So-net無料ブログ作成
ポップ/ロック ブログトップ
前の10件 | -

ビートの新しさ [ポップ/ロック]

HONEY.jpg

本日リリースのスキャンダルの新作「HONEY」。
素晴らしい。そのひとことでもう終わりにしたい。
だってもう散々スキャンダルは褒めてきたからね。

一曲目「プラットホームシンドローム」。これですよ。
僕がスキャンダルを好きな理由はこれです。このビート。グルーヴ。
最近の欧米のロックは僕にはもう廃材を使ってひたすらリサイクルに勤しんでるようにしか聴こえないんですが、このビートの新しさに僕はしびれてしまったんですよ。
ロックなんてもう別に興味ないのに、ドラム、ベース、ギターの何の変哲もない古臭いと感じてもおかしくないロックンロールに夢中になったのはこのビートの「新しさ」のせいなの。

今さらなんでこんなロックに?それも女の子だぜ。
と自分でも狼狽えてしまったくらいこのビートにノックアウトされてしまった。
男のロックバンドだと気合いや荒々しさで寄りきろうとするところに、もっさりとした古臭ささやロック的情緒を感じるんですが、彼女たちは女性だからか、そういうところがない。
前にも言ったけど、鍛え上げた筋肉じゃなく、立ち上がってすぐに全力疾走できる若さを反映した健やかなグルーヴってんですかね。それが気持ちいいの。

曲も全部素晴らしい。もう一曲一曲コメントするのはやめるけど、本作ではツイン・ギターらしい細やかなアンサンブルも聴きどころ。もちろんそれはしなやかなグルーヴを生み出す鉄壁のリズム隊あってこそ。そして曲ごとに違う表情を見せるようになったハルナの歌がまた素晴らしい。

ツアーして曲を作り録音してリリースする。前作くらいまではまだあった気負いももうまったくない。
普通のロックバンドの新作ですよ。もうガールズ・バンドとかそういうのいいじゃないですか。
バンドとして最も充実した時期にいるのだから、普通に傑作ですよ。通常営業の傑作。悪いものになりようがないよ。

これだけ激しいのにほとんど端正にさえ聴こえるビートが私の身体にエネルギーを注入してくれる。この新しいビートを響かせてくれる限りはどこまでもついていくよ!


ちなみに毎度タワレコで購入したので特典のクリアファイルがいつもどおりハルナでした。ほんとはトモミのが欲しかった。でも私の生活圏内には新星堂がないんだよなぁ。CDを開封するとステッカーが入っていた。こちらもハルナだった。そういえば渋谷タワレコでのイベントでもポストカードを渡されたのはハルナからだった。よほどハルナに縁があるんだな。いやまったく不満はないですけど・・・ほんとに。
nice!(1)  コメント(2) 

プリクラ・デコーレーション・パワー・ポップ [ポップ/ロック]

31Wonderland.jpg

ブックオフ行くともう一杯ありすぎて、何を探せばいいのかわかんなくて、お目当てのものが見つかったら、すぐ出てきちゃうんだけど、先日ジャミロクワイを探しに行ったときは、めずらしく他も眺めてみた。と言っても280円棚だけだけど。
で見つけたのがサイレントサイレンの2014年の2枚目「31Wonderland」。これはうれしかった。ファンなら定価で買えって話ですけどね。

僕がサイサイを初めて聴いたのは次の3枚目からですけど、サイサイはこの頃から現在までそれほど変わんない印象なんですよね。スポティファイとかでもインディーズ時代のアルバムも聴きましたけど、あんまり変わんない。もちろん演奏力が上がってアレンジも凝ってきてはいるけど、音楽自体の印象は変わんない。

サイサイの場合やっぱりほとんどの作曲を担当しているクボナオキの存在が大きい。最初から曲の完成度がもうハンパなく高い。本作でもよくまぁこれだけポップでキャッチーな曲を次から次へと書けるもんだなと感心します。破格の才能ですよ。お勉強してます感や手練手管感を全然感じさせないのが良い。もちろんそれを体現するバンド自体が魅力的なんですけど。

サイサイを聴いていつも思い浮かべるのは、若いの女の子が友達と撮ったプリクラを、手帳とかにベタベタ貼り付けてサインペンでかわいくデコレートしたりするあれ。
ああいう若い女の子が先天的に持ってるセンス。僕はああいうのすごいなと思う。

