So-net無料ブログ作成
フレンチ・カリブ ブログトップ
前の10件 | -

元祖カリビアン・スウィング! [フレンチ・カリブ]

El maestro.jpg

トニー・シャスールのライブ盤が早く聴きたいなぁと思いながら今夜はこれを。
元祖ゴージャスなカリビアン・スウィングといえばこの人かな。
ハイチのイッサ・エル・サイエ。58年のキューバ録音「 EL MAESTRO」。チローロも参加してるんですね。キューバからはベボ・バルデスも参加。

こういうのをメラングっていうわけですけど、もうこの頃にはスタイル的には完成されている感じはしますね。キューバ録音だからなのかルンバやソンの鋭角的なリズムとメラングの柔らかなリズムが相まって、他のイッサ・エル・サイエの録音とは違った趣もあるかもしれない。
今までそんなこと考えて聴いてなかったけど。ハイチの音楽そのものがキューバ音楽の影響下に生まれたのかもしれないけど。他のCDも改めて聴いてみようかな。
nice!(0)  コメント(0) 

生粋の島娘の普段着の歌 [フレンチ・カリブ]

Nasyon Kreyol.jpg

昨日に続いてタニヤ・サン=ヴァルの2009年のミニ・アルバム「Nasyon Kreyol」を。
でもこれたぶんミニ・アルバムというよりシングルだな。全6曲入りだけどタイトル曲は「Soleil」に収録されているし、そのリミックスが2曲だから半分は「Nasyon Kreyol」だし。

まず冒頭の「Jean Fouyé / Piè fouyé」。
これがグァドループの伝統リズム?詳しいいことはよくわからないけど、パーカッションのみのバッキングによるプリミティブな曲で素晴らしい。タニヤの歌も開放的に響いてくる。
続く「Nasyon Kreyol」はもともとパーカッションがフィーチャーされた曲だけど、アルバム収録時のズークらしさを排し、パーカッション・アンサンブル主体の歌に様変わり。
「Kouté sa (Medley)」はタイトル通りメドレーらしいけど、彼女の代表曲のメドレーなのかはよくわかりません。これもパーカッション主体のアフロな曲ですんばらしい~。
「Adieu foulard」はカリを迎えたアコースティックなバラッド。この曲は有名ですけど、ちょっと調べたらグァドループ・トラッドなんですね。
最後の2曲は「Nasyon Kreyol」のリミックス。これもカッコイイんだ。前者は歌なしのダブ・ヴァージョン的クラブ仕様。後者は歌入りのアーバン・ラウンジ仕様。

どうしてこういうパーカッション主体のグァドループの伝統に即したようなシングルが作られたのかはよくわからないけど、これは傑作。「MI」を愛する人は必聴でしょ。
「Soleil」がドレッシーな余所行きの装いの歌だとすれば、こちらは生粋の島娘の普段着の歌。どっちが好きかと言われれば・・・どっちも好きですよ。もちろん!

nice!(0)  コメント(0) 

カリビアン・アーバン・メロウ・グルーヴの歌姫 [フレンチ・カリブ]

Soleil.jpg

昨年も夏にタニヤ・サン=ヴァルのCDを一枚購入したけど、今年も暑くなってきたのでもう一枚追加。Amazon.UKで2008年作「Soleil」と2009年のミニアルバム「Nasyon kreyol」の2in1があったのでオーダーしたら届いてみれば2in1じゃなくて別々のCDがパッケージされたものだった。今日は「Soleil」を紹介。

所謂ブラコン/R&B調のズークというのはどうも悪く言われることが多い気がしますが、僕は全然嫌いじゃないというか好き。そもそも僕はこの人の甘く濡れた声が大好きなので、それが洗練されたメロウ・グルーヴに乗って聴こえてくれば、そりゃもう最高な訳ですよ。

