So-net無料ブログ作成

Today's choice 2017-03-31 [Today's choice]

BEST FICTION.jpg

安室奈美恵 : BEST FICTION
昨年8月から始まったツアーが未だ終わらない安室ちゃん。88本だったのが追加公演によって100本!ほんと敬服します。追加公演は思いっきりはずれたので、5月のDVDを楽しみに待っています。これは02年から08年までの全シングル+新曲で構成された最強のベスト・アルバム。MVも見たくなっちゃったぜ!
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017-03-30 [Today's choice]

Patato Masterpiece.jpg

Patato : Masterpiece
ラテン・ジャズばっかり聴いてたのは10年くらい前か。その頃よく聴いたパタート・ヴァルデスの94年作。ホルヘ・ダルト、ジェリー・ゴンザレス、ニッキー・マレーロと後輩達が盛り立てる軽妙洒脱なラテン・ジャズ。ひさしぶりに聴いたけど、ヴァラエティに富んでいて楽しい。いいアルバムだ。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017-03-29 [Today's choice]

Modo Livre.jpg

Ivan Lins : Modo Livre
初めて聴いたイヴァン・リンスはこれだった。後年とは違う荒々しくも感じるような声を張り上げる歌声が耳に残る。74年だからまだ20代だもんね。それにしても初めて聴いた時も思ったけど、ピッカピカに輝くようなメロディの清冽さはもう眩しいくらい。30分強とあっという間に終わっちゃう。これも名盤。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017-03-28 [Today's choice]

Afterglow.jpg

Dr.John : Afterglow
そんなわけで昨日ジョニー・アダムスを聴いたらドクターを聴きたくなったのでこれを。そうだった。これもトミー・リピューマ・プロデュースだった。エリントンにアーヴィン・バーリンと好みの具が盛り沢山。BBキングも歌った「There Must Be A Better World Somewhere」にグッとくる。
nice!(0)  コメント(0) 

ニューオリンズ・ジェントルな歌声 [R&B/JAZZ/etc]

Verdict.jpg

昨日今日と突然の真冬並みの寒さ。この季節はこんな日もある。
そこで取りい出したるはジョニー・アダムス。95年のラウンダー盤「The Verdict」。
渋い。我ながらこんなアルバムを取り上げるなんて渋すぎる。

こんな冷え込む夜にこんなジェントルな歌声に包まれる幸せ。
いつもならサラッと3行程度で済ませるところを思わず語りたくなってしまった。

ニューオリンズを代表するシンガーでありながらもあまり語られることのない人です。
僕も詳しくないけど、ポピュラーなヒット曲もないし、どちらかというと地元ニューオリンズを中心に地道に活動してきた人って感じでしょうか。それにこの人はジャンル的にどこに入れていいか困るようなとこあるしね。
ソウル~ブルースの人ではあるけど、今日取り上げるアルバムはじめかなりジャズっぽいとこもあるし。カントリー・アルバムもあるくらいだからね。
とにかく歌手なんですよね。気に入った曲ならなんでも歌っちゃうっていう。でも節操がないって感じじゃなく、ただただ、いちシンガーだったんでしょう。

たしか亡くなったのは98年だったっけ。だから本作は晩年の作品ですね。ラウンダーで何枚も出してるけど、本作はジャズに振れたアルバムといっていいかな。
冒頭の「Blue Gardenia」はハリー・コニック・ジュニアのピアノだけをバックに、この曲はじめ「Love For Sale」「Willow Weep For Me」などジャズ・スタンダードでは所謂ジャズ・シンガーとは違ったフェイクせずメロディを丁寧に歌い上げるスタイルが印象的。聴き手をやさしく包み込むような歌声に滲むブルースが沁みる。
カルテットをバックにしたタイトル曲でのジョニーの歌に絡むヒューストン・ピアソンのサックスもバーボン・ストリートに溶けていくネオンを見るよう。

ジャジーな歌の後には正調ニューオリンズ・ファンクの「City Lights」。この曲はドクター・ジョンとドク・ポーマスの共作曲。他に「Dreams Come Must be Going Out Of Style」「You Always Knew Me Better」と3曲も取り上げている。ドクター・ジョンが参加しているアルバムもあるけど、本作には参加してません。ドクターのアルバムの中でも先ごろなくなったトミー・リピューマ・プロデュースの2枚「シティ・ライツ」と「タンゴ・パレス」が愛聴盤という僕にはこの選曲はうれしい。

