So-net無料ブログ作成
検索選択
Today's choice ブログトップ
前の10件 | -

Today's choice 2017.05.24 [Today's choice]

SORO.jpg
Salif Keita : SORO
Ko-Yanを聴き始めてひさしくSOROを聴いてなかったなと思い今夜はこっちを。ユッスーの「ネルソン・マンデーラ」が先だったかこっちの方が先だったか思い出せないけど、ワールド・ミュージックというものに初めて触れたのがこのアルバムだったかもしれない。アフリカ音楽なんてろくに聴いたことなかったもなかったけど、このカッコよささは直ぐにわかった。今聴いてもカッコイイ。あらためて名盤。88年かぁ。秋葉原の石丸で買ったんだよなぁ・・・
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017.05.22 [Today's choice]

IMG_0384.JPG
Elmore James : One Way Out
今夜はエルモア・ジェイムスをレコードで。イギリスのCharlyからリリースされたベスト盤。「The Sky Is Crying」や「Dust My Broom」とか代表曲が入ってるから買ったんだと思う。初めて聴いたときはやっぱりこのスライドに度肝抜かれたよなぁ。それにエルモアの声も好きだったんだよな。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017.05.18  [Today's choice]

Strip to the Bone.jpg
Sly & Robbie : Drum & Bass Strip To The Bone By Howie B
スライ&ロビーはこれしか持っていないというのは邪道かもしれないけど、レゲエにそれほど修身してない者としてはこのアルバムが好き。クラブ・ミュージックとして聴いてるわけですが、別にホウィーBにも思い入れはない。時々思い出したように聴きたくなる。このダブ風味の音響とグルーヴが妙に心地いいのです。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017.05.18 [Today's choice]

IMG_0383.JPG
Curtis Mayfield : Back To The World
今夜はカーティスのこの名盤を。僕が持っているのはカートムのオリジナル盤だけど、中古でなくて普通に新譜として売っていたのを買った。90年前後のことだから当時もちょっと不思議だなと思った。同じ頃買った「~America Today」はイチバンからの再発盤だったから。
A面最後の「Right On For Darkness」が好き。ギター・カッティングだけをバックに歌い始めるイントロといい、リズムが入ってからのストリングスの絡みもスリリング。アウトロのストリングスだけが残るところもすごい。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017.05.12 [Today's choice]

Adalberto Alvarez.jpg
Adalberto Alvarez y su Son : Grandes Exitos
ほぼ戦前のビンテージものばかりという、我が家のキューバ音楽コレクションの中では、これでも最近のうちに入るアダルベルト・アルバレス。初期のアダルベルトのアルバムって一時期CDではなかなか入手困難だった。今はどうか知らないけど。仕方なく入手したのがこのベスト2枚組。84-95年までの選曲。ティンバとかになるとよくわかりませんが、これなら安心して身を任せられる。今夜は1枚目の80年代の曲を楽しんでます。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017.05.09 [Today's choice]

IMG_0350.JPG
MAGIC SAM: West Side Soul
この定番もレコードなんですなひさしぶりに取り出して盤面が新品並みにきれいなのに驚く。このレコードを買ったばかりの頃はプレーヤーを持ってなくてずっと録音したカセットで聴いてたからかな。
モダン・ブルースはこれ1枚あればいいかなと思ってしまう名盤。この歌の節回しといいギターのジョキーン!とう音色といい今もってこんなに新しい。あぁもう「I Feel So Good(I Wanna Boogie)」のスピード感。シビれる。このジャケも最高。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017.05.06 [Today's choice]

今年のGWは好天に恵まれてますね。っていうか暑い!
午前中に走ったら、一昨日も走ったんだけど、暑すぎて10キロでやめました。
これから暑い日は夕方走ろうかなぁ。

レコード聴くのが楽しい。
しばらく聴いてなかったのがいっぱいあるからね。
昨夜はフランコも聴いたんだけど、その感想はまた別枠でするとして今日も色々聴きました。

IMG_0341.JPG
Van Morrison : Keep Me Singing
昨年のベストにも選出しましたが、レコードでも買ったんですよね。
これはCDで何回も聴いているせいか、レコードとの音の違いがはっきりわかります。
中低音域の迫力が違うんですよね。ベース音がより生々しい迫力があって。昨夜遅くに聴いたときは低音が響くのでかなり音量を抑えなきゃならなかった。全体的にもまろみのある音になっていていいわぁ。あらためて名盤だとの思いを新たに。

IMG_0342.JPG
ボブ・ディラン : メランコリームード
友人からもらったディランのEP。音楽が音楽だけにレコードで聴くとより粋な気分を味わえる。新作はまだ買ってないけど、先日渋谷のレコファンでレコードが置いてあった。買うならレコードもありか?そんな音楽だし。

IMG_0343.JPG
Sonny Boy Williamson : Down And Out Blues
そういやこのレコードを買ったばかりの頃はジャケに写っているホームレスがサニー・ボーイ本人だと思ってた。アハハ。いやマジで。ブルースはいまだにこういうのを時折引っ張り出して聴けばそれで満たされる。

IMG_0345.JPG
エルザ・ソアーレス : 人生の軌跡
これも昨年のベストにも選んだエルザ・ソアーレス。ヤフオクで安かったのでレコードでも買ったのでした。タペカール・オリジナルではないけど、レコードで聴く味わいもまた格別。

IMG_0346.JPG
The Rascals : See
ラスカルズは初期のアルバム以外はなぜかなかなかCD化されず、あれはなぜだったんだろう。CD化されたのは00年代を過ぎてからだったと思う。メンバーが仲違いしたこともあって契約問題とかあったのかな。そんなわけで中古レコードを買い集めたものでした。
ジャケのマグリットの絵が印象的な69年作。グッと音楽性を広げていった頃だけど、スタイルだけじゃないソウルは熱いまま。ナイト・ブラザーズのカバー「Temptation's 'bout To Get Me」に胸震わせたもんです。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017.05.01 [Today's choice]

Baobab.jpg
Orchestra Baobab : LA BELLE EPOQUE VOLUME 2 1973-1976
最近のランニングのお供はオーケストラ・バオバブの新作なんですが、今夜は往年の録音集を。新作で再演している曲もある。アブドゥレイ・ンバウプの粘っこい歌声やバルテルミ・アティッソの煌くギターはじめ聴きどころ満載。今も昔もバオバブは良いですな。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017-04-20 [Today's choice]

giulini ravel.jpg
Carlo Maria Giulini : Ravel, Ma Mère l'Oye
ジュリーニがロイヤル・コンセルトヘボウとやったラベルの「マ・メール・ロア」が昔から大好きで時折思い出したように聴く。共に収録されているドボルザークの方はほとんど聴いてない。メロディがよく歌い、色彩豊かな曲をファンタジックに演出。うっとり。20分に満たない組曲ながら最後の「妖精の森」が終わった後の充足感は格別。
nice!(1)  コメント(0) 

Today's choice 2017-04-20 [Today's choice]

FRIGHT TRAIN BOOGIE.jpg
The Delmore Brothers : FRIGHT TRAIN BOOGIE
今夜はデルモア・ブラザーズを。ザ・バンドもカバーした冒頭の「Blues Stay Away From Me」や続くタイトル曲でのドライブ感あふれるギターがカッコイイ。このグルーヴには今も体を揺さぶられる。このCD音いいな。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - Today's choice ブログトップ