So-net無料ブログ作成
検索選択
イベント ブログトップ
前の10件 | -

OKI DUB AINU BAND Special Live!@渋谷WWW [イベント]

IMG_0289.JPG

今宵はOKI DUBのライブに行ってきました。
昨年のレコ発ライブの鮮烈さが忘れがたく。ようやく再見できました。
ただいま帰宅したばかりなので感想は後日。
それにしてもまたもやシビレちゃったぜ!
nice!(0)  コメント(0) 

Flowerのライブ・ビューイング! [イベント]

今夜はFlowerのツアー・ファイナルが国際フォーラムであったんですが、以前も記したとおりチケットは取れませんでした。その代わりにライブ・ビューイングというのがあって、そちらを申し込んだら思いがけず当選。といってもソールドアウトしたわけじゃないので、今日普通に映画館に行けば見れたんですけど。

ライブ・ビューイングというのはまぁサッカーの日本代表戦とかでたまにあるパブリック・ビューイングと同じようなもんですね。ライブを生中継してスクリーンで観るという。
日本全国でやったみたいですけど、僕は新宿の映画館で見ました。
チケットは実際のライブの半額4000円くらいするんですが、ちょっと高いなと思いながらもどうせハズれると思ってたらあたってしまいまして。

それなりに楽しみにはしていました。
というのもライブ会場の遠目から見るよりもでっかいスクリーンで観るのはそれはそれで楽しいかなと。それに映画館だから音もドルビーでいいだろうし。実際そのとおりでした。
席が前の方だったのでスクリーンを見上げる感じで首が疲れたけど。
となりに座っていた高校生らしき二人組はフラッグなんか持ってたので、実際のライブみたいに振るのかな?と思ってたんですけど、アップテンポの曲で少し振ったくらいでしたね。けっこうみんな映画を観るみたいに静かに見てました。

そんなことよりも実際のライブですけど、7時くらいになると実際の国際フォーラムの映像が映し出されまして、会場の一番後ろにカメラがあるみたいでほんとうに会場にいるような雰囲気でした。
まさかこの定位置カメラの映像だけってことはないよな?と思ったんですが、もちろんそんなことはなく、言ってみりゃDVDを見ているような感じですかね。でも実際に今やっているんだというライブ感もあるわけで、いやぁ行ってよかったなぁ。

とにかく素晴らしかった。
何がって鷲尾玲奈の歌が。
前半は声があまり出てなくて声量にも物足りなさがあったんですが、歌っているうちにどんどん声も出てきて、多少危なっかしいところもあったとは言え、そんなことを帳消しにするくらいエモーショナルな瞬間がいっぱいあったんですよ!特に「ヴァージン・スノウ」はすごかったなぁ。もう完璧にもっていかれました。
ところどころ挟まれるメンバーによる物語的なイメージ映像があるので衣装替えの間も退屈させないし、視覚的にもパフォーマーがダンスによって過不足なく歌を演出しているところもショウとしての完成度を高めていた。

3曲目で大好きな「Blue Sky Blue」が歌われ、それに続いて昨年最もよく聴いた曲のひとつ「紫陽花カレイドスコープ」が続いただけで個人的にはすでにテンションマックス。
一昨年のシングル「瞳の奥の銀河」以降の新曲は全て歌ってくれたしもう大満足。
バラード中心の前半とは打って変わって後半はアップテンポの曲をたたみかけ「ラッキー7」「モノクロ」などクール決める曲はこれまでにない凄みもありました。いやぁ歌もダンスもカッコよかったー。
歌うのは鷲尾玲奈ひとりになってしまったけど、もう大丈夫。今後がさらに楽しみになりました。

あぁほんと行ってよかった。実際のライブじゃないとは言え、はっきり言ってめちゃくちゃ感動しました。
ここ2年ほど何回も言ってますけど、今日本のポップスで聴くべきはFlowerなんですよ!!なにはなくとも鷲尾玲奈の歌を聴くべきなんですよ!!!
改めてそう確信した夜でしたね。でも次はほんとのライブに行きたいな!

