So-net無料ブログ作成
検索選択

Heartsdales全アルバム・レビュー! [ポップ/ロック]

10年も前に解散した姉妹ラップ・デュオに、なんで今頃こんなにハマってんのか自分でもよくわかりませんが、考えてみれば戦前ジャズにハマってるのとそう変わらないといえば全く変わらないのかな。
そんなわけでハーツデイルズの全アルバム・レビューしちゃいましょう。どう考えても誰もやらないだろうからMVもつけて気合入れてレビューしました。ジャケだけ見れば、ただの流行りものみたいに思うかもしれないけど、ちゃんと素晴らしい最高傑作も残してるんですよ!

Heartsdales - Radioactive.jpg
1st Radioactive(2002)
2001年にテレビ番組「アサヤン」のラップ・オーディションを勝ち抜き、その年の12月に「So Tell Me」でデビュー。翌2002年のm-floのバーバル・プロデュースによるデビューアルバム。女だけどこんな本格的なヒップホップやっちゃうよという感じで、シングル曲は親しみやすくポップだけれど、それ以外はヒップホップ的にコアな方に向き過ぎ?でアルバムとしてはちょっと地味な出来。中島美嘉はじめゲストは豪華なんだけどね。NY育ちだけに英語も駆使してのラップはさすがにカッコイイ。


Sugar Shine.jpg
2nd Sugar Shine(2003)
これもバーバル・プロデュース。まだヒップホップにこだわったプロダクションでシングルにもなった「CANDY POP」をはじめハーツデイルズらしいポップなヒップホップ・ナンバーは楽しい。NYでヒップホップをただのヒットポップスとして聴いてきたからこそのポップさが他にない個性。エイベックスらしく前作に入っていた曲のリミックスなど、てんこ盛りにすればいいってもんじゃない。無駄に長くなってアルバムの流れがなくなってしまったのが残念。もうひとつ残念なのがCCCDだってこと。


Superstar.jpg
3rd Super Star(2005)
初のセルフ・プロデュース作。ヒップホップにこだわらず自分たちが楽しいカッコイイと思うものを詰め込んで汎クラブ・ミュージックなプロダクションが功を奏し、勢いのあるアルバムに仕上がった。セルフ・プロデュースという気負いも良い方に作用したのか一本芯が通っている。イントロに続くハウス調の「 I See You」「Shining」にヒップホップ×エレポップな「Super Star」、テックハウスな「We Love The Music」とたたみかけるスピード感はサイコー。RUMのスウィートな歌も良い「Darlin’ Darlin’」もあるし、ラテンな「Bailamos?」もいいアクセント。JewellsがマミーDと張り合う「Get Drunk」に、加藤ミリヤの歌も聴ける「Paradise」では、アウトロのファンキーな生ドラムだけを従えてのフリースタイルも文句なしにカッコイイ。ラストはファットなリズムうねるファンク・ナンバー「Fanasy」で辛口に締め。勢いだけじゃない、構成もよく練られた文句なしのハーツデイルズ最高傑作。激オススメ盤。ヒップホップ云々関係なく優れたポップ・アルバムです。ちなみにジャケは裏ジャケを縦に見る仕様。


Ultra Foxy.jpg
4th Ultra Foxy(2006)
前作以上にバラエティに富んだアルバム。ガールポップな「Love City」に軽快なハウス・トラック「Sweet Candy」、「冬gona love」はスウィートな名曲だし、「♫限界知らないFly姉妹!」と宣言するノリノリアゲアゲな「Party Central」、エキゾなレゲトン「So Safari」、「Devil may Rock」ではロックなギターもうねる、キャッチーな「Hey DJ」、ヴァン・ヘイレンJUMP!な「Angel Eyes」にも文句はない。枠を広げすぎてちょっととっちらかりすぎとも言えるが基本パーティ・ミュージックだからね。まとまりという点では前作に譲るがこれも傑作。残念なのは本作がラスト・アルバムになってしまったことだけ。


Thelegend.jpg
Best Album THE LEGEND(2006)
シングルとそのMVが全て収められたベスト・アルバム。ラスト・シングルの「Stay」はここでしか聴けない。5年という短い活動期間だったせいか、弛緩した空気を漂わす暇もなく駆け抜けてしまったことがよく分かる。DVDにはライブ映像もチョイあり。

