So-net無料ブログ作成
ヨーロッパ ブログトップ

終わりは新しい始まり [ヨーロッパ]

FITXADO.jpg

ポルトガルのアフロピアン、サラ・タヴァレスの8年ぶりの新作「FITXADO」が素晴らしい。
本作を聴いてすぐに気に入ったというか強く惹かれたんだけど、日本でもリリースされた前作「Xinti」すら僕は聴いたことがなかったんですよ。いや少しはYoutubeあたりで聴いたかもしれないけど。

だからこのジャケを見てあれ?こんな逞しい感じの人だったっけ?と思った。
もっとかわいらしいお嬢さんって印象があったから、実際以前のアルバムのジャケを見ると笑顔が可愛らしい感じだったし、音楽の方も春のそよ風のようなアコースティックで愛らしい音楽だった。そりゃもういい年になって苦い恋のひとつふたつありましたって感じかななんて思ったんだけど。

でも彼女の身に起こったことは苦い恋どころの話じゃなかったようだ。
彼女は前作発表後に脳腫瘍の手術を受けたという。脳腫瘍ともなると当然、死や人生といったことを深く考えざるを得なかったろう。本作発表までに8年もかかったのはそういう訳だ。

冒頭クールなリズム・トラックの「Intro - Onda de Som」が次曲「Só Sabi」にそのまま繋がっていく。以前のアコースティックでオーガニックな音楽性にエレクトロニクスやプログラミングも取り入れよりコンテンポラリーに仕上げたバック・トラックが印象的。

でも何より惹きつけられるのは彼女の声。
以前のような明るく朗らかなだけでない、憂いを宿した彼女の声。
とはいえ別に暗いというわけじゃない。ままならない人生を受け入れて生きていくしかない。諦念というかな。そんなものが緩やかなグルーヴの中で揺れている。

所謂アフロ・ポップっていうんじゃないけど、やはりカーボ・ヴェルデ移民2世ということは彼女のアイデンティティの大きな部分を占めるんだろう。70年代のソウル・ミュージックやルーツ・レゲエに通じるようなスピリチュアルな雰囲気もある。リズムなどにはそういった音楽がつづれ織りのように組み合わされて彼女の歌声を後ろ盾する。ここにあるのは広義の意味でのソウル・ミュージックだ。アフロピアン・ソウル。
同じくリスボンを拠点に活動するパウロ・フローレスとは接点も多いのだろう。彼を迎えた最後の「Flutuar」はセンバでもモルナでもなくアフロビートだったりするのが面白い。これがまたカッコいいんだよ。

タイトルはクレオール語で「閉じる」という意味のようだ。終わりは新しい始まり。そんな思いを込めたという。
それにふさわしい新たなサラ・タヴァレス。その歌声はしなやかに美しい。


本作もパウロ・フローレス同様、スポティファイで聴いてビビビッときてソッコーでダウンロード購入。でもポルトガルSONYからのリリースだから、CDも近いうち日本にも入ってくるんじゃないかな。
nice!(0)  コメント(2) 

弦楽アンサンブルが描く地図 [ヨーロッパ]

fotini-darra.jpg

久しぶりに購入したギリシャ音楽のアルバム。
フォティニ・ダーラの2012年作「Louloudi Sti Fotia」。こういう正統派ライカを聴いたの自体久しぶりだった。
数年前のハリスとダラーラスの作品はライカといよりはロック的な作品だったから。

普段はポップ的な作風でやっている人らしんだけど、これは正調ライカ。
ブズーキやバグラマーなどギリシャの伝統楽器中心の弦楽アンサンブルが運んでくるエーゲ海的叙情が美しい。そんな演奏にのる彼女の声はずば抜けた歌唱力があるわけじゃないが、端正な趣が収まるべきところに収まった歌というんですかね。中庸の良さがあります。好みです。

改めてこういう弦楽アンサンブルが描く地図に思いを馳せてしまう。お隣のトルコでも鍵盤楽器を使いませんね。ポルトガルのファドも弦楽器中心のはずだし、フラメンコも。地中海周辺の国の音楽というのは弦楽器によるアンサンブルが中心になってますよね。
あと変拍子の曲もヨーロッパの伝統曲などに多いのはなぜなんでしょうね。
時々入るホーンはバルカン・ブラスとか思い出させる。僕の穴だらけの浅い知識ではあれこれ思い描くくらいしかできませんが、エーゲ海の遠くアフリカの地やトルコの向こうアラビアの世界なども思い浮かべながら聴いている。

