So-net無料ブログ作成
検索選択
ラテン・ジャズ ブログトップ
前の10件 | -

キューバの未来へ沸き立つ想いを胸に [ラテン・ジャズ]

Cuba the Conversation Continues.jpg

昨年のベスト10に選出した「Offense of the Drum」に続き早くもリリースされたアルトゥーロ・オファリル&ザ・アフロ・ラテン・ジャズ・オーケストラの新作「Cuba: The Conversation Continues」。タイトルからして今回のアメリカとの国交正常化のニュースに沸き立つ想いが感じられます。ここで奏される音楽もまた外に開かれている2枚組の大作。

今回はハバナ録音で、ゲストにルドレシュ・マハンサッパ、ミシェル・ローズウーマン、レニー・マニング、アレクシス・ボッシュらを迎えてます。
ダフニス・プリエト作の挨拶がわりの一曲のあと、「The Afro Latin Jazz Suite」が登場、アルトゥーロによるこの組曲は父チコの「Afro-Cuban Jazz Suite」への返歌ともいうべき大作。父の曲でアルトを吹いたのはチャーリー・パーカーだったけど、ここでは最近のアルト吹きではピカイチのルドレシュ・マハンサッパ。途中ほとんどアフロ・ビート化するなか力感あふれるソロを存分に聴かせてくれる。続く「Guajira Simple」ではキューバ人ピアニスト、アレクシス・ボッシュが哀感漂わせたピアノをつま弾き、ミシェル・ローズウーマン参加の「Alabanza」はヨルバ由来の太鼓バタも加えた横揺れのポリリズムに緻密なホーン・アレンジや幾何学的な?ピアノの音色が心地よい本作の白眉。この曲も10分くらいあるし、比較的長尺の曲が多い。

以降も前作に続き参加のDJロジック参加のヒップホップ的(というほどでもないか)な曲もあったり、ソンのフィーリングをたっぷりまぶした「El Bombón」。レニー・マニングが歌う「Second Lina Soca」はニューオーリンズ~キューバのミッシングリンクを探っていく。キューバ独立の英雄ホセ・マルティの名を冠した最終曲「There’s a Statue of Jose Martí in Central Park」はフリー・ジャズ×サンテリアなチャレンジングな楽曲。

前作はちょっと小難しく堅苦しい感じが無きにしも非ずだったんだけど、今回はもっとおおらかな開放感の方がまさってるな。大作ではあるけどリラックスして楽しめます。

ここ数年ずっと充実した活動をしているのに、このグループが注目されないのにはまっーたく不満です。ほんとにジャズは最近盛り上がってんでしょうか?こういうのは所謂JTNCには入らないってことかな。
まぁそんなことは関係ないく、引き続き絶好調を維持した二枚組の大作。オススメです。
ライブ見たいなぁ。そりゃもう強力だろうなぁ。

nice!(0)  コメント(2) 

役者が揃うとやっぱり違うラテン・ジャズ [ラテン・ジャズ]

Latin Percussion Jazz Ensemble.jpg

今日はひさしぶりにエル・スールに行きました。随分久しぶりだったような。
いつも行くとヴィンテージ・ラテンのコーナーをじっくり見るんですが、その中から今日はティト・プエンテの79年盤を抜き出しました。名義はラテン・ジャズ・パーカッション・アンサンブル。オリジナル・リリースのLatin Percussion Inc.はもともとパーカッションの教本を作ってる会社だったようで、どうりで打楽器が主役なアルバムなわけだ。

メンツはドラムに昨年亡くなってしまったスティーブ・ベリオス、コンガにパタート・ヴァルデス、ここに御大ティト・プエンテが加われば、そりゃもう最高のラテン・ジャズ・パーカッション・アンサンブルに違いない。
エディー・マルティナスの粒立ち鮮やかなピアノも耳に残るし、腕利きぞろいでこれで悪いわけないわけで実際最高にカッチョイー、ラテン・ジャズ盤に仕上がってます。

一曲目の「The Opener」からしてタイトル通りアルバムの幕開きにふさわしいスピード感あるピアノのリフに乗ってティトのティンバレスが全編はじけ飛ぶ。主役は俺だ!って感じですね。
打って変わってヴァイブの音もクールな二曲目は女性ヴォーカルも交えピアノもブルージーではすっぱなグルーヴに酔わされる。
ひたひたと熱を帯びていく演奏に手に汗握る「アフロ・ムード」。モーダルなベースラインに導かれてピアノがクールなソロをひとくさりとった後のパタート・ヴァルデスによる訥々と語りだすようなパーカッションの雄弁なこと。

時にクールに時にブルージーに洗練された音の隙間からアフロ的野生溢れる熱情が迸る。ラストはティトとパタートの打楽器乱れ打ち。夏の夜をクールに熱くさせてくれる極上盤に文句なし。


nice!(0)  コメント(0) 