スタンダードではガット・ギターをバックにした「Love For Sale」もボッサ・タッチの軽やかな演奏にコクのあるジョニーの歌が映える。

ハリー・コニック・ジュニアとのもう一曲のデュオ「A Lot Of Living To Do」では口真似のトロンボーン、マウス・トロンボーン・ソロも聴かせてくれる。次の「Willow Weep For Me」のアウトロでのサックスとの掛け合いなんてサイッコーにお洒落。芸達者ですねぇ。

こんな風にジャズ・スタンダードとニューオリンズ・ファンクが自然と同居しているところがいかにもこの人らしい。後半の「Come Home To Love」ではゴルペル・コーラスも配され、少し泥臭くせまりつつもジェントルな姿勢は崩さず。噛み締めるような歌声はめっちゃソウルフル。感動。
ラストを即効ブルース「D Jam Blues」で締めるなんてのも粋。

うーん、なんていいアルバムなんだ。
できれば曲を張り付けたかったのにYoutubeにはこのアルバムの曲は一曲もなかった。
でもこういうアルバムこそを「隠れた名盤」と呼ぶんですよ。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017-03-26 [Today's choice]

Beny More.jpg
Beny More with Perez Prado and His Orchestra : El Barbaro Del Ritmo
キューバン・クラシックスの中で相対的に日本ではアルセニオ・ロドリゲスとミゲリート・バルデスが人気が高い気がする。それはおそらく中村とうようさんが二人をとりわけ贔屓にしていたからだと思う。とはいえベニー・モレーを低評価していたわけではないだろうけど。
マンボキング、ペレス・プラードのある意味メカニックでさえあるマンボ・サウンドに引けを取らずに歌えたのはベニー・モレーだけだろう。天にも届くような輝ける歌声に圧倒される。これと同じくトゥンバオ盤のセステート・アバネーロでキューバ音楽に引きずり込まれたのでした。
nice!(0)  コメント(4) 

南アフリカ音楽再入門! [アフリカ]

IMG_0292.JPG

昨日訪れたエル・スールで見つけた「南アフリカ音楽入門」。
中村とうようさんが主宰していたオーディブック。一応新譜コーナーに置いてあったけど1900円くらいだった。94年リリースだからアウトレットみたいなもんなのかな。

このオーディブックはいろんなのがでてたけど、僕が持っているのは「ブラック・ゴスペル入門」だけ。80年代後半、本格的に黒人音楽に興味を持ち始めた時に買ったのだった。
でも結構高いのでなかなか他のは買えずじまいだったんですよね。「キューバ音楽入門」あたりは後年ライスから曲目を変更してリイシューされたりもしてました。

南アフリカ音楽は大好きだけど、それほどたくさん聴いてるわけじゃない。
そんなわけでここで改めて南アフリカ音楽再入門とあいなりました。

前半の労働歌的なコーラスも面白いけど、やっぱり南アフリカ独特のあの泥くさいリズムが感じられるようになる8曲目のアフリカン・スウィングスターズあたりから俄然楽しくなる。リトル・レミもちゃんと聴いたの初めてだな。
それになんつったってやっぱりダーク・シティ・シスターズが3曲収められてるのが嬉しい。
これ聴いたら改めて「スタータイム1~4」への想いが募ってしまうのでした。

収録曲じゃないけど。

nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017-03-24 [Today's choice]

Voodoo.jpg

今や「VOODOO」というタイトルで多くの人が思い浮かべるのはディアンジェロなんだろうな。
でもダーティ・ダズン・ブラス・バンドの89年作だって負けず劣らずの名盤でしょ。
たしか邦盤はジャケが大人しいのに変わってたけど、やっぱりこのジャケの方がらしい。
今ならラテンやカリブの音楽との道筋も思い描きながら聴くこともできる。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017-03-23 [Today's choice]

NinoRivera.jpg

ニーニョ・リベーラの58年盤。
うちにあるキューバ音楽はこういう古いのばっかりなんです。
50年代後半だからなのかスッキリとどことなくモダンな感じがします。
いいわぁ。
nice!(0)  コメント(0) 

Today's choice 2017-03-22 [Today's choice]

Love Movement.jpg

ア・トライブ・コールド・クエストの98年の5thでありラスト・アルバム「Love Movement」。
昨年再結成アルバム出したけどね。
The Ummahによる音作りはもう職人肌。
なんか墨絵を見てるような微妙な濃淡がシ・ブ・イ。
最近の気分はこんな感じ。
nice!(0)  コメント(0)