ギリシャのCDを買うとちょっと残念なのが、ギリシャ語表記しかないと曲名も読めないからタイトルから歌詞の内容を想像することもできない。少しは何を歌っているか知りたいんですよね。ジャケットには大きく作詞家と作曲家の名前が記されていて、ギリシャではこういうふうに一つのアルバムで同じ作家の曲を歌うというのがよくあるみたいだけど、それなら尚のこと歌っている内容というか、ギリシャ語の詩の嗜みくらい持っているとまた違う聴き方ができる気もする。先日のジャミーラ・アブ・バカルもそうですけど。



せっかく美しい人なのに写真はジャケの一枚のみ。裏ジャケは作曲家のむさいオヤジの写真。あんまりだ。かわりに見目麗しい写真を貼っておこう。
fotini01.jpg
fotini02.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

オクシタニア民謡ハイブリッド [ヨーロッパ]

LES VIVANTS.jpg

デュパンの新作「Sorga」は最近のヘビロテの一角を担っているのだが、実のところデュパンを聴いたのはこれが初めてなのだった。
名前は知っていたのだけど、オクシタニアの音楽にあまり興味がなかったので、10年前の評価の高かった前作もとりたてて聴いてみようとも思わなかった。
何しろ僕はオクシタニアのもうひとつの雄マッシリア・サウンド・システムがさっぱりだったので。ちょっと聴いてみてもレゲエ・・・。以外の感想が持てなかった。ジャマイカ産のレゲエもろくに聴いてないのに、なんでフランスのレゲエを聴かなきゃならないんだ。なんて思ってたわけで。まぁようするにまったくわかってない奴だったわけで。今もってわかってない。

でもデュパンの新作は気に入ってしまった。レゲエじゃないし。
そんなわけで前作「Les Vivants」も遅まきながら購入しました。
これもいいです。
新作と比べるとレゲエというかダブ的というかもう少しいろんな音楽の要素が感じられる。でもマッシリアみたいにレゲエそのままという感じじゃないし、自分たちの音楽=オクシタニアの音楽に引き寄せられているのがいい。オクシタニア民謡ハイブリッド?そもそもオクシタニアの音楽がどういうものかわかってないのだけど。
でもこのカッコよさはだれにでもわかると思う。

門外漢過ぎて音楽全体をまったく把握できないけど、サム・カルピエニアの声はやはり聴きての耳を引きつけてやまないものがある。歌を聴くにおいてやはり声が魅力的というのは何よりも強い。
新作ともども咀嚼するのに今年いっぱいはかかりそう。
それだけ魅力的な音楽ということです。
nice!(0)  コメント(0) 

オクシタニアの地霊を呼び覚ます声もしくは神秘主義的降霊式 [ヨーロッパ]

SORGA.jpg

風に何かが揺れている。いやその揺れている何かがこだましているのだろうか。ヴィエル・ア・ルーの奇妙な音色が鳴り響くなか、サム・カルピエニアのまるでオクシタニアの地霊を呼び覚ますかのような声が聴こえてくる。
フランスのバンド、デュパンの10年ぶりの新作「SORGA」はどことも知れぬ辻道に、もしくは神秘主義的降霊式に聴き手を誘うように始まる。

ジャズ・インプロ畑出身のドラマーのフランソワ・ロッシとコントラバス奏者エマニュエル・レモンが叩き出す冷徹なリズムに、サムのマンドールにピエロー・ベルトリノの弾くヴィエル・ア・ルーとギュルヴァン・ル・ガックのフルートが彩りを添えるというより、キャンバスをひたすら黒く塗りつぶしていくかのように演奏は一点に向けて全てを収束していく。振り払うものが何もなくなるまで。
サム・カルピエニアの声はゆったりと歌いながらも常に叫びをというか雄叫びのように聴こえる。市井の人々の哀歓を束ねたような声。

歌詞はマクサンス・ベルナイム・ド・ヴィリエという詩人の詩で、サムが古本屋でみつけたという詩集からインスピレーションを得て本作は制作されたという。ブックレットにはオック語・フランス語・英語でその詩が綴られいているけれど、それは特定のイメージを喚起するのを拒否するように、奇妙な言葉遊びのようにもシュールレアリスム絵画のようにも読める。
「沸泉、水源」という意味だというアルバム・タイトル。
サム・カルピエニアはその源泉を口にしたのだろうか。全てをその源泉に持ち帰ろうとしているのだろうか。
ほかの誰にも真似できない方法で、それをなそうとしている。
傑作。



ジャケもブックレットも既に名盤の風格を備えている。
SORGA02.JPG

本作に関してもっと優良な文章を読みたければ「カストール爺の生活と意見」をどうぞ。素晴らしいライナーノーツです。
nice!(0)  コメント(0) 

哀切なディアスポラの歌 [ヨーロッパ]