nice!(1)  コメント(0) 

サイサイ年末ライブの感想 [イベント]

IMG_0220.JPG

忘れないうちに昨年末に見たサイレントサイレンのライブの感想を記しておこう。

始まりはちょっとしたイントロダクションとしてアニメ映像が流れてからステージにかかっている幕が開きました。一曲目は知らない曲だった。ここ最近の2枚しかアルバムは聞いたことないからね。
でも半分位は知らない曲だったけど、曲自体の完成度は高いのでどれもキャッチーで覚えやすいから問題なし。

サイサイのライブは殆どの曲で客がやる手の振りが決まってるんですよね。入場時にペンライトを渡されるんですが、といってもリストバンドみたいなやつなんですけど。それが曲に合わせて色が変わったりするんです。
でまぁ見よう見まねで僕も手を振りましたけどね。あの状況ではやらざるを得ないというか、やらないほうが目立っちゃうからさぁ。この手の振りはキーボードのゆかるんがやるのを客もなるって感じですね。
これはこれで結構楽しかったかも。

えっと演奏はですね。一曲目からとにかく上手くなったなぁと思いました。ひなんちゅのドラムが何より安定感を増して、あいにゃんのベースは元々うまかったので、リズムがしっかりするとやっぱ違ってきますね。
ギターはヴォーカルンのすぅが全部担ってるんですが、こちらもツアーの成果で、バッキングもリードもばっちりでした。
でキーボードのゆかるんなんですが、この娘は演奏自体は半分位は片手で演奏していてもう片手は例の振りをやってるんで、プレイ自体はまだまだですけど、すぅの歌にハモる歌が結構安定していてすごく耳がいいんでしょうね。それと曲間や途中で客を煽ったりとMCとしてものすごくバンドの中で大きな役割を担っていてこれはこれで感心しました。

年末ライブということで途中、ファンの夢を叶えるという前方にせり出した花道でのファンとの交流コーナーがありました。

ライブ後半の「吉田さん」は一撃必殺の名曲だし、続く「チェリボム」のバカみたいな楽しさはほかでは得がたい。アンコールは新曲「フジヤマディスコ」。ダサいんだかかっこいいんだかわからなくなるアゲアゲのディスコ・ナンバーで笑う。
サイサイのライブはスキャンダルと違ってなんというかテーマパーク的な楽しさがあるんですよ。取り立てて大きな仕掛けがあるわけじゃないし、バンドとしての演奏が中心にあるのは確かなんですけどね。
とにかく客も大盛り上がりで楽しかった。また行きたい。

ライブの記念にフォトブックを買いました。これが結構良く出来ていて、A5サイズで小さいながらも240Pもあるボリューム満点のアジア-アメリカを回ったツアーの写真満載で楽しめます。

IMG_0223.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

浪曲を聴く@木馬亭 [イベント]

mokubatei170104.JPG

普段雑誌ってまったく買わないんですが、正月休みに思わず買った「東京人」。
浪曲特集だったからなんですが、数年前に広沢虎造の「清水の次郎長」を聴き浪曲入門し、昨年も図書館で演歌のCDと一緒に京山幸枝若のCDとかを借りたりしていて浪曲もいろいろ聞いてみたいと思ってたんですよ。でこの「東京人」を読んでさっそく浅草の木馬亭へ行ってきました。

毎月1-7日が定席だそうで木馬亭は浪曲専門の寄席なんですね。
浅草久しぶりに行ったなぁ。10年ぶりどころじゃないかも。正月三が日は過ぎたとは言え、雷門からずーと仲見世はすごい人出。軽くお参りしようと思ったけどあっさり諦める。