学校でいくらグラフィック・デザインを勉強したって、逆立ちしてもあんなの描けないもの。そもそも男にはあれは描けないよね。
もちろんあれがアートとして扱われないのと同様に、彼女たちの音楽がアーティスティックな観点からはまったく相手にされないのも、まぁ仕方のないことかもしれない。

プリクラ・デコーレーション・パワー・ポップ。
どうだろうこのネーミング。余計安っぽいイメージになっちゃってダメか。

それはいいとしてこのアルバムも良い。
やっぱ曲が良すぎる。楽しい。
それにすぅの声が特別な魅力を発し始めてきたし。
ベスト・トラックは「雨降りフリル」。
この言葉のセンスが面白い。女の子だよね。それがメロディに乗った時に音楽のマジックが起こる。
nice!(0)  コメント(0) 

ジャミは変わらない [ポップ/ロック]

ROCK DUST LIGHT STAR.jpg

ちょっと前にプチ・マイ・ブームだったジャミロクワイの「ROCK DUST LIGHT STAR」(2010)をCDでゲット。ブックオフで280円だった。他にも色々あったけど、あれこれスポティファイでひととおり聴いたら今の気分だとやっぱり最近の方がしっくり来たんですよね。

でもジャミロクワイのファンってどうも最初の3枚を愛する人が多いみたい。いわゆるアシッド・ジャズ時代の作品。最近のはエレクトロニックでダメだと。プログラミングなんてダメだと。ジャミロクワイのファンでもそんなこと言うんだとちょっと驚きました。90年代以降の音楽ファンはプログラミングとか全然オッケーなイメージだったので。

僕はEDMだろうが関係なく楽しめるので、全く問題なし。
実際どのアルバム聴いてもよかったよ。キャッチーでファンキーでダンサブルで。気軽に楽しめる。初期と現在とそう変わんない。っていうか全然変わんないと思うけどな。

そういえばジェイ・ケイってなんかミック・ジャガーみたいだなと思った。コンテポラリーな音にいつも目配せしてるとこが。
ただジャミの場合はストーンズにおけるキースの存在がない分、チャラいイメージなっちゃうんだと思うな。オーセンティックな方向へのベクトルが見えないから。流行りものに乗っちゃってんねみたいな。
でも生音ジャズ・ファンクに拘ってたら今みたいな人気は得られなかったよね。

全然アルバムのレビューになってないけどまぁいいや。
良いアルバムですよ。
nice!(0)  コメント(0) 

うちらはガールズですけど何か?な名盤の付属DVDについて [ポップ/ロック]

サイサイのCDはDVD付きの方を買ったんですが、その理由はボーナストラックでした。勝手にツアーファイナルの武道館でのみ販売した「シンドバッド」に違いないと思ってたんですよ。
絶対そうだと思ってました。だから曲名が発表されないのでやきもきしてたんですが、実際購入して聴いてみると、全然違ったことに最初はすごくがっかりしました。

でもアルバムの出来があまりに素晴らしかったので、もうそれはそれでいいやと思ったというか、逆にアルバムの構成上、収録されなくてよかったとさえ思ってます。
でも「シンドバッド」はダウンロードでもいいからちゃんと販売してほしい。あの3131枚しか販売しなかったCDはヤフオクですごいプレ値で売られてるんだもん。

えーっと今日は付属のDVDについてだった。
DVDには今年リリースのシングルの「フジヤマディスコ」「AKANE」「ジャウトミート」のMVが収録されてます。MVはYoutubeで既に見てるからいいとして。

目玉は武道館のライブから収録された「フジヤマディスコ」「ジャストミート」「Kaleidoscope」ですよ。3曲とも長いツアーでのバンドとしての結束と勢いをまざまざと見せつけるグルーヴ感あふれる演奏を聴かせてくれます。ただちょっとベース音がこもっててよく聞こえないのが不満。

それは置いといて私的には「Kaleidoscope」だな。ダークなライティングの中、引きしまったシャープなひなんちゅのドラムが印象的。このバンドはギターがヴォーカルのすぅだけだけどバッキングにソロに今ではもう何の心配もいらなくなりました。素晴らしい演奏です。フルで見たいくらい。

