So-net無料ブログ作成
ポップ/ロック ブログトップ
前の10件 | -

ビートは続くよどこまでも [ポップ/ロック]

blowyourmind.jpg

昨夜はブログ書こうと思ったらPCの更新で、いつまでたっても立ち上がらないので、寝てしまった。

今夜は余命宣告を受けた癌を克服したウィルコの新作を。
僕は熱心なウィルコ・ファンとは言い難く、ドクター・フィールグッドの初期のライブ盤と98年の「Going Back Home」しか聴いてない。「Going Back Home」は良いアルバムだった。結構良く聴いた。随分前に手放してしまったけど。

そんな私ですが、このアルバムは先行公開されていた曲を聴いてその気合の入りっぷりにほだされてCD買ってしまいました。いやぁでもこれは傑作だわ。素晴らしいですよ。

やってることはフィールグッド時代と全く変わらない。レイドバックするどころか相変わらず前のめりで、贅肉のかけらもないソリッドで、なのに滋味深いとさえ感じるこのビート。ノーマンのふくよかに弾むベース。ディランの無駄なく引き締まったドラム。これぞグルーヴィなリズムをバックにウィルコの変わらずシャープなギター。思わず嘆声をあげてしまうよ。

セカンドライン・ファンクをパブのタバコの煙で燻したようなアルバム・タイトル曲での、間奏やエンディングでのどこかスペイシーな音空間にはリー・ドーシーどころかデルタ・ブルースからPファンクまでもが木霊している。
アメリカ音楽に憑かれたイギリス人によるロックンロール最高の瞬間に違いない。ミック・タルボットのエレピも見事な客演。

チェスからのリリースだからというわけでもないだろうが、続く「Marijuana」は空気をびりびり震わせるスティーブ・ウェストンのハープをはじめシカゴ・ブルース仕様。
ドロリとしたたるトーキング・ブルース「Low Down」も最高。

終盤インスト曲「Lament」における訥々としたギターには頬と共に涙腺も緩む。だって口下手な男の愛の告白みたいなんだもの。その告白は自身が人生をかけて愛し奏でてきた音楽への愛でもある。
癌をも吹き飛ばしたウィルコのビートは続くよどこまでも。
まさに起死回生の傑作です。

nice!(0)  コメント(0) 

オルガン・クインテットをバックに歌っちゃうよ [ポップ/ロック]

DRIVING ME CRAZY.jpg

冒頭、モワーっとしたハモンドのグルーヴィな音色。
GWの弛緩した空気にぴったりだ。

ヴァン・モリソンのまたもや半年足らずででた新作「You're Driving Me Crazy」はオルガン&トランペット奏者ジョーイ・デフランセスコとの競演盤。
Yotubeに昨年、サンフランシスコで共演した映像があがってて、おそらくそれで気分を良くして「アルバムつくろうぜ!」って感じで作ったんだろう。

これまでもベン・シドランやジョージー・フェイムとのジャズ・アルバムやロニー・ドネガンやクリス・バーバーとスキッフルと、このての競演盤はあったので、別に驚くほどのもんでもない。
ヴァンの既発オリジナルとスタンダードが半々。どこを切ってもリラックス&グルーヴィな音がこぼれてくるバンドはベースレスのギター&サックスのオルガン・クインテット。オルガンのフット・ペダルによるベース・ラインがまたウォームな雰囲気を醸すのに一役買ってる。ところどころで笑い声が聞こえるように、ヴァンも気分よく歌ってます。

ミュージシャンなんだからライブをやるのは当たり前、曲ができたら録音する。気の合ったミュージシャンとも積極的に演奏し、アルバムを作る。ヴァンとしてはただ当たり前のことをしてるだけに過ぎないんだろう。

気軽にリリースされたアルバムだから、こちらも気軽に楽しめば良いだけのこと。
それで気分は上々です。
nice!(0)  コメント(2) 

大きな大きなラブ・ソング [ポップ/ロック]

utadaplay.jpg

昨日リリーされた宇多田ヒカルのシングル「Play A Love Song」。
昨年から数か月おきにリリースされるシングルはどれも日本語の響きが美しいポップ・ソング。
この曲も円を描くように軽快にグルーヴしながら大きな大きな愛を歌う。