12時からがっつり3時間半、2500円で浪曲三昧でした。
150席ほどあるなんとも風情のある昔ながらの寄席で、最初は20人くらいしかお客さんいないんだけど。最後は70-80人くらいにはなったのかな。

演者は富士実子、港谷小ゆき、木村勝千代、澤惠子、東家若燕、室井琴梅(講談)、大利根勝子、澤孝子。若手からはじまり段々と中堅、ベテランと移っていきます。男性は東家若燕だけでした。この人は中堅どころでしょうか。人気ある感じでした。あと一人講談をやる人がいました。
やはり最後の澤孝子は重鎮らしく声といい節といい、素人でも力技でなく自然と引き込まれる魅力がありましたね。

語られる物語を聞くというよりはやはり歌というか節に耳を澄ますような聞き方になってしまうのはいいことなのか悪いことなのか。物語は半分くらいしか頭にはいってこなかったりして。
三味線を弾く曲師の方は衝立で見えないようになっているんですが、最後の澤孝子の時だけはその衝立がなかったので、節に耳を澄まして曲師のバチ捌きを眺めるという。
まぁ楽しみ方は人それぞれだからいいんでしょうけどね。

東家浦太郎を聴きにまた来月行きたいと思ってます。
3時間半も聴いたから頭の中で浪曲がまだ鳴りまくってる。

浪曲にちょっとでも興味のある人にはこれおすすめです。
IMG_0226.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

サイサイDream On! @東京体育館 [イベント]

IMG_0205.JPG

今夜はサイレントサイレンのライブ「年末スペシャルライブ Dream On!」を見に東京体育館へ行ってきました。この会場も初めて行きました。武道館クラスの広さだと思う。もちろん今回はスキャンダルのライブの時のようは失敗はせずに余裕を持って会場につきましたけどね。

ベスト選にも上げたアルバム「S」が素晴らしかっただけに、見ておきたかったんですよね。
ツアーも今回のライブもチケットを取ろうと思え簡単に取れたんですけど、ちょっと躊躇していたといいますか。理由はYoutubeなので見る彼女たちのライブはどうも客がサイサイのキーカラーであるピンクのTシャツを着てアイドルのりが僕には敷居高いと感じさせたからなんですが。まぁピンクのTシャツを着てない人ももちろんいるわけで。

今回のライブもあるのは知ってたんですけどね。
ベスト選で選んでからまた最近よく聴いてたのでやっぱり今見ておかないと後で後悔しそうだったので、行くことにしました。ギリギリにとったので三階席の一番後ろでしたけど。最初はそこらへんでよかったかな。

もちろん行ってよかったです。メチャ楽しかった。
サイサイのライブはスキャンダルとは音楽同様に趣が違うんですよね。
アルバム「S」のツアーじゃなかったのであのアルバムからはそれほどやりませんでしたけど、初めて聴いた曲もポップでいい曲ばかりで。
ライブの感想は長くなりそうなので、後日に。

アンコールでやった新曲「フジヤマディスコ」も、ダサいんだかカッコイイんだかよくわからないタイトル同様、闇雲にアゲアゲなディスコロックで、もちろん絶対支持。あいにゃんのベースがスラップ決めまくりでかっこよかった。
とにかくサイサイの前途は洋々だと確信できる素晴らしいライブ。年末も押し迫っていい夜でした。
nice!(0)  コメント(0) 

帰ってきたBEST★Xmasに大失敗! [イベント]

IMG_0203.JPG

今夜はスキャンダルのライブ「帰ってきたBEST★Xmas」を見に行ってきました!
なのになのに!大失敗をやらかしてしまいました。

時間を一時間間違えてしまったんですよ!
いや5時開場、6時開演というのはわかっていたんですけど、それに間に合うように乗る電車の時間を1時間間違えていて、家を出てから気づきました。
6時開演なのになぜ俺は5時に家を出たんだ?馬鹿ですね。
その時点でもう間に合わないと思いましたね。