昨日書き忘れたけど、新作を聴いてあらためてすぅのヴォーカルは素晴らしいと思いました。声を聴いただけでサイサイってわかるってのはやっぱりすごいこと。誰にも似てない彼女の声。あと言葉遊びなどもふんだんに使った詩作の素晴らしさも特筆すべき。

数年前に聴いた時、この女の子達なかなかいいじゃない?なんて思ってたのが、ここまでのバンドになるとは。よく考えてみれば、僕のような彼女たちに対して侮り以外何もない聴き手を、音だけでねじ伏せたのが「GIRLS POWER」なんだろう。

今日はこのアルバムを聴いて走った。冬の冷たい空気も心地よく感じられたのは彼女たちのおかげかな。感謝。
それにしてもこの曲は名曲だ。

nice!(0)  コメント(0) 

うちらはガールズですけど何か?な名盤 [ポップ/ロック]

GIRLS POWER.jpg

今年リリースされた3枚のシングルの充実から最高傑作になるだろうと思っていたけど、これほどとはね。サイレントサイレンの新作「GIRLS POWER」はツアーの合間を縫って制作されたこともあり、その勢いをそのまま持ち込んだライブ感溢れる傑作となりました。アルバム全体を包む怒涛のスピード感はすごい。

新作のタイトルを聴いたときは、なんかダサい?と思ったけど、それは承知の上のようで、売れるものはちょいダサいというのがリーダーひなんちゅの持論らしく。それに以前はガールズ・バンドと言われることに反発もあったらしいけど、今はもうそれを逆手にとって「うちらはガールズですけど何か?」というガールズ・バンドであることを魅力の一つとしていこうという覚悟も音から感じられる。

無闇矢鱈にアゲアゲな「フジヤマディスコ」で幕を開け、サイサイ印なパワーポップ「merry-go-round」、すぅのボカロ声がエッジーな音像の中で映える「KNiFE」、シャープな演奏にキュートな女心が炸裂する「Love Balloon」、果てしなく能天気なロックンロール「パパヤパヤパ」は間奏のブレイクでのゆかるんのラップならぬお囃子声もサイコー、「ジャストミート」はサイサイの魅力をわかりやすく抽出した名刺代わりの一曲。冒頭からここまでの怒涛の攻勢でこちらはすでに降参。

ちょうど真ん中に置かれた「AKANE」でほっと一息しんみり。多幸感溢れる「フユメグ」からベースのあいにゃん作の「さくら咲く青い春」の流れは季節の移ろいを軽やかに表現。バンドとしての成長を如実に示した辛口「Kaleidoscope」、そこから曲間なく続く「ODOREmotion」のアッパー具合はBPM上がりすぎで凄いことに。ラストはサイサイ版シティ・ポップな「さよなら日比谷」。待ち合わせ場所を間違えて日比谷に来てしまった、という些細な日常を一篇のドラマにしてしまう詩作も素晴らしい。ズバリ名曲。

既発表曲もアルバムの流れの中で新たな輝きを放ち、全12曲すべて10点満点のキャリア最高作。
購入したDVD付の方に収録されたボーナストラックは、スタジオでのお遊びのように見せかけてロックバンドとしての矜持を垣間見せるような骨太なインスト・ナンバー。
ライブ3曲を収録したDVDの感想はまた明日。

リリース前にベストに選出したことはやはり間違いじゃなかった。
暮れも押しせまってこんな名盤に出会えて2017年も良い年でした。

nice!(0)  コメント(2) 

唯一無二のファンキー・ロックは健在なり! [ポップ/ロック]

BEYOND-THE-CALL-OF-DURY.jpg

来た来た!
ブロックヘッズの新作「Beyond The Call Of Dury」です!
こんなに盛り上がってるのは日本では僕だけかもしれないけど。この新作はとびきり良いよ!