THELEGENDFinalLive.jpg
Live DVD THE LEGEND 〜Final Live〜(2006)
2006年9月に行われたファイナル・ライブをフル収録。これはもう最高に楽しい。アルバムに参加していたゲストも勢ぞろいで初見から数日、寝る前に抜粋で何度も見てしまった。ほんと楽しいんだよ。特にアンコールのSOUL'd OUTを迎えた「CANDY POP」の楽しさと高騰感は格別。今更ながら、今頃再発見した自分が恨めしい。この客席にいたかったなぁ。全ハーツデイルズ楽曲をノンストップリミックスしたCDが付属。



多摩美大生でもあった妹のRUMが卒業を期にアートの方に進みたいという意向での解散ということみたいです。彼女は現在NYでアート活動。姉のJewelsは音楽活動も継続する一方いろいろ活動中。

それにしても10年ちょっと前かぁ。安室ちゃんにハマった時もなんで俺はこれに気づかず素通りしてきてしまったんだと思ったけど、安室ちゃんは未だ現役バリバリだからいいけど、ハーツデイルズはもう解散しちゃったからね。
とにかくハーツデイルズ最高!3枚あるリミックス・アルバムもいずれゲットします。
nice!(1)  コメント(0) 

軍曹は恥ずかしがり屋さん [ひとりごと]

IMG_0283.JPG

エリントンの40枚組を日々楽しんでます。
エリントンに限らないけど戦前ジャズはヒット・ポップスを聴くのと同じ感覚で聴けるから肩がこらなくていい。部屋でかけ流しても聴けるから。

時系列的に聴かずに適当に引っこ抜いて聴いてるんですが、今日は39年の録音を。
この頃になるともう完全に出来上がったエリントン・サウンド。
いずれちゃんと時系列に聴いて記事にしようかなと思いつつ、そんなことできるかな?ってそう難しく考えなくても簡単な感想でいいか。

グルーヴィなリズムに乗ってユーモラスなタイトル通り、掛け合いのホーン・リフが面白い。楽しいなぁと思っているうちにあっという間に終わっちゃう。

nice!(0)  コメント(0) 

センバの裏庭で [アフリカ]

Quintal do Semba.jpg

今年一番のヘビロテ盤の1枚はパウロ・フローレスの「Bolo de Aniversário」。ほんと素晴らしいんですよ。エル・スールにもまだ入荷しないなぁ。
この人のことを知ったのは「ポップアフリカ700」に載ってたからなんですが、実際に音を聴いたのは、昨年アップル・ミュージックで2003年作「シェー・ポーヴォ」が初めてでした。この盤は日本でもライスからリリースされてたんですがとっくに廃盤で、この人のアルバムはCDで集めるのはなかなか難しそう。

アップル・ミュージックやスポティファイではほとんどのアルバムが聴けるから、全部聴いてみようとと思ってるんですが。ほんとはCDで集めたいんですよね。それくらい惚れ込んでしまいました。
今年買ったアンゴラ音楽のCD、エディ・トゥッサはじめどれも素晴らしいけど、パウロ・フローレスの音楽はどっしりと地中深くに根を張った大木を思わせるようなどっしりとした存在感に圧倒される。ミディアム・テンポのセンバになす術なく寄り切られてしまう。

この「QUINTAL DO SEMBA」は2003年にアンゴラの国家プロジェクトとして製作されたもので、DVDもあるみたいなんですが、スタジオ・ライブ盤です。このプロジェクトの中心となったのもパウロ・フローレスでした。
タイトルを直訳すると「センバの裏庭」。センバという音楽のルーツやブラジル音楽との繋がりを示すような選曲がなされています・・・たぶん。作曲者のクレジットを見てもカエターノ・ヴェローゾなんかはわかるんだけど、ほかの多くのはどこの人かわからないんだよね。

冒頭ビヨーンビヨーンと鳴る弦楽器ビリンバウ?だけをバックにダル・ロギーという人が一節唸る。続いて奏されるのは王道のセンバ。と言っていいのかな。センバの打楽器類が刻むリズムはブラジルのサンバと共通する部分もありつつ違うとこもある。アフリカ的なおおらかさがある感じ。
パウロ・フローレスが多くの曲でヴォーカルを取るけど、他にもカーリトス・ヴィエイラ・ディアスやモレイラ・フィルホも素晴らしく魅力的な歌を聴かせてくれます。