でも奇跡的に間に合いました!
電車の乗りあわせがよかったのか。
豊洲PITって初めて行ったんですが、ものすごく辺鄙な場所で、ゆりかもめだと駅前なんですけど、とっても乗りにくい路線なんで、ほとんどの人は有楽町線の豊洲から歩くらしいので、私も1キロほど歩いたというか走ったんですが、豊洲に着いた時点で6時ちょい前で、走って5分おくれで着くともう中からは歓声が上がっていてもう始まってるかと思ったらメンバー登場する際のSEでした。
なぜか「帰ってきたウルトラマン」。「帰ってきたBEST★Xmas」にひっかけたんでしょうか。
脇から入ろうとしたら人でいっぱいで入れず、とりあえず間に合った安心感からトイレで用を足し、改めてもう少し前の入口からようやく中へはいりました。

演奏は始まっていてなんと1曲目は「SUKI-SUKI」でした。今年一番聴いた曲をこの年末に聞けるなんて!この曲は冬ソングなのでやるとは思ったけどオープニング・ナンバーとはね。
グルーヴがハンパなくってもうこの1曲だけで来てよかったと思いました。
僕にとってロックというのは8ビートが美しい音楽なわけで、やっぱり今スキャンダルを聴くのは正しい。今このバンドを聴かずにどうする!と思いましたよ。あうんの呼吸どころかまるで一匹の動物のようなビートでした。
それと、かなりの大音量なのにハルナの声がよく通って聞こえて改めてヴォーカリストとしての成長を感じましたね。
選曲は年明けにベストアルバムが出るからなのか、クリスマスだからなのか初期の人気曲が多かったかな。

クリスマス・パーティということで中盤、楽器も持たずダンスしながら、4人でハンドマイクでカラオケバックに1曲歌いました。全然知らない曲だったけど、客席は盛り上がって一緒に歌ってるし、たぶん初期のシングルのカップリングの曲なんだろうと思ってたら、ハルナが「大ヒット曲だからやっぱりみんなよく知ってるね!」とか言ってて、帰宅してセットリストをみたら関ジャニ∞の「ズッコケ男道」という曲でした。ぜんっぜん知らない。初めて聞いたよ。つい4-5年前までJ-POPって20年以上まともに聴いてなかったからなぁ。

その後、ピザ好きなメンバーが、ピザーラだとかいくつかの宅配ピザを食べて、どこのか当てるという、きき酒ならぬ、ききピザをやるとう和やかなコーナーが30分ほどありまして。

続いてようやく演奏再開。
来年リリースのベストアルバムに収録される新曲2曲を演奏しました。
「HELLO」はしっとりめのナンバーでしたが、リナのセンスのいいドラム・ワークにうなる。
もう一曲、「FREEDOM FIGHTERS」はハードなロック・ナンバーでした。
新曲がいち早く聴けて嬉しかったなぁ。
本編最後は「Image」。やっぱこの曲は最高。

アンコールでやった「Flashback No.5」も前回のツアーではやらなかったので聴けて嬉しかった。ラストは「SCANDAL BABY」で賑やかに幕。

いやぁ今年は1月に武道館で見て、4月に新潟で見て、これで3回目。今年ベスト1に選んだバンドのライブを3回も見れるなんてなんという僥倖。

今年のライブはスキャンダルに始まりスキャンダルに終わる!と言いたいところですが、今年はあともう一本見に行くライブがあります。今年唯一の心残りを解消しておこうかと。

それにしてもほんと間に合ってよかった。ライブの時はちゃんと時間を確認するという教訓を得ました・・・。まぁそれでもとりあえずはBEST★Xmasでしたかね。
nice!(0)  コメント(2) 

ホールでQueen of Hip-Popを見た!@国際フォーラム [イベント]