Jerryの新作CDもやっと出たよ [ラテン・ジャズ]

jerry01.JPG

ジェリー・ゴンザレスの昨年末にでた新作。ダウンロードだけだったのが、ようやくCDもでた。
やっぱCDで欲しいので買っちゃった。
こういうのは自分にとっては定番のおかずというか、主食みたいなもんだから。

jerry02.JPG

ネットサーフィンしながら部屋で掛け流せば、何の変哲もなさそうでよく聴けば複雑怪奇な演奏にたまげる。そんな音楽。


nice!(0)  コメント(0) 

拡張するアフロ・ラテン・ジャズ [ラテン・ジャズ]

the drum.jpg

昨年のライブ盤に続くアルトゥーロ・オファリル&ザ・アフロ・ラテン・ジャズ・オーケストラの新作「The Offense of the Drum」が早くも登場。
ライブ盤で一区切りつけたのか本作は攻めの一作になった。
っていうかまぁ新しいことやりたくなったんだろうな。

様々なゲストを迎えてアフロ・キューバン・ジャズを拡張させるような開放感が気持ちいい。
一曲目はコロンビアのアルパ奏者エドマール・カスタネーダを迎えてのコロンビア×ブラジル×アフロ・キューバン?な曲。アルパの音が時にコラのように聴こえる瞬間もあるようなないような。
続くのはChristopher “Chilo” Cajigas のポエトリー・リーディング/ラップにDJ Logicのスクラッチが絡む。
どの曲も比較的長尺で曲構成も凝ってるので、ちょっとまだるっこしかったりもする。

ベスト・トラックは現行ジャズ・シーンの最重要ピアニスト、ヴィジェイ・アイヤーを迎えての「The Mad Hatter」でキマリ。この曲何回聴いても何拍子だかわからない。モーダルな雰囲気をまとったまま次第にクールに燃え上がる演奏がスリリング。
drum01.JPG

タイトル曲には和太鼓まではいってるし(別に和風の曲になってるわけじゃないけど)、エリック・サティに最後はドナルド・ハリソンを迎えてのニューオーリンズ・クラシック「Iko Iko」。そこまでやるか?とも思うし、時に複雑に小難しくなりすぎてるきらいもなくはない。でも、どうせ新しいことやるなら多少勇み足気味のほうがいいし、とりあえず今やりたいことは全部やる!という気概を買おう。もちろん支持します!
どの曲も聴きごたえはたーっぷり。豪放磊落にして緻密。

アルトゥーロよくやった!いよいよ親父を越えてきたかもね!

nice!(0)  コメント(0) 

重鎮健在のラテン・ジャズ2曲 [ラテン・ジャズ]

Doin' It in the Park.jpg

エディ・パルミエリが手掛けた映画(草バスケットボールのドキュメンタリー?)のサントラ「Eddie Palmieri Is Doin' It in the Park The EP」。

アマゾンで試聴したらEPなので11曲中7曲はSE(というか劇中の話声とか)の類で楽曲は4曲のみ。うち2曲はルンバ的なパーカッションだけの曲みたいなので、残りの2曲だけダウンロード購入。クーポンがあったのでしめて百円也。

「Coast to Coast」はロニー・キューバーのバリトン・サックスがブリブリっとハードに鳴り響く。でもそれより後半のルイス・キンテーロのティンバレス・ソロに悶絶。クラクラする~。ラテン・ジャズ・ファンは必聴!

もう一曲の「Locked In」はジョー・ロックのヴィブラフォンがクールにキメる中、パルミエリがピアノ弾きながら唸り吠える声がやかましい。パーカッションの三人も叩きまくるのでクールさを越えてゴリゴリ熱い!しかしほんとパルミエリのうなり声はうるせーなー。笑うよ。

重鎮健在のラテン・ジャズ2曲、おすすめです。

nice!(0)  コメント(0) 

父の遺産を受け継いで [ラテン・ジャズ]

Final Night at Birdland.jpg

アルトゥーロ・オファリル&ザ・チコ・オファリル・アフロ・キューバン・ジャズ・オーケストラのライヴ盤「Final Night at Birdland」。父チコが生前ずっと自己のグループを率いてバードランドで定期的に行っていたライブを、父の死後は息子アルトゥーロが受け継ぎずっと活動していた。
タイトル通りバードランドでの最後のステージを収録したライブ盤。演奏曲目は父やマリオ・バウサの曲などお馴染みのキューバン・ジャズ曲。なのに聴いてて熱くなる。
たとえば今ハード・バップをやられてもかなり予定調和的な空気が漂ってしまうのに、ここでの演奏にはそういうところが全くない。やっぱりラテン・ジャズというのはダンス・ミュージックとしての矜持を持ち続けているからなのかな。ジャズ的にアートに振れそうになるところをラテンのリズムがダンスに振り戻してしまうというか。