冒頭の「Dis-moi tout」「Pote Manev」の二曲ともにアコースティ・ギターを隠し味的に配し、デジタルっぽさを抑えた上質なメロウ・ナンバー。続く「Nasyon kreyol」ではパーカッションをフィーチャーしたり、グァドループの伝統にもちゃんと目配せされていて、躍動感もある。ミディアム・ナンバーを中心にメロウないい曲が揃ってるし、トースティング入りのレゲエ風味に、アコギやピアノを配した涼しげなボッサ風味、ジャジー風味もあり、なんともいい雰囲気で部屋を満たしてくれます。
ここにいるタニヤはカリビアン・アーバン・メロウ・グルーヴの歌姫。デデ・サンプリ参加のボーナス・トラックもあるし、全18曲、これを力作と言わずに何と言う?

nice!(0)  コメント(0) 

フレンチ・カリブの粋を集めたゴージャスなカリビアン・スウィング [フレンチ・カリブ]

MIZIKOPEYI2014.jpg

ドラムのカウントに続いて軽快に音楽が流れ出し、ソプラノ・サックスがソロをとりはじめた時点で、これは素晴らしいと思った。
続いてトロンボーン・ソロ。一曲目はインストなのかなと思ったらスキャットが聴こえてきた。客席を歩きながらこの夜のマスター・オブ・セレモニー兼歌手、トニー・シャスールが登場。映像もモノクロからカラーへ。もうこの登場の仕方からして粋だ。ついでにここでのホーン・セクションとスキャットのユニゾンもお・み・ご・と。

マルチニックの若大将トニー・シャスール率いるミジコペイのライブDVDはフレンチ・カリブの粋を集めたようなゴージャズなカリビアン・スウィングが堪能できる。CDが出てたのは知ってたけど、ビッグ・バンド好きなのに、なんで聴いてなかったんだろう。
次から次へと心ウキウキリズムワクワクな音楽が流れ出てきて音楽が好きで良かった~と心から思える素晴らしいDVD。
昨年のベストにアルトゥーロ・オファリル&アフロ・ラテン・ジャズ・オーケストラ「Offense of the Drum」を上げたけれど(祝グラミー受賞!)、音楽としての楽しさも躍動感もこちらのほうがはるかに上をいく。僕には解読不能の複雑なリズム/アレンジなのに楽しく快活。
たくさんいるホーン・セクションそれぞれにちゃーんと見せ場が用意されていて、これがまたみんなうまいんだ。ソロの後トニーがメンバーの名前を言うところにも敬意が溢れていてそんなところも見てて嬉しくなる。
もしかしたら来日もある?こんなの目の前で聴けたら最高だろうなぁ。

トニーのサイン入り。プロモーションで来日したというのは嘘で、ほんとは円安だから家族サービスで旅行に来たらしいですよ。
Mizikopeyi02.JPG
nice!(0)  コメント(2) 

ラブリーでスウィートなズーク! [フレンチ・カリブ]

amethyste.jpg

夏ももうすぐそこということで、最近はタニヤ・サン=ヴァルの「MI」をよく聴いてます。
でもこれしか持ってないので他のもと思って「MI」の次の96年作「Amethyste」をゲット。

本作は前作のようなグアドループのパーカッションはなくて、何曲かでラップがはいったりするし、ブラコンよりのズーク作品みたい。
これはこれでいい。生音&打ち込みの音作りの中で彼女のラブリーでスウィートな魅力がよく活かせてるし、華がある。レゲエもあったりバラエティもあって楽しい。ジャケの満面の笑みもよろしい。
前作と併せて夏気分を高めてくれる。
nice!(0)  コメント(0) 

カリビアン・クルーズに誘われて [フレンチ・カリブ]

Feres.jpg

毎日のぐずついた天気と蒸し暑さ。
それに加え、歯がゆいワールドカップ日本代表の戦いぶりに、何とも煮え切らない気分の毎日ですね。
昨日は結構いい天気でしたが、今日は朝から激しい雨で、うーん・・・・。

そんな煮え切らない気分を爽やかに変えてくれそうな雰囲気を感じてゲットしたのがマルチニーク出身のベーシスト、ティエリー・ファンファンと、北フランス出身のビギン・ピアニスト、ダヴィッド・ファクールによるカリビアン・ジャズ作品「FRERES, FREW」。タイトルは兄弟という意味らしいです。