IMG_0168.JPG

あぁ楽しい時ほどあっという間に過ぎてしまうもの。
今夜は8月にツアーが始まってからずっと楽しみにしていた我が愛しのQueen of Hip-Pop、安室ちゃんのコンサートでした。場所は国際フォーラム。いつもアリーナ・クラスの会場ばかりでしけど、今日はホールということで、ついでに席もいい席だったんですよね。

一階席ちょい後ろよりでしたが、左右センターで正面からステージ全体を見渡せる席でよかったなぁ。いつもはツアーが始まるとすぐセットリストとか見ちゃうんですけど、今回は我慢して見ないで行ったので、どんな曲をやるかも知らなかったので、曲が始まるごとにドキドキワクワクしてました。
今夜はいつもどおり放心状態なので、感想はいずれ気が向いたら。

あぁもうほんとあっという間に終わっちゃったなぁ。
いい夜でした。
nice!(0)  コメント(0) 

カミラ・メザ&シャイ・マエストロ@ピットイン [イベント]

camilaapit.JPG

そんなわけで昨夜のカミラ・メザ&シャイ・マエストロのデュオによるライブは素晴らしいものでした。日中に「Traces」をちょっと聴いただけで行ったんですが楽しめましたね。
ちゃんと座れたのでゆっくり見れて良かった。

この二人はよく一緒に演奏してるのか気心知れた気安さが音楽全体に心地よさをもたらしていましたね。何よりカミラの清廉な歌声が魅力的なんですが、もちろんインストパートもたっぷりあります。ただ二人による丁々発止のやり取りという感じは全くなくて、お互いを補完するというか、全般的にシャイのピアノがカミラの歌に寄り添う感じでしたかね。

このシャイ・マエストロがまためちゃくちゃ上手くて、ものすごく斬新なフレーズを繰り出す感じではないんですが、ソロになるとあらぬ方向へすっ飛んでいって、そうなるとカミラはバッキングもせず見てるだけになってしまう。
カミラ自身はギタリストとしては至極オーソドックスなプレイでテクニック的にバカテクというほどでもなく、同じ楽器奏者にして歌手でもあるエスペランサ・スポウルディングを思い出したりもしたんですが、エスペランサのような楽器奏者としての完成度はないので、そこらへんのスリルはあまりなかったですね。ギターの音色と開放感にはパット・メセニーを思い出したりも。

だからシンガーソングライター的な音楽として聴いていたかな。コンテンポラリーなジャズ風ポップスとして。
最初に歌い始めた曲が、あれ?この曲聴いたことあるな。と思ったらカエターノ・ヴェローゾも歌っていた「Cucurrucucu Paloma」でした。この曲チリの曲なのかな。他にもトム・ジョビン&シコ・ブアルキの曲も歌いました。
若い女の子が故郷チリ、サンティアゴの空を胸に抱いたままニューヨークに移り住み、今は東京でギターを抱えて故郷の歌を歌っている。その風情に勝手にメランコリックな気分になったりも。

とにかく心地良い音楽で休日の夜を素敵に過ごせました。
8時開演で途中休憩を挟んで2セット。終わったのは11時だったので2時間半くらい目一杯くらいやってくれたのも嬉しかったな。
カミラは小柄なとってもチャーミングな女性でした。
85年生まれだそうだから今年31歳ですけど前髪パッツンなのもあって歳よりもっと若く見える。次はドラムとベース入りの編成で聴きたいな。ファンになりました。
nice!(0)  コメント(0) 

時代を生きた写真家 濱谷浩と土門拳@土門拳記念館 [イベント]

hamatanidomon.jpg

僕は写真を見るのが好きですけど、特別系統だてて見ているわけでも、知っているわけでもなくて、土門拳に関しても「古寺巡礼」とか知ってはいるけど見たこともなく、特別興味も持っていませんでした。

なので、酒田に行くと決めてからも土門拳記念館へ行く予定もなかったんですが、直前になっておそらく二度と酒田へ行くこともないだろうから、行っておこうと思い立ったんですね。