6月にアルバム「初恋」のリリースもアナウンスされた。
今度はゲストとかなしでお願いね。そうすれば傑作間違いなしなんだからさ。

nice!(0)  コメント(0) 

都会の灯に滲むメロウ [ポップ/ロック]

machinoakari.jpg

笹川美和という歌手を知ったのは今年一番のディスカバリーになるかもしれない。
「新しい世界」はもちろんCDを買って良く聴いています。

昔はこういう時は過去のアルバムを片っ端から買って聴いたものだけど、そんなことしてもたいていは最初に気に入った作品が一番良かったりするので、今回は過去のアルバムはまだほとんど聴いてない。

ただやっぱり気になってちょこっとYoutubeで聴いたりして。ストリーミングで全部聴けるんですけどね。でまぁそうやって過去の音源を少し聴いてみると、どうもシンガーソングライターとしての彼女は僕の趣味からはちょっと外れるかな?という気がします。

歌手としてもデビューの頃の歌はちょっと自意識が感じられる感じで、アルバムとしてはまだ聴いてないけど、他人の作品を歌った作品である「新しい世界」だからこそ僕は気に入ったのかもしれない。自作でないので入り込まない、その歌との距離感がよかったのかな。

そんな中、YoutubeでMVを見た「都会の灯」だけは気に入りました。「まちのあかり」と読みます。2013年のミニアルバムのタイトル曲。一応アルバムもストリーミングで全部聴いたんですが、やはり他の曲はいまひとつ。悪いということじゃなく、単に好みの問題で。アコースティックな所謂シンガーソングライター的な曲が多いんですよね。
彼女はおそらくブラック・ミュージックの素養があまりない人だと思うけど、この「都会の灯」だけはメロウなR&B風のアレンジがなされていて、素晴らしく僕好みだったわけです。なのでこの一曲だけダウンロード購入。

曲としてほんと良く出来てるなと思う。一度聴くと何回か続けて聴いちゃう。
静かに話しかけるように歌いだされる最初のAメロは、二回同じメロディが繰り返されるんだけど、3+4で7小節だったりして、その後のBメロも言葉とメロディの譜割が絶妙。

2回同じ譜割で「都会の灯を」「横目で流し」と歌った後、「あなたのもとへ」最後の「へ」の後の、それまで続いていたメロディがふっと途切れるその間。若干つっかけるようなメロディが男に呼び出されてちょっと急いでいる様を感じさせる。それとは対照的な次の少し粘るように物憂く歌われる「今日のご褒美は何かな」。
気のある男に呼び出されて浮き立つ気持ちと、出かけて行ってもいつものようにそこには期待したものはないという諦め。

そしてそっけないくらい短い8小節しかないサビ。
ここも言葉とメロディが絶妙でメロウにグルーヴする情感を描き出している。

最後のサビだけ2回繰り返されるのだけど、その2回目の微妙にフェイクし粘る歌声は、醒めた中にも抑えようもないパッションが溢れていて真にソウルフル。

絶品。名曲です。物憂い気分を掬い上げたMVもよろしい。

nice!(0)  コメント(2) 

ビートの新しさ [ポップ/ロック]

HONEY.jpg

本日リリースのスキャンダルの新作「HONEY」。
素晴らしい。そのひとことでもう終わりにしたい。
だってもう散々スキャンダルは褒めてきたからね。

一曲目「プラットホームシンドローム」。これですよ。
僕がスキャンダルを好きな理由はこれです。このビート。グルーヴ。
最近の欧米のロックは僕にはもう廃材を使ってひたすらリサイクルに勤しんでるようにしか聴こえないんですが、このビートの新しさに僕はしびれてしまったんですよ。
ロックなんてもう別に興味ないのに、ドラム、ベース、ギターの何の変哲もない古臭いと感じてもおかしくないロックンロールに夢中になったのはこのビートの「新しさ」のせいなの。

今さらなんでこんなロックに?それも女の子だぜ。
と自分でも狼狽えてしまったくらいこのビートにノックアウトされてしまった。
男のロックバンドだと気合いや荒々しさで寄りきろうとするところに、もっさりとした古臭ささやロック的情緒を感じるんですが、彼女たちは女性だからか、そういうところがない。
前にも言ったけど、鍛え上げた筋肉じゃなく、立ち上がってすぐに全力疾走できる若さを反映した健やかなグルーヴってんですかね。それが気持ちいいの。