ティエリー・ファンファンの数年前のソロ作は未聴なんですけど、ラルフ・タマールなんかも参加してかなり歌ものの比重の高いフレンチ・カリブ作だったみたいですが、本作はiTunesに取り込むとジャンルはJazzとなるとおり、基本的にはジャズ作品といっていいと思います。

全曲ふたりのオリジナル。カルテット編成を軸に曲によってギターやトランペットのゲストを迎えて、どの曲も端正な仕上がり。クレオールらしい時に華やか、時に郷愁をさそうようなメロディで気分爽快。
ダヴィッド・ファクールのエレガントなピアノとティエリー・ファンファンの黒子に徹したカリビアン・グルーヴを紡ぐベースが聴き手を優しく波間へのクルーズに誘う。

蒸し暑い夜にこのCDをかければ、すっかり涼しげな風が吹くような爽やかなカリビアン・ジャズ。
この夏、重宝しそうです。
nice!(0)  コメント(0) 

眩いばかりの光を放つズークの歌姫のライブ盤 [フレンチ・カリブ]

L'olympia.jpg

最近知ったばかりの早逝のズークの歌姫エディット・ルフェール。
96年のライブ盤「A L'Olympia」。

冒頭の歌姫の登場を促す歓声から観客の興奮が伝わってくる。
華やかさを振りまきながら登場するエディット・ルフェールの歌声をオーディエンスの大合唱が後押しする。
昨年のマラヴォアの40周年記念ライブ盤ではロリエンヌ・ザキャリーが歌っていた「La Sirene」は彼女の持ち歌だったんですね。本番でもマラヴォアをバックに優雅に歌い綴ってくれます。他にも何人かゲストがいてカリビアン・ジャジーな「Contre-Temps」で登場するマリオ・マッセのフルートはこの人のソロ・アルバムを聴きたくなるほど。

後半の華やかな盛り上がりはオーディエンスの一人として自分もその場にいるような気分になってしまう。ホーン・セクションとバック・コーラスも交えた総勢12人のバックの演奏も躍動感に満ちていて素晴らしい。本作の後、すぐ入手したセカンド「Meci」収録曲も、このライブ盤の方が数倍躍動的で心躍る。
ジャン・リュック・アルジェとのデュエット曲「Iche Manman」の大合唱はもうサイコー。

キャリアのもっともいい時のライブ盤ってなかなかなかったりするけど、この人の場合は最もいい時を残せたんじゃないでしょうか。音だけ聴いていてもステージ上の彼女が眩いばかりの光を放っていたのがよーくわかる。

edith.JPG

よく知らないけどおそらく名盤といわれてるに違いないまさに旬な瞬間がパッケージされた本作、もし言われてなければここで僕が断言しましょう。
ズーク/フレンチ・カリブ屈指の名ライブ盤です。

本作収録のジャン・リュック・アルジェとのデュエット「ICH MANMAN」。
同時期のライブかな。DVDがあるなら欲しい。

nice!(0)  コメント(2) 

40周年を祝う華やかな宴 [フレンチ・カリブ]

Zenith Malavoi.jpg

そういえばこれも買ったんだった。
マラヴォアの40周年のライブ盤「Les 40 Ans De Zenith」。
マラヴォアといえば名作「ジュ・ウヴェ」。20数年前のワールド・ミュージック・ブーム花やかなりし頃に買いました。ヴァイオリンの優雅な響きに「世界には自分の知らないこんな音楽があるんだ!」と驚きとともに聴いたことが忘れられない。

