So-net無料ブログ作成

渋谷毅オーケストラ@新宿ピットイン [イベント]

shibuya060429.JPG

昨夜は渋谷毅オーケストラを聴きに行ってきました。
ひさしぶり数年ぶりのピットインでしたが、開場前からけっこうな人であふれてて、GWのせいかな?と思ってたんですが、椅子席の後ろにかなりギュウギュウで立ち見の人がいるのを見て、そういえば今夜はゲストがいたなと思い至って、ゲスト目当ての人も結構いたかも。

僕は渋谷毅って初めて見るんですよね。今まであまり縁がなかったのは彼のホームグラウンドが荻窪だからかな。でもピットインでもそれなりにやってるはずだから、単に自分がそれほど興味を持ってなかっただけかもしれないけど、メンバーの何人かは色んなところで聴いたことのある人ばかりだったんだけど。
CDをちょっと聴いてから行こうかなと思いつつ、最近のアルバムはないみたいだし既発表のアルバムから演奏するとも限らないので、結局まっさらの状態で行きました。

一曲目からかなりグルーヴィでノリノリなのに不意打ち。もっと生真面目っぽいのを想像してたので。石渡明廣のギターがカッコイイ。後ろで座ってギターを弾く姿は居合抜きの達人のよう。
ドラム・ベース・ギターにソプラノ・アルト・テナー・バリトンのサックス4本にトロンボーンにピアノという編成。渋谷毅のピアノって寡黙というわけじゃないけど、必要なことを必要な時にしか言わないといった感じのピアノで派手さなど微塵もなく、それでも音楽をゆったりと解き放っていくバンドのグルーヴの中心にいつもある。何曲かで弾いたピアノの上のキーボードでビャービャーと響かせたオルガンにはなんだかサン・ラとか思い出してニヤニヤ。
「曲を決めてないんで・・・」と笑いながらメンバーのオリジナルを中心にジャコパスやビリー・ストレイホーンの曲なんかも披露されました。
峰厚介、林栄一はじめもう百戦錬磨のプレイヤーばっかりですから、それぞれ個性際立つソロも聴きごたえたっぷり。外山 明の後ろから煽りまくるドラムもすごいグルーヴで、ひさしぶりにジャズを聴いてるなぁと嬉しくなりました。堪能しましたね。

でも日本のジャズの場合、CD一枚買うのとそう変わらない値段で生演奏が気軽に聴けるとなるとCDは買わなくてもいいかなぁなんて思っちゃうのも事実なんですよね。

セカンド・セットは一曲演奏されたあとに呼び込まれたのが、昨夜のゲスト吉田美奈子でした。
最初に歌われた「30秒の奇跡」のイントロのハミングを聴いただけで、かなりマイクから離れているのに、すごい声量だなぁとのけぞる。
どの曲でもとにかく声ヂカラがすごくて、彼女が今円熟の極みにあることがよくわかりました。
「渋谷毅オーケストラをバックにオリジナルを歌える幸せ」と彼女自身言ってましたが、普段こういう編成で歌うことはまずないだろうから、貴重なものを聴いてるなぁと思いました。アルバム収録時とはかなりアレンジも違うのでしょう。
僕は彼女の曲に詳しくないので曲紹介はあったけど、覚えてる限りでは「エンカウンター」熊本地震で被災された方々に捧げられた「星の海」、他にもう2曲くらい。本編最後にはBBキングのカバー「Everyday I HaveThe Blues」を賑やかに演奏してくれた。
アンコールはピアノだけをバックに「ダニー・ボーイ」をまるでゴスペルのように。

たった4千円でこんなすばらしいもの聴いちゃって得したなぁと思いながら家路に着いたGW初日の夜でした。
nice!(0)  コメント(0) 

殿下・プレイズ・サマータイム [ひとりごと]