曲も全部素晴らしい。もう一曲一曲コメントするのはやめるけど、本作ではツイン・ギターらしい細やかなアンサンブルも聴きどころ。もちろんそれはしなやかなグルーヴを生み出す鉄壁のリズム隊あってこそ。そして曲ごとに違う表情を見せるようになったハルナの歌がまた素晴らしい。

ツアーして曲を作り録音してリリースする。前作くらいまではまだあった気負いももうまったくない。
普通のロックバンドの新作ですよ。もうガールズ・バンドとかそういうのいいじゃないですか。
バンドとして最も充実した時期にいるのだから、普通に傑作ですよ。通常営業の傑作。悪いものになりようがないよ。

これだけ激しいのにほとんど端正にさえ聴こえるビートが私の身体にエネルギーを注入してくれる。この新しいビートを響かせてくれる限りはどこまでもついていくよ!


ちなみに毎度タワレコで購入したので特典のクリアファイルがいつもどおりハルナでした。ほんとはトモミのが欲しかった。でも私の生活圏内には新星堂がないんだよなぁ。CDを開封するとステッカーが入っていた。こちらもハルナだった。そういえば渋谷タワレコでのイベントでもポストカードを渡されたのはハルナからだった。よほどハルナに縁があるんだな。いやまったく不満はないですけど・・・ほんとに。
nice!(1)  コメント(2) 

プリクラ・デコーレーション・パワー・ポップ [ポップ/ロック]

31Wonderland.jpg

ブックオフ行くともう一杯ありすぎて、何を探せばいいのかわかんなくて、お目当てのものが見つかったら、すぐ出てきちゃうんだけど、先日ジャミロクワイを探しに行ったときは、めずらしく他も眺めてみた。と言っても280円棚だけだけど。
で見つけたのがサイレントサイレンの2014年の2枚目「31Wonderland」。これはうれしかった。ファンなら定価で買えって話ですけどね。

僕がサイサイを初めて聴いたのは次の3枚目からですけど、サイサイはこの頃から現在までそれほど変わんない印象なんですよね。スポティファイとかでもインディーズ時代のアルバムも聴きましたけど、あんまり変わんない。もちろん演奏力が上がってアレンジも凝ってきてはいるけど、音楽自体の印象は変わんない。

サイサイの場合やっぱりほとんどの作曲を担当しているクボナオキの存在が大きい。最初から曲の完成度がもうハンパなく高い。本作でもよくまぁこれだけポップでキャッチーな曲を次から次へと書けるもんだなと感心します。破格の才能ですよ。お勉強してます感や手練手管感を全然感じさせないのが良い。もちろんそれを体現するバンド自体が魅力的なんですけど。

サイサイを聴いていつも思い浮かべるのは、若いの女の子が友達と撮ったプリクラを、手帳とかにベタベタ貼り付けてサインペンでかわいくデコレートしたりするあれ。
ああいう若い女の子が先天的に持ってるセンス。僕はああいうのすごいなと思う。

学校でいくらグラフィック・デザインを勉強したって、逆立ちしてもあんなの描けないもの。そもそも男にはあれは描けないよね。
もちろんあれがアートとして扱われないのと同様に、彼女たちの音楽がアーティスティックな観点からはまったく相手にされないのも、まぁ仕方のないことかもしれない。

プリクラ・デコーレーション・パワー・ポップ。
どうだろうこのネーミング。余計安っぽいイメージになっちゃってダメか。

それはいいとしてこのアルバムも良い。
やっぱ曲が良すぎる。楽しい。
それにすぅの声が特別な魅力を発し始めてきたし。
ベスト・トラックは「雨降りフリル」。
この言葉のセンスが面白い。女の子だよね。それがメロディに乗った時に音楽のマジックが起こる。
nice!(0)  コメント(0) 

ジャミは変わらない [ポップ/ロック]

ROCK DUST LIGHT STAR.jpg

ちょっと前にプチ・マイ・ブームだったジャミロクワイの「ROCK DUST LIGHT STAR」(2010)をCDでゲット。ブックオフで280円だった。他にも色々あったけど、あれこれスポティファイでひととおり聴いたら今の気分だとやっぱり最近の方がしっくり来たんですよね。