CDはそのうちアマゾンあたりで買おうとか思ってたんだけど、スポティファイで聴いて、その仕上がりの良さにテンション上がって、早々にHPにオーダーしました。ちょっと割高になっちゃうんだけど、いいんですいいんです。

デューリー亡き後、バンド単体で活動を始めてこれで4作目。初作は良かったんだけど、前作、前々作ともに曲の粒が揃ってなくていまひとつだったんですよね。というかファンキーな曲が少なかった。
でも今回は違います。チャズ・ジャンケルのペンが冴えてます。
ドラムは変わったけど、演奏力はいつもどおりピカイチですから、そこに良い曲が揃っていれば良いアルバムになるのは当然のこと。

楽理に通じるチャズのペンになるテンションの効いたコード感にパンキッシュなロックと雑多なブラック・ミュージックが混ぜ合わされた唯一無二のファンキー・ロックが最高にクールです。
そこはかとなく滲み出る諧謔味も味わい深くキャリアは伊達じゃない。まだまだ隠居するつもりはないってわけです。

アップが立ってるので、最後に2曲置かれたスローも味わい深い。
それにラスト曲のクレジットを見ればデューリーの名が。未発表曲じゃなくておそらく残された歌詞に、チャズが曲をつけたんだと思うけどこれがまた良いんだ。泣きながら笑ってるようなエンディングのサックス・ソロが胸にくる。

確か同タイトルのバンドのドキュメンタリーが制作されてのリリースのはずだけど、そっちの方も見たいなぁ。
この記事みてCD買おうって人はいないだろうけど、スポティファイで聴いてね!

nice!(0)  コメント(0) 

君でもなくおまえでもない「あなた」 [ポップ/ロック]

anata.jpg

本日リリースの宇多田ヒカルのシングル「あなた」が素晴らしい。
今年リリースされた2曲のシングル「大空で抱きしめて」「Forevermore」も素晴らしかったけど、今回もまた素晴らしい。

前の2曲もタイアップだったけど、今回もソニーのワイヤレスイヤホンとのタイアップで、おそらく依頼されて曲を作る、という職人的な「こうこうこういう歌を」と乞われて作られた、靴とか家具とか、そういう職人が作った歌。という印象を受ける。

比較的自由に作らせてもらっているんだろうけど、アルバムじゃなく一曲依頼されて一曲作るというそういう風通しがいいというか軽やかさもあるのがいい。

ホーン・セクションがどことなくアーシーに感じられるからちょっとサザン・ソウルを思わせる、というのは多分僕の気のせいだと思うけど、ほんとソウル・ミュージックだし歌謡曲だなと思う。
こんな風に1曲1曲ぽつぽつと数か月おきにリリースしていって10曲揃ったらアルバムにまとめるという活動もありだな。

メイキング映像で話していた「あなた」というタイトルについての「「あなた」って英語で言うところのダーリンに近い意味があって、他人行儀というか距離を感じる表現でも、丁寧でもあるんですけど、それをあえて親しい人へ向けた時の「あなた」という言葉が持つ日本独特の奥ゆかしさとか、何かを大事だなと思っていることが伝わる言葉だなと、最初に出てきてほんと良かった」という言葉に、自分が日本語の歌を聴く喜びみたいなものを感じるツボってそういうところなんだよなと思いました。

外国語だとその国独特の表現とかニュアンスとかは当然わからない。
わからないという前提で外国の音楽を愛するわけですけど、自国の音楽だとこの「あなた」という言葉のニュアンスがわかりますよね。「君」でもなく「おまえ」でもない「あなた」。自分の国の言葉で歌われる「歌」というものの楽しみのひとつには、こういう言葉の選ばれ方とか響きを解するというのもあると思いますね。こんな風に感じるのは、普段外国語の歌を多く聴いてるからなんでしょうけど。

nice!(0)  コメント(0) 

御大スタンダードを歌いまくる [ポップ/ロック]

VERSATILE.jpg

前作「Roll With the Punches」がリリースされたのは9月22日。
なのに三か月も経たないうちにヴァンの新作「VERSATILE」がリリースされちゃった。カバー中心とはいえいくら何でも早すぎない。絶好調なんだなぁ。だいたいセールスだってヴァンは今が一番売れてるかもしれない。「Roll With the Punches」はイギリスでもアメリカでもベスト10ヒットってんだから。

前作同様、今回も企画ものというか、前作はブルースにフォーカスした作品だったけど、今回はスタンダード。参加メンバーはほぼ前作同様ツアー・バンドを中心としたメンツ。
まぁ「オッシ、ブルース・アルバムを作ろう!」とか「次はジャズだな。スタンダードを歌おう!」とかほぼ思い付きでやってみたんだろうけど、その思い付きもしょっちゅうライブをやっている現役感があるからこそ。