Mor Karbasi.jpg

ウィキペディアによると「ディアスポラのユダヤ人の内、主にスペイン・ポルトガルまたはイタリア、トルコなどの南欧諸国に15世紀前後に定住した者」をセファルディ/セファルディムと呼ぶという。

イスラエル出身でロンドンで活動する女性歌手モル・カルバシが「La Tsadika」で歌うのは、自作の数曲を除けばそのセファルディに古くから伝わる歌のようだ。クレジットには「Traditional Sephardic from Morocco」とあるけど、モロッコにもにもセファルディは住んでいたのだろう。

言葉はどうもほとんどがスペイン語で歌われているみたいなんだけど。よくわからない。
音楽的にはスパニッシュ的というか、曲によってはフラメンコによく似た雰囲気。
ブックレットには彼女が母親から聞いた「人は二つの故郷をもっている」という話が綴られていて、彼女自身もその真意を測りかねているとライナーに記されている。

哀切なメロディがエモーショナルな声でつづられていく。時に歌いすぎるきらいがなくもないけど、そのエモーショナルさが聴き手の胸に深く楔を打ち込んでいくのも確か。それはディアスポラであるユダヤの民の哀しみによるものだろうか。聴いてて様々な想いが浮かぶ歌ですね。


ついでに目力のあるすごい美人なんです。
mol.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

典雅なトルコ、古の都へ [ヨーロッパ]

Sam1.JPG

日曜日はエル・スールへ行った。
先月行ったばかりだから次は秋口にでもと思っていたんだけど。

というのも、100年前のペルー音楽を復刻したちょっとした話題盤(たぶん)、MONTES Y MANRIQUEの2枚組が入荷していて、Youtubeで検索したら何曲か出てきてすばらしかったから、ぜひとも早く聴きたいってわけで。

で、昼下がりに行ったら店内でも流れていて「うーん、いいなぁ」と思ってCD物色しながら聴いていたんだけど、曲の途中でかなりしゃべくり掛け合い漫才みたいなのがあって、ちょっとつらいかもと思い始めてしまったんですね。それを察したのか店長も「これ、ちょっときついですよねぇ」と。
もちろん音楽自体は素晴らしいし、貴重な音源なんですけど、しゃべくりがちょっと多すぎるかなぁ。何回も聴かないかなぁ。でも分厚いブックレットがついた重厚な装丁だったので、そのうち買おうかなぁ。同じペルーのニコメデス・サンタ・クルース 共々。まだ迷ってます。

そんなわけでモンテスとマンリーケを保留にして、せっかく来たのに何も買わずに帰るのもなんなので、あちこちの棚を物色していたわけですが、いまひとつ決め手にかけて、どうしたもんかと思っていたら、ちょうど郵便屋さんが届けてくれたブツの中から店長が「これ、はいりましたよ」と。
それがŞevval Samの新作。

レコオヤジさんが紹介していて、ジャケだけ知ってるだけだったんですがこれ幸いと購入。
2枚組だけど1枚の値段なんでお得です。でも2枚とも38分くらいだから1枚に入ると思うんだけど・・・。
コンセプト・アルバムなのかな。全編アコースティックで、今年はじめに聴いたアスルハン・エルキシと似てる。
年齢的にも同じくらいだと思う。
むこうが名家のお嬢さんのもって生まれた気品ある歌とするなら、こちらは厳しい稽古に耐えて身に着けた伝統歌という感じ。アスルハン・エルキシより甘さ控えめ、演出控えめで清清しいです。両者それぞれの良さがあります。毎度ありきたりだけど、聴いてるとやっぱり典雅なトルコ、古の都へ誘われてしまう。行ったこともないのに。

Sam2.JPG
nice!(0)  コメント(4) 

声に出して歌うための歌 [ヨーロッパ]

cruz1.JPG

スペインはバルセロナ出身のシンガー・ソングライターという以外は何もしらない、シルヴィア・ペレス・クルースの12年作。
基本ギターの弾き語り風なんだけど、室内楽的なストリングスやブラスなどがそよ風のように歌を彩る。
彼女の歌は清涼感がありながらも、スペイン的?な熱い情熱を感じさせる芯の強さが印象的。
時にボサノヴァっぽかったり、ファドっぽかったり。
物語る歌という感じじゃなくて、声に出して歌うための歌というか、上手くいえないけど。
シンガー・ソングライターにありがちな独白的な響きがないせいか、外でセミがなく暑い夏にもよく似合います。ガットギターの音も涼しげだし。
聞き終わった後は、ただ彼女の声が耳に残る。
録音もリビングや軒下?で聴かされてるみたいな感じ。
http://www.youtube.com/watch?v=BIjbYs-ZpRA&feature=related

ブックレットが素敵です。

cruz2.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
ヨーロッパ ブログトップ