So-net無料ブログ作成
Today's choice ブログトップ
前の10件 | -

Today's choice 2017.11.27 [Today's choice]

Maysa N.4.jpg
MAYSA : CONVITE PARA OUVIR MAYSA NO.4
「マイーザの世界への招待状」って感じのタイトルによるシリーズの4枚目。デビュー作は56年で本作は59年の通算5作目。この頃はまだ前時代的なサンバ・カンソーンって感じで、この後になるとボサノバの時代の到来を感じさせる音になっていく。どっちがいいかと言えばもちろんどちらも良いですよ。豪奢なストリングスに彩られた歌はいつかあったかもしれない遠い日の記憶のように流れていく。ほんのり苦い痛みを残して。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017.11.15 [Today's choice]

nayyara-sings-faiz.jpg
Nayyara Noor : Nayyara Sings Faiz
このCD買ったのはもう7-8年前になるのかな。ひさしぶりに引っ張り出してきた。驚いたのはスポティファイにもジャケは違うけどあったこと。それを見ると76年の作品だった。最近の作品だと思ってたからびっくりした。要は名盤の復刻を手にしたってことなんでしょう。パキスタンのガザル歌手ですけど、ガザルを良く知らないもんで。滔々と流れる歴史の中で育まれた詩を吟じる歌のように聞こえます。スポティファイで他のも聴いてみよう。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017.11.06 [Today's choice]

SUITE CHIC.jpg
SUITE CHIC : WHEN POP HITS THE FAN
R&B~ヒップホップ系のプロデューサーが安室ちゃんをヴォーカルに迎えて制作した2003年作。本作をきっかけに一気にR&B系に突き進んでいった安室ちゃんにとってもターニングポイント的作品。エッジの効いたクールなバック・トラックを自在に乗りこなす安室ちゃんがカッコいい。アルバム1枚ここまでR&B~ヒップホップずっぽりな安室ちゃんは他では聴けないので貴重。CCCDでのリリースが時代だ。普通のCDで出しなおして欲しい名盤。

nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017.11.01 [Today's choice]

Hot Lips Page.jpg
Hot Lips Page : Hot Lips Page Band
新宿のディスクユニオンのジャズ館は、今年の初めくらいまでは戦前ジャズがいっぱい置いてあったんだけど、今ではトラディショナルの棚がすっかり小さくなってしまってがっかり。仏クラシックス盤とか全然見当たらない。アマゾンだとプレミアついちゃって高すぎるんだもん。このホット・リップス・ペイジも見つからないので、アマゾンで違う編集盤を購入。でもこれにも大好きな「Harlem Rhumbain' The Blues」が入ってるので良しとする。比喩でなくトランペットを肉声のように響かせ、音楽全体に感じられる雑味=グルーヴが楽しい。「I Ain't Got Nobody」とかめちゃお洒落。ジャイヴィーな歌も粋。
nice!(0)  コメント(2) 

Today's choice 2017.10.24 [Today's choice]

Ratu.jpg
Sheila Majid : Ratu
秋の夜長は女性ヴォーカルがよく似合う。今夜はシーラ・マジッドを。代表作の「レジェンダ」よりもこっちのほうが好き。マレーシア云々関係ないポップス。というかこの音のハイブリッドさはすごいな。まさにワールド・ミュージックって感じ。久しぶりの新作が出たのは今年だっけ?聴きたくなってきた。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017.10.23 [Today's choice]

afram.jpg
Angham : Ahlam Barya
秋になったのでしっとりとしたアラブ歌謡の新譜でも欲しいなぁと思ってるところ。とりあえずナンシー・アジュラムでも聴こうとしたら見つからない。そんわけで今夜はアンガームを。しなだれかかるような歌にずるずると惹きこまれる。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017.10.20 [Today's choice]

lee yes.jpg
Lee Dorsey : YES WE CAN
最近雨ばっかり。週末も台風接近で雨らしく明日走れるといいんだけど。今夜はリー・ドーシーを聴いてます。僕の持ってるのはオリジナルとは曲順が違うとか。これでしか聴いたことないから違和感も何もないのだけれど。何度聞いても冒頭のタイトル曲からリズムのマジックを感じる。JBを聴くとき同様聴いてるうちにけむに巻かれるばかり。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017.10.13 [Today's choice]

Crossroads.jpg
Jerry Gonzales and The Fort Apach Band : Crossroads
いきなり寒くなったな。昨日は夏みたいだったのに。寒い。今夜はジェリー・ゴンザレスを聴いてます。94年作。ジョン・スタブルフィールドもスティーブ・べリオスももういない。もうアパッチ・バンドでは活動しないんだろうか。それはともかく、ここでも比較的短めの曲を中心にラテンと新主流派ジャズの最高にクールな出会いを聴かせてくれます。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017.10.05 [Today's choice]

10Road.jpg
James Taylor : October Road
昨日あたりから急に気温が下がってすっかり秋っぽくなりました。10月になったので今夜は毎年この時期になると取り出すこれを。磨き上げられた玉のような楽曲に見事なアレンジと演奏。そして銀色の声。熱心なファンでない身にはジェイムスはこれ1枚あればよい。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017.10.02 [Today's choice]

IMG_0457.JPG
V.A : パームワイン・ミュージック・オブ・ガーナ
今夜は昨日届いたこれを聴いてます。昨夜は1枚目を聴いたので今日は2枚目を。パームワイン・ミュージックって今までまともに聴いたことなかった。S.E.ロジーさえちょろっと聴いたくらいだったから。中村とうようさんに捧げられていることもあって、その編集には「RCAブルースの古典」を思わす佇まいを感じます。もっと何度も聴いてからちゃんとした感想を記したい。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - Today's choice ブログトップ