カエターノやジャバンの曲とアンゴラの伝統音楽グループ、キトゥシの曲をメドレーで奏したり、大海の向こうの失われたミッシングリンクを辿るようなスリルがワクワクさせてくれる。
スタジオ・ライブながら普段スポットの当たらない自分達の音楽を、ラジオを通して多くの人に伝えられる緊張感が爽やかに高騰していく後半は特に胸躍る。センバというクレオール・ミュージックの魅力を余すところなく伝えてくれる名盤だと思う。

DVD見たいなぁ。

nice!(0)  コメント(0) 

歌でしか伝わらないもの [アラブ]

IMG_0282.JPG

アルジェリアのシャアビって一時期日本のワールド・ミュージック界隈で結構話題になってたよね。「アラブ・アンダルース音楽歴史物語」もよく聴いた。あれは第1集ということだったけど、その後音沙汰ないのは、ああいう音楽はそれほど売れるものじゃなから仕方ない。

その頃に買ったダフマン・エル・ハラッシのこのCDもよく聴いた。なんのクレジットもないからいつの録音かもよくわからない。60~70年代かな。このCDの一曲目に収められたアルバム・タイトルにもなっている曲が最高に素晴らしくってさぁ。9分以上あって、このアルバムには7曲しか入ってないんだけど、比較的長尺曲が収められている。
ひさしぶりに聴いたら、どの曲も郷愁を誘うような哀切なメロディが胸に迫る。日本人なんですけど。これしか持ってないけど、これだけあればいい名盤。

最後の10分に及ぶ曲も大好きだったんだよな。
シャアビってこういう構成なのかな。歌の後にあいの手みたいに弦楽器のフレーズがはいるよね。間奏の弦楽器の流れるようなフレーズといい、久しぶりに聴いたせいかどれもこれも胸に染み入るなぁ。

こういうモード音楽?を聴いた後に、和音のある普通の欧米の音楽を聴くとちょっと変な感じになるよね。ダルブッカっていうだっけ打楽器と弦楽器マンドラ、それにシンセみたいな(多分違う)音のする鍵盤。どの曲もイントロで爪弾かれる旋律だけで胸を締め付けられる。ほんと日本人なのになぜ?
そこにのるダフマン・エル・ハラッシのしゃがれ声のなんと魅力的なことよ。歌でしか伝わらないものってあるよなって、改めてこういう歌を聴くと思う。

最後に入ってる曲。

nice!(0)  コメント(0) 

絵空事でない確かな「Faces」 [ポップ/ロック]

FACES.jpg

昨年のシングル「Lovin' You」もとっても良かったのにシングル買わなかったクリスタル・ケイの新曲「Faces」がとても良い。今回はダウンロード・オンリーみたいなので、250円だし迷わず買いました。

「Lovin' You」と似たタイプの正統派R&Bバラードです。
以前は上手いけどとりたてて面白みのない歌手でしたけど、前シングルくらいからとても良くなったと思う。
ひと節ひと節に情感がしっかりのって、聴き手の胸に絵空事でない確かな実感を残していく。
曲自体も良いし、本人も手応えあるんじゃないかな。

ここらでヒットが出るといいね。

nice!(0)  コメント(0) 

ハーツデイルズを大人買い! [ひとりごと]

IMG_0280.JPG

最近、ハピネス「REWIND」やスダンナユズユリー「OH BOY」を聴いて、改めてこういうラップ歌謡好きだなぁと思ってたんですが、そのせいで昨年もアップル・ミュージックで聴いて記事にもしたハーツデイルズというのが、改めて自分の中でクローズアップされてきたんですよね。

TV番組「アサヤン」のラップ・オーデションから出てきた二人組ですけど、当時テレビで一度だけ見て、なんか楽しいなとは思ったけど、当時はJ-POPなんてまったくの関心外だったからね。

でハーツデイルズをちょっと調べてみたら、このラップデュオはRUMとJEWELSという姉妹なんですが、ウィキペディアに解散後の活動に、JEWELSがハピネスの2015年のシングル「Holliday」のラップ歌詞を担当してるとあったんですね。この曲はハピネスがヒップホップ路線に開花した曲なんですが、この事実を知ったときは!!ビンゴ!!って感じでしたね。繋がった!というね。

