掲アルバムと似た感触があります。こちらも力作。ジャズが盛り上がってる割に南ア・ジャズはほとんど見向きもされないようなのは残念。
nice!(0)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2017.11.28 [Astral's AM Playlist]

hawk.jpg
Coleman Hawkins : The Classic Years
30年代後半かな。この頃の録音にはテディ・ウィルソンも参加してるとか。でも全くパーソネルもよくわからない。「Body And Soul」はこの人が演奏したことでスタンダードになったとさっき知った。豪放で男性的なトーンで吹く人とイメージだったけど、いやいやそれだけじゃない。メロウで豊かな音色にも酔えます。
nice!(0)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2017.11.26 [Astral's AM Playlist]

sesionnos.jpg
Maria Creuza: Sessão Nostalgia
74年作。艶っぽいマリアの歌声が麗しい。タイトル曲のストリングスとジャジーなギターがお洒落。これ未CD化とか。今年はマリア・クレウザやアルシオーネをレコードで、先日買ったイヴォニ・ララはCDだったけどとっくに廃盤で、好みのブラジル音楽はどうも最近の流行とはほど遠いみたいだな。またレコード探すか。
nice!(0)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2017.11.25 [Astral's AM Playlist]

elm.jpg
Richard Beirach : Elm
最近ようやくECMもスポティファイで聴けるようになった。基本あまり好みのレーベルではないですけど、名作も多いですから、聴いてみたいと思っていたものも多かった。このリッチー・バイラークもそう。ECMを愛する人は基本こういうピアノ・トリオとかが好きなんでしょうね。リリカルで美しい。こういう音楽が聴くたくなったときに持っていると便利かなぁと思いつつ、そういう瞬間は年に1回あるかどうかと思えばスポティファイでこうして聴けばいいのか。
nice!(0)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2017.11.24 [Astral's AM Playlist]

litmassage.jpg
Curtis Mayfield : Love Is The Place
あぁこんなに良いアルバムだったかぁ。今まで聴かなかいでいたなんて大失敗。一曲目を聴いただけで思いました。社会派なカーティスだけじゃなく、こんなスウィートなカーティスも良い。いつもスウィートでメロウな曲もあったけど、本作は全編そんな感じ。今はこういうのが肌に合う。
nice!(0)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2017.11.20 [Astral's AM Playlist]

Bebalee.jpg
Fairuz : Bebalee
ファイルーズのブルーノートからの新作。いきなり「蛍の光」が始まり、続いて「イマジン」。なんだかなぁ。以降も聴いたことのあるメロディがいっぱい。なんか安っぽい。たゆたうようなファイルーズの歌に文句はないけど、凡庸な選曲となんの工夫もないお手軽なジャズ・アレンジが退屈。前作「EH FI AMAL」があまりに素晴らしかっただけに。今年一番のがっかり作。
nice!(0)  コメント(8) 

Apple Music Playlist 2017.11.10 [Astral's AM Playlist]

NOW.jpg
Maxwell : NOW
そんなわけでマイプチブームのマックスウェルを聴いてます。1stしか持ってないんだよね。昨夜2ndと3rdを聴いたんですが、「エンブリア」はちょっといきなり詩の朗読みたいな曲があったり、最後はなんだか環境音楽っぽくなったり、アーティスティックすぎて聴いててちょっとダレた。この「NOW」のほうが気に入ったな。フィジカルに訴えてくる曲が多いからかな。とにかく冒頭の「Get to Know Ya」が好みです。この一曲のためにCD買おっと。ホーンがいいんだよ。
でもなんだかんだ1stが一番良い?

nice!(1)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2017.10.31 [Astral's AM Playlist]

Cfaces.jpg
Cahnging Faces : Cahnging Faces
R&Bを熱心に聴いていたとは言い難いのでこのデュオのことは名前も知らなかった。94年初作。90年代ってほんとガール・グループ花盛りで、クオリティも高かったんだなぁと思い知る。冒頭2曲のR/ケリー・ナンバーも良いが、ミディアム・グルーヴ曲が好み。90年代R&Bの優れた見本のような秀作。ブックオフで探そう。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - Astral's AM Playlist ブログトップ