でもジャミロクワイのファンってどうも最初の3枚を愛する人が多いみたい。いわゆるアシッド・ジャズ時代の作品。最近のはエレクトロニックでダメだと。プログラミングなんてダメだと。ジャミロクワイのファンでもそんなこと言うんだとちょっと驚きました。90年代以降の音楽ファンはプログラミングとか全然オッケーなイメージだったので。

僕はEDMだろうが関係なく楽しめるので、全く問題なし。
実際どのアルバム聴いてもよかったよ。キャッチーでファンキーでダンサブルで。気軽に楽しめる。初期と現在とそう変わんない。っていうか全然変わんないと思うけどな。

そういえばジェイ・ケイってなんかミック・ジャガーみたいだなと思った。コンテポラリーな音にいつも目配せしてるとこが。
ただジャミの場合はストーンズにおけるキースの存在がない分、チャラいイメージなっちゃうんだと思うな。オーセンティックな方向へのベクトルが見えないから。流行りものに乗っちゃってんねみたいな。
でも生音ジャズ・ファンクに拘ってたら今みたいな人気は得られなかったよね。

全然アルバムのレビューになってないけどまぁいいや。
良いアルバムですよ。
nice!(0)  コメント(0) 

うちらはガールズですけど何か?な名盤の付属DVDについて [ポップ/ロック]

サイサイのCDはDVD付きの方を買ったんですが、その理由はボーナストラックでした。勝手にツアーファイナルの武道館でのみ販売した「シンドバッド」に違いないと思ってたんですよ。
絶対そうだと思ってました。だから曲名が発表されないのでやきもきしてたんですが、実際購入して聴いてみると、全然違ったことに最初はすごくがっかりしました。

でもアルバムの出来があまりに素晴らしかったので、もうそれはそれでいいやと思ったというか、逆にアルバムの構成上、収録されなくてよかったとさえ思ってます。
でも「シンドバッド」はダウンロードでもいいからちゃんと販売してほしい。あの3131枚しか販売しなかったCDはヤフオクですごいプレ値で売られてるんだもん。

えーっと今日は付属のDVDについてだった。
DVDには今年リリースのシングルの「フジヤマディスコ」「AKANE」「ジャウトミート」のMVが収録されてます。MVはYoutubeで既に見てるからいいとして。

目玉は武道館のライブから収録された「フジヤマディスコ」「ジャストミート」「Kaleidoscope」ですよ。3曲とも長いツアーでのバンドとしての結束と勢いをまざまざと見せつけるグルーヴ感あふれる演奏を聴かせてくれます。ただちょっとベース音がこもっててよく聞こえないのが不満。

それは置いといて私的には「Kaleidoscope」だな。ダークなライティングの中、引きしまったシャープなひなんちゅのドラムが印象的。このバンドはギターがヴォーカルのすぅだけだけどバッキングにソロに今ではもう何の心配もいらなくなりました。素晴らしい演奏です。フルで見たいくらい。

昨日書き忘れたけど、新作を聴いてあらためてすぅのヴォーカルは素晴らしいと思いました。声を聴いただけでサイサイってわかるってのはやっぱりすごいこと。誰にも似てない彼女の声。あと言葉遊びなどもふんだんに使った詩作の素晴らしさも特筆すべき。

数年前に聴いた時、この女の子達なかなかいいじゃない?なんて思ってたのが、ここまでのバンドになるとは。よく考えてみれば、僕のような彼女たちに対して侮り以外何もない聴き手を、音だけでねじ伏せたのが「GIRLS POWER」なんだろう。

今日はこのアルバムを聴いて走った。冬の冷たい空気も心地よく感じられたのは彼女たちのおかげかな。感謝。
それにしてもこの曲は名曲だ。

nice!(0)  コメント(0) 

うちらはガールズですけど何か?な名盤 [ポップ/ロック]

GIRLS POWER.jpg

今年リリースされた3枚のシングルの充実から最高傑作になるだろうと思っていたけど、これほどとはね。サイレントサイレンの新作「GIRLS POWER」はツアーの合間を縫って制作されたこともあり、その勢いをそのまま持ち込んだライブ感溢れる傑作となりました。アルバム全体を包む怒涛のスピード感はすごい。