感想は前作とほぼ同じだな。
スタンダードの歌唱としてこれは名演というものは別にない。ヴァンが気分良くあいかわらずのでっかい声で歌いまくっている。バックの演奏はグルーヴィだし、こちらも気分よく聴ける。
このバンドはほんと上手いな。ブルースでもロックでもジャズでもなんでもござれだもん。本作では前作でいた女性コーラスの代わりにテナーとトロンボーン奏者がいる。二人とも数年前までバンド・メンバーだったから問題なし。もちろんヴァンもサックスを吹いてます。

オリジナル曲としては一曲目の「Broken Record」は70年代に良くやっていた「ヒースロウ・シャフル」に歌詞をつけたもの。再演曲としては「Start AllOver Again」や「Only A Dream」など過去アルバムではあまり目立たなかった曲が小洒落たジャズ・アレンジで新たな魅力を獲得。
唯一のゲスト、同郷のクラシック・フルート奏者ジェイムス・ゴールウェイを迎えての「Affirmation」はケルト風味のロマンティックなインスト・ナンバー。

前作は色々文句言いながらもかなりのヘビロテ盤になった。本作も同様にして気軽に聴ける作品としてこの冬の愛聴盤になるでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 

GOLDは攻めの一手! [ポップ/ロック]

IMG_0452.JPG

昨日のE-girlsで思い出した。
そうだ。Happinessのシングル「GOLD」も買ったんだった。
せっかくフラゲしたのにリリース日の9/20に安室ちゃんの引退発表騒ぎで忘れてました。
いやよく聴いてはいたんですけどね。

このシングルはヒップホップ路線で花開いたHappinessの攻めの一手と言っていい快作です。
タイトル曲「GOLD」は下世話さ漂うエレクトロ・ラテンR&B、続く「Next Level」今時なせわしなく煩いダンス・ナンバーでラップも胴に入ったもの、「I'm so Wow」は歌える川本璃とギャルな?藤井夏恋のコンビネーションが際立つ。「JUMP」はクリス・クロスの日本語カバー。といってもオリジナルを知らないんですけどね。でもこれが一番気に入っているがっつりなラップ・ナンバーでめちゃ楽しい。もうE-girlsは個々のグループの活動のほうが圧倒的に面白く楽しい。

こんなライブが見れるならDVD付きにしとけばよかったかな。

nice!(0)  コメント(0) 

おひさしぶりのスキャンダル! [ポップ/ロック]

universe.jpg

朝起きて雨が小降りだったから走ろっかな?と思ったらすぐに土砂降りに。
とりあえず午後に図書館と選挙だけ行ってきた。明日の朝は雨がより一層すごいことになりそう。

本日配信リリースのスキャンダルのシングル「恋するユニバース」。
昨夜11頃に入荷しましたというメールが来たので早速ダウンロード。
タイトル曲はひと月ほど前から聴きまくってましたが、歌詞の譜割りとギターリフの絡みも面白く、マミの曲作りの上手さも光るかっちょいいロック・ナンバー。

カップリングは3曲。
新曲「ふたり」もスピーディなビートが心地よいロック・ナンバーですね。ポップさとゴリゴリさが上手く同居しているところがスキャンダルがその他大勢からあたま一つ抜けているところだと思うけど、ほんとここらでシングル・ヒットがほしいなぁ。

のこり2曲は先日の大阪ビルボード・ライブでのライブ録音。
1stからの「キミと夜と涙」も演奏力アップのおかげで聴きごたえのある曲に。
正直初期アルバムは全然聴きこんでないのでこんな曲あったっけ?って感じなんですけどね。オリジナルを改めて聴きなおす気もないんですけど。
もう1曲は「声」。マミがギターをジャカジャカと弾き語り。オリジナルのヒリヒリ感は微塵もなくしんみりと。可もなく不可もなく。どうせアコースティックでやるならちゃんとバンド・アレンジしてやってほしかったな。
2曲とも演奏前のおしゃべりも収録していて、何度も聴く音源としてはちょっとジャマ。演奏部分だけにしてほしかった。

新曲2曲に文句はないけど、やっぱシングルだけじゃ盛り上がりに欠ける。今年のスキャンダルはちょっと一休みっぽい感じだったな。来年リリースされるだろうアルバムに激しく期待。

リナのシャープなドラミングが光る。トモミは珍しくピックで弾いてる。
ビートが速いからかな。ライブ映えする曲ですね。

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - ポップ/ロック ブログトップ