So-net無料ブログ作成
検索選択
Today's choice ブログトップ
前の10件 | -

Today's choice 2017-04-20 [Today's choice]

giulini ravel.jpg
Carlo Maria Giulini : Ravel, Ma Mère l'Oye
ジュリーニがロイヤル・コンセルトヘボウとやったラベルの「マ・メール・ロア」が昔から大好きで時折思い出したように聴く。共に収録されているドボルザークの方はほとんど聴いてない。メロディがよく歌い、色彩豊かな曲をファンタジックに演出。うっとり。20分に満たない組曲ながら最後の「妖精の森」が終わった後の充足感は格別。
nice!(1)  コメント(0) 

Today's choice 2017-04-20 [Today's choice]

FRIGHT TRAIN BOOGIE.jpg
The Delmore Brothers : FRIGHT TRAIN BOOGIE
今夜はデルモア・ブラザーズを。ザ・バンドもカバーした冒頭の「Blues Stay Away From Me」や続くタイトル曲でのドライブ感あふれるギターがカッコイイ。このグルーヴには今も体を揺さぶられる。このCD音いいな。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017-04-19 [Today's choice]

Familias Valdelomar.jpg
Familias Valdelomar Y Dávila : De familia: Pureza de una tradición
今夜はペルーのバルデロマール家とダビラ家の人達を。コクのある歌というのはこういうものという見本のような。こういう歌を聴いていると新しいだの古いだのはどうでもよくなる。簡素ながらも幾重にも塗り込められた旨みが滲み出す演奏も素晴らしい。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017-04-18 [Today's choice]

In Europe.jpg
Billy Harper Quintet : In Europe
ひさしぶりにビリー・ハーパーでも。冒頭の「Priestess」のイントロを聴いただけで熱くなるよ。この人の書く曲はワン・パターンだけどどの曲もテーマ・フレーズが勇壮で思わず背筋が伸びる。いつもどおりのクインテット編成。トリオとかではやらない人だよな。ピアノがフレッド・ハーシュで現在と比べるとより肉感的なプレイが若いね。どの曲もだけどラスト20分を超す「Illimination」の、もうこの辺でやめとこうかとか一切なしのこれでもかと延々と吹き倒すハーパーに圧倒される。ジャケ写は健さんみたいだけど、いやいや事実不器用すぎる男の熱すぎるジャズです。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017-04-17 [Today's choice]

Rockers.jpg
V.A : OST:Rockers
レゲエはあまりもってない。これはうちにもっとも古くからあるレゲエ。入門盤みたいなもんだな。ひさしぶりに聴いたけど、やっぱいいね。
nice!(1)  コメント(0) 

Today's choice 2017-04-12 [Today's choice]

CDMultidoes Vol.2.jpg
Orlando Silva : Cantor Das Multidoes Vol.2
定期的に発病する私のオルランド・シルヴァ病。一度聴きだすと次から次へと聴きたくなる。今夜はこれを。このレヴィヴェンドの3枚のCDはほんと宝物。30年代中頃のサンバ最盛期の最高の瞬間を捉えていると思います。歌が素晴らしいのはもちろんのこと、バックの演奏だけ聴いてても楽しい。だってピシンギーニャ率いるオルケストラ・ヴィトル・ブラジレイラにジアボス・ド・セウなんだもの。

nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017-04-10 [Today's choice]

carleen anderson.jpg

Carleen Anderson : True Spirit
めちゃくちゃひさしぶりに聴いたな。今となってみれば歌手として非力なのは明らかだけれど、それを補うようなエモーションに胸震わせていたんだろう。ヤング・ディサイプルズよりもこっちをよく聴いた。アシッド・ジャズ云々関係なく名盤にして気高いソウル・ミュージック。「ナーバス・ブレイクダウン」はやっぱ最高にカッコイイ。

nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017-04-08 [Today's choice]

PRk&Cl.jpg

Pete Rock & C.L. Smooth : Mecca And The Soul Brother
ユニオンで100円で転がっていたので思わず拾ってきた。最近ぷちヒップホップ・ブームなので。王道だな。時にファンキー、時にジャジー、時にメロウ。Pete Rockの職人なバックトラックにC.L. Smoothの見事なフロウ。次の「Main Ingredient」は当時けっこう聞いた気がするんだけど、今となってはどんなだったか定かでない。これもクラシックのはずだけど、ヒップホップって基本的に過去の名盤ってあんまり意味ないよね。現在の聴き手にとっては。中古だとすっごい安いもん。ともあれ、このアルバムはカッコイイ。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017-04-06 [Today's choice]

WoodyLiveVol1.jpg

Woody Shaw : Live Volume One
ウディ・ショウの未発表ライブ。77年最も油がのった時期だけに15分を超える名曲「Love Dance」から進むにつれて密度を増していく演奏が素晴らしい。4曲ながら全部長尺。「Why」なんて19分近くある。カーター・ジェファーソン、ラリー・ウィリス、スタッフォード・ジェイムス、ヴィクター・ルイスと鉄壁ですがな。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017-04-04 [Today's choice]

MUJOS.jpg

Franco et l'OK Jazz : (Mujos, Simaro et Kwamy) 1960/1961/1962
先日買ったフランコのレコードが聴けないのでこれを聴く。ロニンギザ時代のものはCDでは持ってなくて、僕が持ってる最も古いフランコの録音はこのアルバム。後年のルンバ・コンゴレーズとは違う未だラテン音楽の影響強い音楽をやっていた頃。とはいえ試行錯誤しながら新しい音楽が花開いていく様が刻まれていて楽しい。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - Today's choice ブログトップ