今回訪れた時に開催されていたのは「時代を生きた写真家 濱谷浩と土門拳」というものでした。
濱谷浩のことは全く知りませんでしたが、民俗学的見地に立った半世紀以上前の秋田など豪雪地帯の人々や文化を写した写真「雪国」は、土門拳の九州の炭鉱地の子供たちを写した「筑豊のこどもたち」と響き合い深く心動かされた。まだうまく言葉にならないけれど思うところ多々ありました。

建物自体も素晴らしく、いつかまた訪れたいとも思いました。行ってよかったです。
domonkinen.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

キレてるベーシストの頭の中@ゼップ・ダイバーシティ東京 [イベント]

Esperanza0531.JPG

昨夜はエスペランサ・スポウルディングを聴きに行ってきました。
今回はスタンディングのフロアーではなく、2階でゆっくり音楽を向き合うことにしました。
席に着いて流れていたのはザ・バンドの「When you awake」。エスペランサのライブ会場でザ・バンドを聴くとは思わなかったので、まず最初の嬉しい驚きでした。

定刻の7時になると鳥の鳴き声が交じる奇妙な宇宙的?SEが聞こえてきた。
歌いながら登場したでっかいアフロヘアーのエスペランサは中世のドレスみたいなのを着てるんだけど、でかい!背がやたらと高いんですね。あきらかに何かはいてるというかのってるというか。
それだけでなんだか可笑しいんですが、一曲歌い終えてステージ奥でしゃがみこんだと思ったら、そのスカート部分が真上にドカっと立ち上がって客席から見るとテントみたいになってるんですが、しばらくするとその真ん中からエスペランサが王冠みたいな冠を被って出てきた。
おそらくエスペランサがエミリーに変身するという趣向なのかもしれない。

シアトリカルなステージになるということはアルバム「エミリーズ・D+エヴォルーション」発売時のネットで公開されたライブで見てたので、ある程度僕はわかっていたけど、知らなかった人はびっくりしたろうな。
でもこの最初の部分はネットで見たときにはなかったし、演奏を重ねるうちに色々変化していってるんだろう。

以降も公開されていたライブ映像に沿ってはいるけど、所々で変化していてスリリングに楽しめました。
「ファンク・ザ・フィアー」や「アンコンディショナル・ラヴ」などインプロが炸裂する曲はエスペランサのベースとマシュー・スティーブンスのギター、ジャスティン・タイソンのドラムがいきものようにうねりまくり快感。特にマシュー・スティーブンスはクリアなトーンで幾何学的フレーズを繰り出す面白いギタリストですね。エスペランサも「私は今ベースを弾きまくりたい気分なのよ!!」って感じで。なんか終盤はクリームとかベック・ボーガード&アピスとか聴いてるような気分になりました。
なんだかんだ彼女はジャズ畑で語られる人だろうけど、最近の新しいジャズはヒップホップのリズムの消化の仕方というのがひとつのテーゼになっているようなところがあるけど、彼女はそれとは離れたところで独自の音楽を育んでいるところも面白かった。

アンコールは「エミリーからエスペランサに戻るわ」と言ってアカペラで一曲。あれアカペラっていうのかな他の楽器の部分もスキャットで再現しながらの面白いアカペラでした。

「エミリーズ・D+エヴォルーション」からの曲だけだとちょっと短いだろうから、他にも少しやるのかと思ったらアンコール曲だけでした。終演は8時20分。ちょっと短かったけど、素晴らしい演奏でしたから物足りないなんてことはありませんでしたけど。
次はジャジーでソウルフルなエスペランサを見てみたいけど、こんなキレてるベーシストの頭の中を覗いたようなライブのあと、彼女はどういった方向に進むのか全然見当もつかない。だからなおさら今後が楽しみでもある。

面白いものを目撃した夜でした。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - イベント ブログトップ