Youtubeで自分の映像を無断で公開されるのを嫌がって削除しまくっていたのは僕の知る限りではヴァン・モリソンとプリンスの二人だけでした。
ヴァンは最近はもう諦めたみたいで70年代の貴重な映像もたくさん見れるようになりましたけど、プリンスはずっと片っ端から削除しまくってましたね。

若い友人に「プリンスが死んじゃったよ!」と言ったら「80年代に人気があった・・・」なんて返されてしまって、それにもがっくりしてしまったんですが、2000年代以降のプリンスはレコード会社とは距離を置くようになってしまいましたから、新作をリリースしても大きく宣伝されるわけでもなく、一般的には10代20代どころか30代の人にとってもプリンスというのはとりたてて音楽ファンじゃなければ印象は薄いのかもしれない。

Youtubeというのは無断でアップされている映像がほとんどですから法的には問題があるのかもしれないですけど、そこで初めてプリンスの音楽を聴いてファンになるとか、そういうこともあったはずなのに、そういう機会を自分でなくしてしまってたんだもんなぁ。というか大衆音楽というのは共有財産というか、コモンストックという言葉がありますけど、この話をすると長くなりそうなんでやめとこう。

皮肉にも彼の逝去によってYoutubeで最近、たくさん見れるようになりました。亡くなったこともありファンがたくさんアップしてくれてるみたいです。オフィシャルでも80年代のPVが見れるようになったし。
僕は結局一度も彼のライブを見ることができなかったので、80-90年代のライブ映像を見て身悶えしてるんですが。
おそらく僕だけじゃなく世界中でYoutubeでプリンスの映像を見まくっている人がいっぱいるでしょう。

今日はちょっと珍しい映像をみつけたのでそれを。
90年の日本での映像。甲子園でのライブのサウンドチェック時に「サマータイム」を演奏してるんですが、上手いですよねぇ。プリンスのようにギターもベースもピアノもドラムだって名人級に上手い音楽家というのは他にいないんじゃないでしょうか。
お遊びにすぎませんけど1:30あたりの指さばきとかね。

nice!(0)  コメント(6) 

Apple Music Playlist 2016.04.28 [Astral's AM Playlist]

XEL.jpg
Wally Ballago Seck : XEL
アップル・ミュージックでは聴いてるアルバムの横におすすめが出てくるんですけど、それでみつけた若手のンバラ。1時間38分もあってCDだと2枚組です。若手らしく歌は完全にR&Bマナー。歌い込む感じのシンガーじゃないけど、適度に渋みのあるいい声してますね。激しく打ち鳴らされる太鼓類をバックに悠々と歌い綴っていく。歌だけで聴き手をねじ伏せるような人でないから曲のバラエティで勝負。ちょっと物足りないかな?と思わせたところで10分に及ぶ怒涛のンバラ・メドレー。やるな兄ちゃん!今が上り調子と感じさせる充実作だと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

80年代12インチ文化について [ひとりごと]

80年代って12インチ・レコードってのがよくリリースされてましたよね。
シングル・カットされた曲のロング・ヴァージョンとかリミックスとか。
90年代以降も現在でもリミックスというのはまぁありますけど、80年代はすごく盛んだった印象があります。あのスプリングスティーンだって12インチとかけっこうありましたから。

僕はそういうのをよく聴いた覚えはないんですけど、最近すごく気になってきたんですよ。
いくつか理由はあるんですが、それはまたの機会に。

そんなこんなでプリンスの12インチも聴いてみたいなぁと思ってたところの訃報で。
プリンスの12インチ・ヴァージョンを集めたベストってのも出てるみたいなんですけど、僕が聴きたいなぁと思ってたのは彼の曲の中でも特に好きな「Housequake」の12インチ・ヴァージョンでそれは先のベストにははいってないんですよね。ネット検索したら見つかりました。

インスト主体ですが、かっこいいよね!
このジャジーなギターはやっぱりプリンスが弾いてるのかな?

nice!(0)  コメント(6) 

Today's choice 2016-04-26 [Today's choice]