新作のタイトルを聴いたときは、なんかダサい?と思ったけど、それは承知の上のようで、売れるものはちょいダサいというのがリーダーひなんちゅの持論らしく。それに以前はガールズ・バンドと言われることに反発もあったらしいけど、今はもうそれを逆手にとって「うちらはガールズですけど何か?」というガールズ・バンドであることを魅力の一つとしていこうという覚悟も音から感じられる。

無闇矢鱈にアゲアゲな「フジヤマディスコ」で幕を開け、サイサイ印なパワーポップ「merry-go-round」、すぅのボカロ声がエッジーな音像の中で映える「KNiFE」、シャープな演奏にキュートな女心が炸裂する「Love Balloon」、果てしなく能天気なロックンロール「パパヤパヤパ」は間奏のブレイクでのゆかるんのラップならぬお囃子声もサイコー、「ジャストミート」はサイサイの魅力をわかりやすく抽出した名刺代わりの一曲。冒頭からここまでの怒涛の攻勢でこちらはすでに降参。

ちょうど真ん中に置かれた「AKANE」でほっと一息しんみり。多幸感溢れる「フユメグ」からベースのあいにゃん作の「さくら咲く青い春」の流れは季節の移ろいを軽やかに表現。バンドとしての成長を如実に示した辛口「Kaleidoscope」、そこから曲間なく続く「ODOREmotion」のアッパー具合はBPM上がりすぎで凄いことに。ラストはサイサイ版シティ・ポップな「さよなら日比谷」。待ち合わせ場所を間違えて日比谷に来てしまった、という些細な日常を一篇のドラマにしてしまう詩作も素晴らしい。ズバリ名曲。

既発表曲もアルバムの流れの中で新たな輝きを放ち、全12曲すべて10点満点のキャリア最高作。
購入したDVD付の方に収録されたボーナストラックは、スタジオでのお遊びのように見せかけてロックバンドとしての矜持を垣間見せるような骨太なインスト・ナンバー。
ライブ3曲を収録したDVDの感想はまた明日。

リリース前にベストに選出したことはやはり間違いじゃなかった。
暮れも押しせまってこんな名盤に出会えて2017年も良い年でした。

nice!(0)  コメント(2) 

唯一無二のファンキー・ロックは健在なり! [ポップ/ロック]

BEYOND-THE-CALL-OF-DURY.jpg

来た来た!
ブロックヘッズの新作「Beyond The Call Of Dury」です!
こんなに盛り上がってるのは日本では僕だけかもしれないけど。この新作はとびきり良いよ!

CDはそのうちアマゾンあたりで買おうとか思ってたんだけど、スポティファイで聴いて、その仕上がりの良さにテンション上がって、早々にHPにオーダーしました。ちょっと割高になっちゃうんだけど、いいんですいいんです。

デューリー亡き後、バンド単体で活動を始めてこれで4作目。初作は良かったんだけど、前作、前々作ともに曲の粒が揃ってなくていまひとつだったんですよね。というかファンキーな曲が少なかった。
でも今回は違います。チャズ・ジャンケルのペンが冴えてます。
ドラムは変わったけど、演奏力はいつもどおりピカイチですから、そこに良い曲が揃っていれば良いアルバムになるのは当然のこと。

楽理に通じるチャズのペンになるテンションの効いたコード感にパンキッシュなロックと雑多なブラック・ミュージックが混ぜ合わされた唯一無二のファンキー・ロックが最高にクールです。
そこはかとなく滲み出る諧謔味も味わい深くキャリアは伊達じゃない。まだまだ隠居するつもりはないってわけです。

アップが立ってるので、最後に2曲置かれたスローも味わい深い。
それにラスト曲のクレジットを見ればデューリーの名が。未発表曲じゃなくておそらく残された歌詞に、チャズが曲をつけたんだと思うけどこれがまた良いんだ。泣きながら笑ってるようなエンディングのサックス・ソロが胸にくる。

確か同タイトルのバンドのドキュメンタリーが制作されてのリリースのはずだけど、そっちの方も見たいなぁ。
この記事みてCD買おうって人はいないだろうけど、スポティファイで聴いてね!

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - ポップ/ロック ブログトップ