そんなわけでスポティファイやYoutubeでハーツデイルズの曲を聴いてるうちにすっかりハマってCDが欲しくなっちゃって、大人買いしてしまいました。ブックオフで探したんだけど、2ndだけ108円で見つけました。その他はアマゾンで。中古で1円なんだよね。YoutubeでMV見ながら、最初はケバいなぁと思ってたのが、だんだん可愛く見えてきたこともあってMV入りのベスト盤と2006年のファイナル・ライブを収録したDVDも含めての大人買いですよ。さすがにDVD付きは1000円くらいしたけど。

こーれが楽しいんだよねー。もうハマりまくっちゃってさぁ。
10年も前に解散した今や誰も話題にしない姉妹ラップ・デュオを、今頃こんなに熱心に聴いてるのは俺くらいだろうな。というか今頃聴いてるのが遅すぎるんですけど。
5年間の活動で、オリジナル・アルバムは4枚のみ。ジャケだけ見てどうでもいい流行りものと侮っちゃいけません。ちゃんと素晴らしい最高傑作も残してるんですよ。そのうち全アルバム・レビューでもしよう。

これが2001年のデビュー・シングル。
この曲のリリックがハピネスの「ホリデイ」に使い回されてます。いいよね。こういうヒップホップ・マナー。

nice!(0)  コメント(0) 

キリっとした歌い口がスウィンギー! [R&B/JAZZ/etc]

IMG_0268.JPG

最近エリントンのとこで歌ってたアイヴィー・アンダーソンとか戦前のジャズ・シンガーがお気に入り。この頃の人はジャズ・シンガーといえばフェイクありきな感じの後年のジャズとは違う普通にメロディをリズムにのせてスウィングして歌っていて気持ちいいんですよね。

このミッジ・ウィリアムスのことはまったく知りませんでした。
店頭で見つけてなんとなく顔写真とHer Juzz Jestersなんて自分のグループを持って歌ってたなんて結構人気の会った人なのかなと思って、それと裏ジャケにテディ・ウィルソンのブランズウィック・セッションでも歌ったとあったので買ってきた。

これが大正解でしたね。
ジャイヴィーな感じはないけど、品のいいキリっとした歌い口がスウィンギーで最高です。バックの演奏もスウィング黄金期だけに軽やかに跳ね楽器ソロも短いながらもきらめいている。楽しいことこの上なし。
ライナーには30年代中頃には日本にも来て、インペリアル・ホテルに出演したともある。
2008年頃の生まれだからこの盤は20代後半くらいか。結構若くなくなってしまったみたいだけど、他のも聴いてみたいな。

こういうシンガーが今となってはまったく顧みられないなんて残念だなぁ。

nice!(0)  コメント(2) 

FREEDOM FIGHTERSのMV [ひとりごと]

スキャンダルのベスト盤に収録されてる新曲「FREEDOM FIGHTERS」のスタジオ・ライブが公式に公開されてた。ハードな曲ながらスタジオ録音以上に端正に聴こえる。ガシャガシャせず音がきっちり整理されてるよね。ほんと上手いバンドになったなぁ。
「HELLO」のライブ演奏も公開してくれないかな。

前髪パッツンなハルナがカワイくカッコイイ。

nice!(0)  コメント(2) 

Today's choice 2017-02-20 [Today's choice]

IMG_0281.JPG

ミゲリートとマチートの63年の再会盤。
キューバ音楽を聴き始めたばかりの頃はなんと言ってもベニー・モレーが大好きだった。
それに比べるとミゲリートは苦手だったな。このケレン味がね。
でも段々とこれがいいと思えるようになったんだよな。こういうわざとらしいとも言える芸人っぽさを楽しめるようになったのは、自分にとっては大きなことだったなと今になると思う。

往時のリズムのキレも濃厚さもないかもしれないけど、この二人が揃えば悪いわけない。ミゲリートの声も朗々と鳴り響き、再演曲ばかりだけど楽しめます。最後の瓢箪から駒?な擬似アフロ「AFRICA CANTA Y LLORA」が最高。
nice!(0)  コメント(0) 

手紙は憶えている [映画]

tegami.jpg

70年前ナチスに家族を殺され、今は認知症を患う90歳のゼヴ。妻の死後、共に収容所を生き延びた友人から手紙を受けとった彼は、その手紙だけを頼りに、身分を偽り生きるナチス兵を探し始める。

アトム・エゴヤン監督 : 手紙は憶えている
相変わらず多いナチスもの。主人公の記憶が失われていることからしてラストが想像できてしまうのがサスペンスとは難。主人公を演じたクリストファー・プラマーはベテランだけにさすがに上手い。
nice!(0)  コメント(0)