PRINCEBLACK.jpg

プリンスの訃報は自分でもびっくりするくらいがっくりきましたね。
僕は彼の熱心なファンとは言い難いんですが。
でも、プリンスのような大衆音楽における天才というかポップスターにはもう二度と出会えないんじゃないかなと思います。

今日は「ブラック・アルバム」を聴いてます。
これの頃はほんとすごかったよね。
nice!(0)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2016.04.25 [Astral's AM Playlist]

molokai.jpg
Papa Wemba : molokai
パパ・ウェンバまで亡くなってしまいました。とはいえ僕は彼の音楽にはそれほど親しく付き合ってはきませんでした。持ってるのも88年のインターナショナル・デビュー盤だけだし。それが見つからないので、これを聴いてます。まろやかなルンバ・コンゴレーズにのるウェンバのハイトーン・ヴォーカルが旨い。

R.I.P. Papa Wemba, 1949-2016
nice!(0)  コメント(0) 

千年医師物語 ペルシアの彼方へ [映画]

sennen.jpg

11世紀、医師になる為に英国から異国ペルシアへ旅立った若者が哲学、天文学、数学、錬金術に精通した賢人イブン・シーナに弟子入りし…。知的好奇心を刺激する医学をモチーフにした壮大なスケールの冒険物語。

フィリップ・シュテルツェル監督:千年医師物語 ペルシアの彼方へ
医学をモチーフにした壮大な歴史絵巻。ハリウッド製じゃないからかあまり宣伝もなく話題にもなっていないけど、エンターテイメントとしては一級品。ハラハラドキドキ2時間半と長い作品だけど楽しめます。おすすめ。
nice!(0)  コメント(0) 

ライアン・マッギンレー BODY LOUD !@東京オペラシティ アートギャラリー [イベント]

bodyloud.jpg

オペラシティで先週から開催されている「ライアン・マッギンレー BODY LOUD !」へ行ってきた。現在のアメリカを代表する写真家です。
現実のドキュメントではない彼の写真は、人生を肯定する喜びに溢れている。そしてとてもコンテンポラリー。色彩感豊かなその写真は見ているだけで幸せな気分になる。

IMG_1072.JPG

IMG_1079.JPG

壁面を埋め尽くす作品「YEARBOK」は壮観でした。
GWを都心で過ごす方はぜひどうぞ。
IMG_1082.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

クリスタル・ボールについて [ひとりごと]

IMG_1071.JPG

プリンスの最高傑作となるとやはり「パレード」や「サイン・オブ・ザ・タイムス」あたりが最右翼ということになるだろうか。もちろん僕もそれに異論はない。でも好きなアルバムとなると「ラヴセクシー」の方が好きかな。ポップだし。いや「クリスタル・ボール」かな。3枚組+1の未発表曲集だからちょっと反則かもしれないけど。

昨日電車の中でブログにプリンスの記事でも書こうかと思いながら、書き出しはこんなふうにしようかと考えていた。それが何かの知らせだったのかわからないけど、今朝起きたら彼の訃報が目に飛び込んできた。

あのプリンスが死んだなんて未だに信じられない。あまりに突然過ぎて悲しいという気持ちも湧いてこない。だから何て言葉を綴ればいいのかわからない。

今夜は「クリスタル・ボール」を聴こう。冒頭のタイトル曲。天才がその才能を激しくスパークさせた瞬間が刻まれている。こんな気分でこの曲を聴く日が来るなんて思いもしなかった。

R.I.P. Prince Rogers Nelson, 1958-2016
nice!(0)  コメント(0) 

Apple Music Playlist 2016.04.21 [Astral's AM Playlist]

santanaiv.jpg
SANTANA : Santana IV
これも涙を飲んでキャンセル。でも素晴らしいですよ。っていうか76分もあっててんこ盛りだなぁ。おやじいや爺さんたち元気だな。ラテンもアフロも泣きのバラードも全部有り。濃厚ラテン歌謡もたっぷりあるし、お腹いっぱい楽しめる。これも文句なし。
nice!(0)  コメント(4)