でも、それ以外の作品を聴くこともなく今日まできてしまった。
ゲストや歴代の歌手達を迎え、オーケストラを従えたこの40周年を祝うこのライブ盤、華やかな宴という雰囲気がどことなくザ・バンドの「ラスト・ワルツ」を思い出しました。
自分たちの曲だけでなく、アルセニオ・ロドリゲスの「ブルーカ・マニグァ」やルベーン・ブラデスの「ブスカンド・アメリカ」僕が知ってるのはそれだけだけど、他にもカリブの名曲をやってるようです。
主要なメンバーがいなくなってものれんは受け継がれるって感じのグループなんでしょうか。こういうのっていいな。カリブの多様なリズムが折り重なり聴くほどに芳醇さが身に染みてくる。やっぱDVD付きを買えばよかったかなぁ。数年前の評判の良かった「ペップ・ラ」も聴きたくなってきた。
nice!(0)  コメント(0) 

コンパの名作2枚のはずだったのに・・・ [フレンチ・カリブ]

Haiti CDS.JPG

ウディ・ショウに続く今年ふたつめの海外からの荷物が届いた。
でもこれも昨年オーダーしたもの。
それも一年も前!オーダーしたのは昨年の1月8日だ。
問い合わせのメールしてもなしのつぶてだったので、もう送ってこないとあきらめてた。
もちろん支払いは済んでいたので「クッソー!バックラレタ!」と頭にきてたんだけど、一週間ほど前に発送したとのメールがきて、「いったいなんなんだよ!今頃!!」。
でもとりあえず、届いたのでよかったよかったと思って、中身をあけてみると、注文したCDと全然違うー!

オーダーしたのは下の2枚。ハイチ音楽ファンにはよく知られるコンパの名盤。たぶんもう廃盤なんだろうけど。

Haiti CD2.jpg

届いたCDのうちとりあえずスカシャはいいとしてスコーピオの方は同じバンドなんだろうか?スコーピオ・ユニバーサルってなってるし。コンパは詳しくないのでよくわかりません。でも聴いてみると悪くない。まいっか。
スカシャの方はいつ頃のアルバムなんだろう?こっちはまだ聴いてない。
で、オーダーしたCDを送れなかったお詫びなのか、なんなのかわからないが知らないグループのCDが一枚。もう今さら怒る気にもなりません。

このサイトでは3年前くらいにもハイチのCDを買ったことがあって、そのときは注文したCDが在庫がなかったらしく「どうする?入荷するまで待つ?」というメールが来たので「同グループの他のCDを適当に選んで送ってくれ」と返信すると「こっちで選んでいいの?オッケー。問題ないよ」というやり取りをして良心的だなぁと。メールも一時間もしないうちに返信してきてすごいなぁと感心してた。
なのに今回は完全無視。なんなんだろ。怒りよりもお店の人が違う人に変わっちゃったとか?
ま、海外から買い物するとこういうこともありますよね。

でも上のCD2枚はいつかゲットするぞ!
nice!(0)  コメント(6) 

グァドループ産フレンチ・カリプソの粋! [フレンチ・カリブ]

IMGP1098.JPG

エドゥアルド・ベノアのCDを記事にしたときレコオヤジさんから教えてもらったエマニュエル・ペインス。
しぶとく探し続け見つけました。
お値段も手頃で、フランスから届いた。

この人については調べたけど、よくわかりませんでした。
グァドループのカリプソ・シンガーみたいですが。
曲ごとにカリプソ、ビギンと表記してある。
一曲ランパとあるのはハイチのリズムだっけ。
カリプソもいいんですが、ランパみたいに打楽器がチャコポコいってる曲が気に入ってます。
ペインスの歌はカリプソ・マナー?にのっとった歌いすぎないところが粋です。

IMGP1099.JPG

裏ジャケにはしっかりエドゥアルド・ベノアの名前も。
オルケストル・エスペランサというバンドを率いてこんな風に多くのレコードに参加したんでしょうね。
どの曲でもベノアのよく歌うサックスもたっぷり聴けてすっかりバカンス気分。

アルバム収録曲じゃないけどこんな感じです。
http://www.youtube.com/watch?v=kNblu0jLgw8

東京もいよいよ梅雨明け間近。
先日のタニヤ・サン=ヴァルとこれで夏を迎える準備整いました!
nice!(0)  コメント(2) 
前の10件 | - フレンチ・カリブ ブログトップ