一聴すれば昔ながらのビッグ・バンド・ラテン・ジャズなれど、よく聴けばちゃんと新しいアイデアや意匠が丁寧に組み込まれ、アップデートされている。おそらく父の残したスコアをじっくり読み込みながら自分なりの解釈やアイデアを取り入れてるのだろう。真摯に伝統を受け継ぎながらもちゃんとそれを前に進めていこうという気概が感じられて清々しい。

親と同じ道を歩むって難しいけど、正攻法に遺産を受け継ぎ発展させていこうとするアルトゥーロはもっと高く評価されていい。充実のライブ盤ですよ。


nice!(0)  コメント(0) 

夏の終わりの夕暮れ時、海岸線をドライブ [ラテン・ジャズ]

figueroa.jpg

ひさしぶりに買ったラテン・ジャズ。
パーカッショニスト、サミー・フィゲロア&ヒズ・ラテン・ジャズ・エクスプロージョンの11年作「アーバン・ネイチャー」。よく知らない人ですが、ジャズだけでなくロック・ポップス・R&Bなどいろんな人のレコーディングに参加してきた人みたい。

本作はジャケのイメージどおり、夏の終わりの夕暮れ時、海岸線をドライブって感じのシチュエーションにぴったりはまる洗練されたラテン・ジャズ作に仕上がってます。
言ってみれば中庸なわけですが、その中庸さ加減がいいわけですよ。

バンドは2管編成で、パーカッショニストがリーダーといってもリーダーは黒子に徹しているのが成功のもと。
曲はピアノとベースが手がけ、センスのいい曲が揃ってます。
タイトル曲をどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=SHijy-IFIog&feature=related
nice!(0)  コメント(0) 

我らがラテン番長の火を吹く新作 [ラテン・ジャズ]

MIDNIGHT RUMBA.jpg

ようやく届いた我らがラテン番長ウィリー・ナガサキの2nd「ミッドナイト・ルンバ」。
中村とうようプロデュースの前作もよかったけど、ラテン・ジャズのショーケースみたいで、ちょっと優等生的にお行儀良すぎるのが不満だった。

今回は普段着で好きにやった感じで前作よりパワフル。
ハードなラテン・ジャズあり、サンタナばりのラテン・ロックあり、歌入りのラテン歌謡もあり。楽しい。
スタンダードの「オン・グリーン・ドルフィン・ストリート」が洒落たセンスで◎。
もちろん全編ティンバレスが硬派に鳴り響いていて最高。
無駄なところはひとつもなしの粋な一枚。
ご賞味あれ。

タイトル曲。
http://www.youtube.com/watch?v=owDChzgtkRY&feature=player_embedded
nice!(0)  コメント(0) 

センスで聴かせるクール・ラテン・ジャズ [ラテン・ジャズ]

Black Sand.jpg

今年は昨年のベストにしたジェリー・ゴンザレスですっかりラテン・ジャズはお腹いっぱいって感じであまりそっち方面は聴いてなかった。
でもここ最近また、ジャズモードに入ってきてあれこれ引っ張り出して聴いてる。

今日はデイヴ・ヴァレンティンの右腕ピアノ奏者のビル・オコネル。
2001年作「Black Sand」。
メンツはアンディ・ゴンザレス、スティーブ・ベリオス、ミルトン・カルドーナ、ランディ・ブレッカーなど、文句のでない布陣。

熱いラテン・ジャズを期待して聴いたら、とってもクール。
数年前の購入時にはそのクールさを受け止めきれず。
改めて聴いてみたら、今はそのクールさがよい。
この人は曲作りがうまくどの曲もセンス良く耳に残る。
今年出た新作も聴いてみたいな。
nice!(0)  コメント(0) 

老舗のテーラーで誂えたスーツのような [ラテン・ジャズ]

Dave pure.jpg

今日で8月も終わり。朝夕はようやく暑さも和らいできました。
昨年もそうでしたが、夏場はどうも更新が鈍ってしまいますなぁ。

デイブ・ヴァレンティンの新作「Pure Imagination」。
バックを務めるのはピアノのビル・オコネルやドラムのロビー・エイミーンをはじめ気心のしれたメンツ。
一曲目は「Smile」。チャップリンのあの曲です。最近は細野春臣さんも歌ってましたね。
原曲の暖かい雰囲気はそのままに軽快なラテン・ジャズに仕上げてます。
タイトル曲も有名な映画の主題歌。そのほかスタンダードの「When Sunny gets blue」を除く6曲はビル・オコネル作。
ジャケのこの人にしては落ち着いた佇まいから想像できる派手さはないけれどじわじわと後から沁みてくる演奏は、まるで老舗のテーラーで誂えたスーツのように聴くほどに身体に馴染んでゆく。
新しい所はなくても生地やボタンなど職人こだわりの技が光る、そんな音楽。

去り行く夏をぼんやり眺めながら聴くにはぴったりのほどよい熱気と躍動感。
さぁ週末は最後のひと泳ぎといこうか。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - ラテン・ジャズ ブログトップ